テーマ:アメリカ

在韓米軍撤退の布石

■台湾への輸出  アメリカは台湾にF16戦闘機を輸出する。台湾が国防を行うには戦闘機隊が第一。空軍力で台湾付近の制空権を獲得することで、中国の海洋進出を阻止できる。アメリカはようやく台湾軍の戦力拡大を選んだ。 米、台湾にF16戦闘機売却へ https://this.kiji.is/535157424911385697 ■…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トランプ大統領は韓国を捨てる

私のコラムが掲載されました。 コラム:トランプ大統領は韓国を捨てる https://vpoint.jp/world/usa/141989.html 私のnoteとフェイスブック note :https://note.mu/war2600 フェイスブック:https://www.facebo…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

接近阻止戦略と中距離弾道ミサイル

アメリカ軍は中距離弾道ミサイルをアジアに配備すると発言。この意味をマンガで解説しました。 マンガ:接近阻止戦略と中距離弾道ミサイル https://note.mu/war2600/n/nf6775c309cf2 私のnoteとフェイスブック note :https://note.mu/war26…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国の報復は有り得る

中国は報復か=米制裁関税拡大で https://www.jiji.com/jc/article?k=2019080200411&g=int トランプ大統領は大統領選挙まで結果を出すなら、今後6ヶ月は攻勢の連続が必要。中国の一帯一路潰しが目的なら、イランを空爆すれば解決する。 何故ならイランは一帯一路の腕間接に相当する。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロシアの覇権が拡大している

■ホルムズ海峡で軍事演習  ロシアとイランがホルムズ海峡付近で軍事演習を行うことが明らかになった。これはロシアの覇権が拡大したことを意味し、ホルムズ海峡のアメリカ優勢は崩れ始めている。 ロシアとイランが合同海上演習へ 米「有志連合」構想に対抗か https://www.sankei.com/world/news/190731/…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

面子を捨てた中国共産党

■発展途上国外し  トランプ大統領は豊かな国が発展途上国扱いなので不満。発展途上国は貿易で優遇される。トランプ大統領は優遇措置を悪用してアメリカから利益を奪っていると認識している。トランプ大統領はWTOで優遇措置を改めるようにすると同時に、アメリカ独自の行動を臭わせている。 トランプ大統領の不満は中国・韓国・メキシコなどに向けら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アメリカを脅す中国共産党の軍事演習

■7月28日から軍事演習  中国は7月28日から8月2日まで台湾周辺で軍事演習を行う。大雑把に言えば、台湾北部と台湾北西部の2箇所。これは中国大陸の2箇所から、台湾を包囲して侵攻するイメージになる。 中国、台湾周辺海域で軍事演習へ 米国への対抗措置か https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=201…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

事実ならば相手にされない発言

■トルコへの願望?  トルコはロシア製地対空ミサイルS400を購入した。トランプ大統領はトルコに対して経済制裁を示唆していた。トルコはロシア製地対空ミサイルの購入を強硬。これでトランプ大統領がトルコに経済制裁するかと思えば、今度は経済制裁回避を模索しているようだ、 米、トルコ制裁の回避を模索か https://this.kij…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イランがミサイル実験か

イランがミサイル実験か https://this.kiji.is/527330238394467425 シャハブ3:改良型の射程は2000km 報道が事実ならば、イスラエル全土を攻撃可能。 イランの中距離弾道ミサイル発射は7月24日。トランプ大統領が知らないわけがない。これでトランプ大統領は沈黙していたのか?事実…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トランプ大統領は見た目だけ

トランプ大統領は北朝鮮に抗議していない。最近のトランプ大統領は、中国とイランにも沈黙。中国はアメリカ海軍が台湾海峡を航行したのでアメリカに抗議した。これでトランプ大統領は沈黙するのか? イランも活発に動いている。それでもトランプ大統領は沈黙。これでイランは強気になれる。 トランプ大統領は北朝鮮すら攻撃できない臆病者だと認識さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トランプ大統領は北朝鮮に吠えるのか?

北朝鮮は射程距離690kmの短距離弾道ミサイルを発射した。 中距離核戦力全廃条約 https://ja.wikipedia.org/wiki/中距離核戦力全廃条約 トランプ大統領は条約が気に入らないと、ロシア・中国・イランに不満を爆発させた。ならば北朝鮮の短距離弾道ミサイルはどうなる? 射程距離500kmを超えたら中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

迷走する有志連合構想

■単独では動かない  紛争・戦争は単独で行わない。必ず複数の国を味方にしてから紛争を行うか戦争する。可能な限り複数の国で連合し、相手国を包囲する様にする。そして相手国が譲歩しないなら戦闘開始。 米、他国に「船舶護衛強制せず」 ホルムズ有志連合構想を説明 https://www.sankei.com/world/news/190…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イランの無人機を軽視できない

アメリカ海軍はホルムズ海峡でイランの無人機を撃墜した。イランの無人機を馬鹿に出来ない。公でもイランの無人機は、アメリカ軍の無人機を元に開発されている。 イランはアメリカ軍の無人機を撃墜するか鹵獲することで入手している。性能はアメリカ軍に劣るとしても、入手すればコピーする技術を持っている。 しかもオリヂナルが偵察型でも、イラン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イランの外交交渉

■イランの強気  イランはアメリカの経済制裁で包囲されている。紛争も戦争も単独では行わない。必ず友好国と連合して対処する。アメリカは複数の国でイランを包囲。イランの友好国は外部から支援。見た目のイランは孤立無援で包囲されているが、イランは孤独ではない。しかもイランは、交渉材料を作りアメリカに挑んでいる。 イラン外相、恒久的査察受…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米、兵員数百人のサウジ派遣を準備 イラン情勢緊張受け

米、兵員数百人のサウジ派遣を準備 イラン情勢緊張受け https://www.cnn.co.jp/usa/35140069.html 紛争も戦争も単独では行わない。必ず味方になる国を複数用意する。味方を複数用意してから紛争や戦争を行うのが基本。 だがトランプ大統領の様に土壇場で攻撃中止すると、全ての準備が無駄になる。アメリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米、トルコをF35計画から締め出し ロ製ミサイル購入受け

米、トルコをF35計画から締め出し ロ製ミサイル購入受け https://www.afpbb.com/articles/-/3235653 アメリカはF-35関連でトルコを排除。部品製造に関わるトルコ企業も排除された。これは経済制裁と言える。だがトランプ大統領は公の場でトルコ批判が無い。これまでの過激な発言を控えている。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

動かぬトランプ大統領

■世界の動き  トランプ大統領は強気の発言が目立った。北朝鮮に経済制裁、中国には追加関税、イランには経済制裁で挑んだ。これでトランプ大統領が主導権を持った。だが長期化すると主導権を相手国に渡すパターンになっている。  トランプ大統領イラン空爆を土壇場で攻撃中止。中国との米中貿易戦争も土壇場で休戦。世界はトランプ大統領への対応策に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アメリカは主役ではない

■変化  これまではイランとアメリカの対立だった。だがイランの交渉相手はアメリカからヨーロッパに変更されている。だからアメリカはイランとの交渉では脇役で、主役はイギリス・フランス・ドイツなのだ。 ■瀬戸際外交  イランは瀬戸際外交を採用しているのは事実。だがイランは途中から瀬戸際外交の相手を変更している。 瀬戸際外交:「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トランプ大統領、イラン制裁「間もなく大幅強化」

トランプ大統領、イラン制裁「間もなく大幅強化」 https://www.afpbb.com/articles/-/3234641?cx_part=top_topstory&cx_position=2 トランプ大統領は状況を悪化させる天才だ。しかも究極のハンバーガーを続けている。 コラム:トランプ流究極のハンバーガー ht…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

矛盾するアメリカ

■ホルムズ海峡を護る  アメリカはホルムズ海峡を護る目的で、アメリカ海軍主導の有志連合を計画。これはイランから民間船を有志連合で護るのだが、トランプ大統領の発言と矛盾している。 ■トランプ大統領の発言  トランプ大統領はアメリカ軍が外国の民間船を護ることを嫌い、各国が独自にタンカーを護れと発言している。 ■アメリカ海軍主…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トランプ大統領の誤魔化し

米、ヒズボラ幹部制裁 資産凍結、取引禁止 対イラン圧力強化 https://mainichi.jp/articles/20190710/k00/00m/030/007000c?fbclid=IwAR0cqqaYs-o8WpPzYm1pvHfToO8W6oqvUnb60pvcz8SosO0xD7aRsrHbwnY 駄目だこれは。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小さな戦争から大きな戦争へ拡大する

ペンス副大統領を代理にして威嚇させる玉無しなのか。本来ならばトランプ大統領が率先して発言すべきこと。トランプ大統領は組織の指導者は率先して方向性(政策)を示すことが使命。 米軍「準備できている」 ペンス米副大統領がイランに警告 https://www.sankei.com/world/news/190709/wor1907090…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アメリカの黄昏

トランプ大統領は決断できない。日本時間で明日の朝。7月8日の朝で動きが無ければ、トランプ大統領は決断できない証になる。 イランのウラン濃縮度、数時間内に上限超過へ https://www.afpbb.com/articles/-/3234060?cx_part=top_category&cx_position=2 そうなれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トランプ大統領は外交が下手

イランがイギリスに報復すれば、イランが不利な立場になる。イギリスは経済制裁を根拠に拿捕。イランは単なる報復だから国際社会から批判される。 イラン、解放なければ英タンカー拿捕すべき=革命防衛隊 https://jp.reuters.com/article/mideast-iran-tanker-commander-idJPKCN1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

次は香港が危ない

私の分析が正しかったようです。アメリカは中国への関税延期どころかファーウェイにアメリカ企業が分品を売ることまで認める模様。 コラム:習近平主席の反撃が始まる https://note.mu/war2600/n/n295b4690bd83?fbclid=IwAR3YXLadS9ZtShz_cTfuvDNnCye6KnbtCvEI…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

G20は習近平主席の勝利

■G20閉幕  中国の習近平主席は、G20前から米中貿易戦争・香港デモ・チベットとウイグルの人権問題など問題を抱えていた。そのため中国は日本に、G20で人権問題を議題にしないように要求した。  トランプ大統領はG20前から米中貿易戦争で習近平主席を追い詰めていた。だがトランプ大統領は土壇場になって決断しない。これで主導権が習近平…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トランプ大統領が求める強固な日米同盟

■日米安全保障条約  トランプ大統領は今の日米安全保障条約がアメリカに不利だと文句を言う。だから日本に改善を求めている。だが日米安全保障条約の中身はアメリカが有利で日本が不利な内容。在日米軍はアメリカの国益が目的で駐留しており、在日米軍は日本の防衛目的で駐留していない。 ■トランプ大統領が理解できない世界  トランプ大統領は世…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

戦争と空爆は別物

■双方が戦争を否定  アメリカとイランは対立しても戦争を否定している。双方が相手国を批判しても戦争を否定。これは嘘ではなく真実。だからアメリカとイランは戦争を否定する。 トランプ氏、イランと戦争でも「長引くことはない」 地上軍派遣は否定 https://www.afpbb.com/articles/-/3232319 ■…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more