テーマ:アメリカ

武漢ウイルス・パンデミックを悪用する反米国家

私のコラムがView Pointに掲載されました。 コラム:武漢ウイルス・パンデミックを悪用する反米国家 https://vpoint.jp/column/157971.html 武漢ウイルス(COVID-19)パンデミックを盾に、反米国家が活発化。これはアメリカへの間接的な戦争。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米中報道戦争は報復戦争の予兆かも

米中冷戦は米中報道戦争になった。武漢ウイルス(COVID-19)が終息するのは中国が先。世界はこれから感染拡大。ならば中国共産党は、混乱しているアメリカを先制攻撃する可能性を想定すべきだ。何故なら、「アメリカ軍が中国に持ち込んだ」発現は、国内向けの嘘。報復戦争の口実にできる。 https://www.epochtimes.jp/p…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パンデミックでも覇権争いは止まらない

イランは、「アメリカ軍は武漢ウイルス(COVID-19)を恐れてイランを空爆しない」と判断。だから反米組織を使い間接的な戦争を強化。仮にアメリカ軍がイランを空爆してもイランは安心。何故なら、感染の恐れがある陸戦は実行しない。だからイランは安心なのだ。 https://www.cnn.co.jp/world/35150878.htm…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アメリカも新型肺炎(COVID-19)の感染拡大

新型肺炎(COVID-19)感染者5人が州外に移動した?ならば感染拡大の原因。だが潜伏期間が長いから、アメリカ全土で感染拡大が始まっているはず。州兵の動員も難しいだろう。何故なら、州兵も感染している可能性が有る。 https://twitter.com/ReutersJapan/status/1233147142556049409…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アメリカも新型肺炎(COVID-19)の感染拡大

新型肺炎(COVID-19)感染者5人が州外に移動した?ならば感染拡大の原因。だが潜伏期間が長いから、アメリカ全土で感染拡大が始まっているはず。州兵の動員も難しいだろう。何故なら、州兵も感染している可能性が有る。 https://twitter.com/ReutersJapan/status/1233147142556049409…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

習近平は米中通商不平等条約を受諾

米中貿易戦争の休戦か中国の敗北だ。ファーウェイに対する制裁も終わっていない。アメリカの勝利ではないか。 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO54444220W0A110C2000000/ 習近平は米中通商不平等条約を受諾。中国企業への制裁が継続しアメリカ製品の輸入5割増し。こんな不平等を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アメリカの今後の方針と対中国包囲網

私のコラムがView Pointに掲載されました。 アメリカの今後の方針と対中国包囲網 https://vpoint.jp/column/151045.html アメリカは台湾の東側に基地を置く。これは台湾と日本を戦場に設定した証。同時に台湾と日本を信用した証。だが韓国は信用されていない。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

習近平の悩みは終わらない

私のコラムが大紀元のFBでシェアされました。 習近平の悩みは終わらない https://www.facebook.com/epochtimes.jp/posts/2859921777418082 イランとアメリカの対立は回避。だがイランはウクライナ便を撃墜。これで新たな悩みが習近平を苦しめる。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アメリカとイランの対立そして予測と反省

イランはアメリカに対して報復を実行。しかしアメリカ側に人的被害が無いから反撃しなかった。イランも沈静化を選んだ様だ。 これは予想外。 イギリスは大使館員を最小にして避難させた。人員が戻れば沈静化した証になる。何故なら各国も諜報機関を用いて調べている。危険と判断して避難。安全なら戻る。 イランの弾道ミサイルは北朝鮮の技術…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イランの報復攻撃開始と失敗の予感

私のツイッターでの予測。 https://twitter.com/box217/status/1214496879230144512 「私はイランの報復攻撃は現地時間の1月7日以後と予測した。早ければ明日から開始だろう。」 この予測は正しかった。だがイランの攻撃範囲と規模は予想以下。予想ではトルコ・イラク・シリア・サウ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米イラン対立、今度は間違えるな日本の政治家

私のコラムがView Pointに掲載されました。 アメリカとイランの対立は回避不可能。戦前の日本は集団的自衛権の意味を知らず単独行動を選んで白人世界を怒らせた。今度は間違えてはならない。国際社会のマナーを理解して参加すべきだ。 米イラン対立、今度は間違えるな日本の政治家 https://vpoint.jp/column/…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

迷走する中国共産党の外交と軍事

私のコラムが大紀元のFBにシェアされました。 習近平は経済でアメリカに報復できない。残るは政治と軍事で報復。だが習近平には明確な戦略が無く状況戦術に陥っている。そのため自分の首を絞めることをしているのだ。 迷走する中国共産党の外交と軍事 https://www.facebook.com/epochtimes.jp/post…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

習近平は国防権限法で苦々しい思いをする

私のコラムがView Pointで掲載されました。 アメリカの国防権限法は中国への内政干渉が含まれている。悪く言えば現代のハル・ノートに近い。アメリカは習近平の面子を潰しているのだ。 コラム:習近平は国防権限法で苦々しい思いをする https://vpoint.jp/column/149794.html
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国を追い詰めるアメリカと中国の悩み

私のコラムが大紀元のFBにシェアされました。 中国の接近阻止戦略はアメリカに破砕されました。ですが新たな戦略を定めていません。このままだと中国は必ず敗北することを意味しています。 コラム:中国を追い詰めるアメリカと中国の悩み https://www.facebook.com/epochtimes.jp/posts/2798…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北朝鮮の瀬戸際外交は子供の火遊び

私のコラムがView Pointで掲載されました。 北朝鮮の瀬戸際外交は中国共産党を困らせる子供の火遊び。アメリカに都合が良い条件を生み出しています。北朝鮮の暴走は間接的に香港デモを支援するので大歓迎。 タイトル:北朝鮮の瀬戸際外交は子供の火遊び https://vpoint.jp/world/korea/148991.h…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北朝鮮の悪手に感謝

北朝鮮、米国への「クリスマスプレゼント」を予告 https://www.cnn.co.jp/world/35146380.html?ref=rss 北朝鮮、米に「相応」の武力を行使と警告 トランプ氏発言に反発 https://www.afpbb.com/articles/-/3258121 北朝鮮 はアメリカを威嚇。アメ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

四面楚歌の習近平主席が選ぶ策

私のコラムが大紀元のFBにシェアされました。 コラム:四面楚歌の習近平主席が選ぶ策 https://www.facebook.com/epochtimes.jp/posts/2768672473209680 習近平主席はアメリカの香港人権法と国内問題で四面楚歌。米中貿易戦争は終わりが見えない。さらにウイグル問題で、アメリカ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国のアメリカへの挑戦が香港人権法案に至っている

私のコラムが大紀元のフェイスブックにシェアされました。 中国共産党はアメリカを敵視。中国共産党がアメリカに挑戦したことが今の米中対立の原因。 コラム:中国のアメリカへの挑戦が香港人権法案に至っている https://www.facebook.com/epochtimes.jp/posts/2751943721549222 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米中の間接的な戦争と香港

アメリカの香港人権法案は建前。本音は中国叩き。アメリカは人権を正義の道具にして中国と間接的な戦争をしている。戦争は軍隊同士が戦闘する直接的な戦争だけではない。 アメリカは中国を怒らせることが目的。開戦は今の平和を否定するから先に開戦した国が悪の国になる。これが国際社会の基準。戦前のアメリカは日本を怒らせて開戦させた。今は中国が標的…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トルコ軍のシリア侵攻とトランプ大統領の裏切り

表向きはトルコに経済制裁するとしても、トランプ大統領はトルコのシリア侵攻を黙認。同時にシリアのクルド人武装勢力はトランプ大統領に見捨てられた。これは恨みを残すだけではなく今後の外交で苦しくなる。クルド人武装勢力はシリアのアサド政権と接近するから、クルド人武装勢力はシリア・ロシアの覇権下に入るだろう。 さらにイスラム国は脱出に成功す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アメリカの対中国姿勢は本気モード

アメリカは人権問題で中国と対決姿勢。#ウイグル 人・ #カザフ 人などのイスラム教徒を保護する動きに出ている。日本の政治家も賛同すべきだ。 米、中国当局者のビザ制限 https://this.kiji.is/554430407256491105 #中国 の宗教弾圧・人権問題は弱点。アメリカは米中貿易戦争で攻撃材料にした。米…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウイグル人権問題で中国を追い詰めるアメリカ

表向きはウイグル人弾圧への制裁。裏は米中貿易戦争の制裁。米中貿易戦争で制裁を中止しても人権問題では容易には中止しない。表裏一体の制裁と言える。 米政府、中国政府機関に禁輸措置 ウイグル人弾圧に関与と https://this.kiji.is/554191789792199777 アメリカはチベット・香港デモで同じ制裁を行え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北朝鮮の瀬戸際外交が失敗すると乞食外交

私のコラムが掲載されました。 北朝鮮の瀬戸際外交が失敗すると乞食外交 https://vpoint.jp/world/korea/145310.html 私のnote・フェイスブック・ツイッター note :https://note.mu/war2600 フェイスブック:https:/…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トルコとアメリカの対立

国際社会では正規軍を隣国に侵攻させたら戦争開始。国際社会では正規軍を用いた開戦は今の平和を否定する行為。この場合は悪の国に認定される。これは戦前の日本が典型例。 だが国際社会には抜け穴が有る。対テロ・対ゲリラ戦で隣国に正規軍を侵攻させることは間接的な戦争。これは開戦に見なされない。何故ならテロ組織・ゲリラは国境を無視して移動する。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アメリカの狙いは中国の戦略潰し

■トランプ大統領による中国の宗教迫害批判  トランプ米大統領は9月23日、国連総会に合わせて米国主催の会合を開いた。トランプ大統領は中国国内の宗教迫害を終わらせるよう呼び掛け、ウイグル族の父親が中国で監禁されている女性を出席させた。 米大統領「宗教迫害に終止符を」、中国は米を非難 https://www.epochtimes.…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アメリカの狙い

国連の上役に中国共産党員がいれば?#チベット ・ #ウイグル の人権弾圧を消すことが可能。これで #国連 は中国を守る壁になる。同時に国連と中国を切り離せば中国を守る壁が無くなる。アメリカはこれを狙っている。 https://twitter.com/epochtimes_jp/status/1176857556049772546 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more