テーマ:イラン

トランプ大統領は外交が下手

イランがイギリスに報復すれば、イランが不利な立場になる。イギリスは経済制裁を根拠に拿捕。イランは単なる報復だから国際社会から批判される。 イラン、解放なければ英タンカー拿捕すべき=革命防衛隊 https://jp.reuters.com/article/mideast-iran-tanker-commander-idJPKCN1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

戦争と空爆は別物

■双方が戦争を否定  アメリカとイランは対立しても戦争を否定している。双方が相手国を批判しても戦争を否定。これは嘘ではなく真実。だからアメリカとイランは戦争を否定する。 トランプ氏、イランと戦争でも「長引くことはない」 地上軍派遣は否定 https://www.afpbb.com/articles/-/3232319 ■…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トランプ流究極のハンバーガー

■イランを脅す  トランプ大統領はイランを脅している。アメリカはイランを先制攻撃できる条件を持っているが先制攻撃しない。そんな時にアメリカ軍・民間企業が攻撃を受ける情報を察知したので、イランに対して脅すことで対応している。   トランプ氏、攻撃されたらイラン「壊滅」と警告 https://www.cnn.co.jp/usa/35…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

次はイラク・ペルシャ湾だ

次はイラク・ペルシャ湾だ サウジ空港攻撃、1人死亡 イエメンの親イラン組織 https://www.sankei.com/world/news/190624/wor1906240003-n1.html 兵站の準備には時間が必用。これは周期性が有ることを意味している。今度はイラク・ペルシャ湾の範囲でアメリカ軍基地かアメリカ企…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

究極のチャーハンと究極のハンバーガー

金正恩氏が”究極のチャーハン”ならば、トランプ大統領は”究極のハンバーガー”だ。 トランプ大統領:「私は究極のハンバーガーを作ることを決定した」 トランプ大統領:「究極のハンバーガーを食べる予約をすべきだ」 トランプ大統領:「このハンバーガーは世界を驚かせることになるだろう」 トランプ大統領:「私は究極のハンバーガーのために…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イランは先制攻撃を正当化できる

■予告  トランプ大統領はイランに経済制裁を6月24日に実行すると予告。これには武力行使も含まれているらしい。これまでイラン攻撃を準備したが土壇場でイラン攻撃を中止した。それでも武力行使を臭わせても無駄なのだ。 米大統領、対イラン制裁「24日発動」=武力行使、排除せず https://www.msn.com/ja-jp/new…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アメリカを恐れないイラク

■イラクの強気  イラク戦争でイラクは敗戦。イラクは屈辱に耐えていたが、今度は風向きが変わった。イラクのビジネスはアメリカと対応にまで回復。 米エクソンのイラク油田交渉が膠着、イラン情勢も影響 https://jp.reuters.com/article/usa-iran-iraq-oil-idJPKCN1TM2RO ■…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アメリカを衰退させるトランプ大統領

■革命防衛隊が撃墜  イランの革命防衛隊がアメリカ軍の無人偵察機グローバルホークを撃墜した。革命防衛隊はグローバルホークの撃墜を宣言したが、トランプ大統領は革命防衛隊による誤射だと公言。これでトランプ大統領は、世界にアメリカの衰退を宣伝したことになる。 ■誤射ではない  トランプ大統領は革命防衛隊による誤射だと公言した。だが革…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イランの宣戦布告の可能性

あれ?これはイランからアメリカへの宣戦布告になるが・・・。 「軍事行動を起こせば代償」、イランが米に警告=通信社 https://jp.reuters.com/article/mideast-iran-usa-swiss-idJPKCN1TM19P トランプ大統領が攻撃を中止したことで奇襲性を失った。イランは臨戦態勢だから…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イランは強気だ

■宣伝するイラン  イランの革命防衛隊はアメリカ軍の無人偵察機グローバルホークを撃墜した。だがトランプ大統領は革命防衛隊による誤射だと公言。イランは意図的に撃墜したことを国営テレビで報道している。つまりイランはトランプ大統領を恐れていない。 米軍ドローン「撃墜」の瞬間、イラン国営テレビ https://headlines.ya…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トランプ大統領はアメリカ第一主義ではない孤立主義だ

■攻撃を受けるアメリカ  イラクでアメリカ軍が駐留する基地がロケット弾攻撃を受けた。さらにアメリカ企業の石油施設がロケット弾攻撃を受けた。損害は軽微だがトランプ大統領は反応しない。さらにアメリカ空軍の無人偵察機グローバルホークが革命防衛隊により撃墜された。  トランプ大統領はイランを批判したが、革命防衛隊による誤射だと発言。これ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

周到な準備とは何だ?

■トランプ大統領の宣伝  トランプ大統領はイランに対して周到な準備をしていると公言。トランプ大統領は北朝鮮さえ攻撃しなかった。イランに対しても同じで、準備しているとしても決断しなければ無価値になる。 米、イランに対し「周到な準備」=トランプ大統領 https://jp.reuters.com/article/us-iran-t…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トランプ大統領は世界の指導者ではない

■タンカー攻撃は軽微  アメリカは、タンカー攻撃はイランの仕業だと主張してきた。証拠が有ると連呼しておきながら、今になって問題視しない方針。 タンカー攻撃は「非常に軽微」トランプ氏見解 https://www.afpbb.com/articles/-/3230779?cx_part=top_latest ■トランプ大統領…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アメリカが主張するリムペットマインへの雑感

リムペットマインは磁石で船体に付ける。運用から見れば水面下であり、外部から見えない位置に付ける。損害を与えるなら船底が最適。見える場所に付ければ破壊工作だと宣伝するようなもの。 リムペットマインは特殊工作員用の兵器だから、意図的に見える位置には付けない。今回のタンカーには水面よりも上になる。 いつ・どこでリムペットマインを付…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トランプ大統領に必用なのは決断

トランプ大統領は6月14日にテレビでイランを批判した。日本時間で6月17日になっても変化が無いことは、トランプ大統領は決断できないことを意味しています。 軍事投入しないアメリカは強国でもないし怖くもない。中国とロシアは強気外交でトランプ大統領に攻勢を仕掛けるだろう。次いで北朝鮮も強気外交をすると思われる。 必用なのは決断。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トランプ大統領はイラン空爆を決断するのか?

■トランプ大統領の発言  トランプ大統領はタンカー攻撃でイランを批判した。私見では歴代大統領としては反応が遅いと感じます。だがトランプ大統領が決断することとは別の話。トランプ大統領はイランに動きがあるから空母打撃群をイランに派遣した。だが攻撃をしないから今回のタンカー攻撃が発生したとも言える。 米大統領、タンカー攻撃巡りイランを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

主導権を考えろ

■ホルムズ海峡付近  ホルムズ海峡付近でタンカー二隻が攻撃された。攻撃されたのは事実だが、誰が攻撃したのかは不明。だがトランプ大統領は公に発言しないままだ。これはトランプ大統領が主導権を捨てていることを意味する。 ■主導権を考えろ  誰がタンカーを攻撃したかは謎。考えても価値は無い。価値が有るのは、「日本として何をすべきか?」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トランプ大統領は憲法9条論者と同じ

■発言しないトランプ大統領  オマーン湾付近でタンカー2隻が攻撃を受けた。これでイランとアメリカの対立関係は継続し、中東情勢は悪化する方向が確定した。もはや関係改善は有り得ない。今後は遅かれ早かれイラン空爆が実行されることだけが確定している。  状況が悪化する原因は強国アメリカの大統領が決断しないから。トランプ大統領は12時間経…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トランプ大統領は決断できない

トランプ大統領の発言が無い。これは明らかだ。トランプ大統領決断できない人物だ。 だからイランを先制攻撃できる条件を持ちながら直前で攻撃を中止。私の分析は指導者が決断する資料が大半。これで分析していた。 トランプ大統領は典型的に指導者が決断できないタイプ。私が知る資料では、指導者が決断できないタイプは1例しかない。それは戦前の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安倍首相は貧乏くじ

今イランでは安倍首相とイラン大統領と会談中。このタイミングでフーシ派が動いたのか。 サウジ空港を攻撃、26人負傷 イエメンの親イラン組織 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190612-00000167-kyodonews-int フーシ派はイランの革命防衛隊が支援しているとされる。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私の分析ミス

■動かないトランプ大統領  私はトランプ大統領がイラン空爆を実行すると推測しました。革命防衛隊をテロ組織に認定。これは先制攻撃を正当化する策。国際社会の抜け穴を複数使いイランに空母打撃群を派遣。これは空爆すると判断しました。  さらにイランは中国の一帯一路の中継地点。イランを空爆するだけで中国の一帯一路を遮断できる。こんな好条件…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トランプ大統領は決断できないだけ

■派遣命令の意味  アメリカ軍は空母エイブラハム・リンカーンがイラン付近に展開した理由を発表。イランが先制攻撃する兆候を掴んだから展開した。軍隊の移動には意味が有る。明確な意味が有りながらイランを攻撃しない。これはトランプ大統領が直前で決断出来ないことを意味している。 イランが米軍攻撃を計画と分析 https://this.k…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イランもトランプ大統領が攻撃しないと判断した

■イランの反応  イランはアメリカから経済制裁を受けている。これで石油輸出は困難なのは事実。だが海上封鎖しても陸路の密貿易は可能。これはフセイン大統領時代のイラクでも証明された。  イランは公に密貿易していることを明らかにした。イランが公にする理由は、「トランプ大統領はイランを攻撃しない」と判断したからだ。 イラン石油相、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トランプ大統領の侮辱術と方針変更

■見た目は穏健派  トランプ大統領はフランス北部からイランへ向けて発言した。トランプ大統領はイランとの交渉を求めているのは事実だが、見た目は良いだけでイランを怒らせる発言をしている。トランプ大統領は意図的にイランを怒らせているとしか思えない。 トランプ氏、イランが対話望むなら「結構なこと」 https://www.afpbb.…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イランとアメリカは戦闘態勢

■見せかけの扉  アメリカはイランに対して「前提条件無しの対話」を行うと公言。見た目は美しい言葉だ。言葉を聞けばアメリカが譲歩した様に見える。アメリカが穏健路線を撰んだ様に見える。だがアメリカはイランへの経済制裁を解いていない。 米国務長官、イランと「前提条件なし」に対話の用意 https://jp.reuters.com/a…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イランのニュースが消えた

おかしい。 イランのニュースが消え、代わりにアジアのニュースが増加。 米中貿易戦争で中国の存在が大きいのは理解できるが、イランには空母打撃群が向かっている。イラン攻撃の可能性が高いのに無視とは有り得ない。 意図的にイランから中国に視線を移しているのかも。 アメリカはイランがサウジアラビアのタンカー攻撃の黒幕だと断…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国の報復と米中貿易戦争

■双方は譲歩せず  米中貿易戦争は双方が譲歩しない。報復合戦になっており、既に見境なしの報復に到達した。中国は信用できない外国企業リストを作成。これは報復としての効果は無いが、国内向けの政治的宣伝。ここまで米中貿易戦争は引き返すことはできなくなった。 中国、「信頼できない」外国企業・個人のブラックリスト公開へ https://…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イランは嵐の前の静けさ

■激しくなる舌戦  イランとアメリカの舌戦は激しくなっている。お互いに譲歩しないから悪化するだけ。しかも間接的な最後通牒を突き付ける状況になり、間接的な宣戦布告まで終わらせた。つまりイランとアメリカは嵐の前の静けさ。 ■空母打撃群の位置  アメリカは空母打撃群が地中海に居る時は公開した。そしてイランに派遣され、スエズ運河を通過…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イラン空爆後は北朝鮮を空爆する

米中の政治・経済・軍事の舌戦が揃った。明らかにアメリカは中国を怒らせている。 北を牽制「脅威を打ち砕く用意」米長官代行 https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20190601-00000178-nnn-int 国際社会では軍隊を用いて開戦した国が悪の国にされる。何故…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more