テーマ:シリア

北朝鮮とシリアを天秤かけるトランプ大統領

「北朝鮮とシリアを天秤かけるトランプ大統領」 トランプ大統領は北朝鮮には脅すだけで終わりましたが、シリア空爆には本気の様です。仮にトランプ大統領がシリア空爆を行えば、トランプ大統領はビジネス視点から北朝鮮には手が出せません。ですがシリア空爆が引き金になり、中東全域が戦場になっても良いのです。 地球の夜景画像を見れば、北朝鮮は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シリア内戦から国家間の戦争への回帰

「シリア内戦から国家間の戦争への回帰」 ■戦争の予兆 シリア4月9日、シリア空軍基地が正体不明の組織からミサイル攻撃を受けた。現段階では攻撃した国は名乗り出ていない。ロシア軍は即座に反応し、ミサイルがレバノン上空から発射されたと公表。ロシア軍は証拠となるデータを公表していないが、ロシア軍はイスラエル軍の関与を疑っている。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シリア撤退と在韓米軍撤退の違い

トランプ大統領がシリアから米軍を撤退させると発言したら、政権内部から説得が有りキャンセルになった。トランプ大統領は不満だが、イスラム国掃討は行うがシリア復興はしないと修正している。 トランプ大統領は在韓米軍撤退も発言しているが、これに関しては修正発言が無い。これを政権内部が説得したのか、それとも政権内部でも同意しているのか不明。今…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トルコとシリアの戦争の予兆3

トランプ氏、米軍「シリアから出る」 早期撤退に言及 https://www.msn.com/ja-jp/news/world/%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%97%E6%B0%8F%E3%80%81%E7%B1%B3%E8%BB%8D%E3%80%8C%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%82…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

予測通りにアサド政権軍・ロシア軍が東グータで勝利

アサド政権軍・ロシア軍は東グータを90%ほど制圧した模様。私は2月28日に下記を投稿しました。 +++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ 機械化されていない部隊:1日1人25㎏の物資が必要。 機械化されている部隊 :1日1人100㎏の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トルコとシリアの戦争の予兆2

東グータ地区は陥落寸前。アサド政権軍は東グータの80%を制圧した段階で、反体制派組織をイドリブ県に避難させることに合意しています。包囲殲滅できるのに、逃がす目的は? イドリブ県はトルコ国境に隣接しており、しかもトルコが対テロ戦を名目に越境攻撃をしているアフリンと隣接しています。 アサド政権軍・ロシア軍が東グータの反政…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シリア対トルコの戦争の予兆

国際社会では軍隊を用いて先に開戦した国が悪にされます。開戦は今の平和を否定する行為なので、開戦した国が悪になるのです。ですが国際社会には抜け穴が有り、対テロ・対ゲリラ戦の場合は、軍隊を隣国に進出させても国際社会は黙認します。何故なら、自国も対テロ・対ゲリラ戦で隣国まで進出させる可能性が有るからです。 東グータの反政府組織がイドリブ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東ダーク陥落寸前と攻勢準備

東グータ、負傷者の退避開始=反体制派とロシア合意―シリアhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180313-00000143-jij-m_est 東ダークで重傷者の避難が始まりました。現段階では女子供が最優先されており、アサド政権・ロシアは表向き人道的配慮で動いています。しかも国連が仲介している…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東グータ地区の今後

戦闘損失        第2次世界大戦      中東戦争 防御に失敗:2~95%(平均8%) :1~34%(平均5%) 攻撃に失敗:2~24%(平均4%) :3~13%(平均3%) International TNDM Newsletter,Dec 1997 +++++++++++++++++++++++++++++…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シリア内戦でアサド政権軍・ロシア軍が勝利する2

アサド政権が地上部隊投入 反体制派の本格制圧へ https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180301-00000090-mai-int 市街への攻撃側(市街の包囲が基本) 第1段階(1週間):二方向から市街に接近し敵と接触する。 ↓ 第2段階(2週間):市街地外苑に自軍の主力部隊を展開させ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

兵站から見たシリア内戦

機械化されていない部隊:1日1人25㎏の物資が必要。 機械化されている部隊 :1日1人100㎏の物資が必要。 一個師団(約2万人)の後方25kmに小規模兵站基地、後方50kmに中規模兵站基地、後方100km後方に大規模兵站基地を置く。 ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シリア内戦でアサド政権軍・ロシア軍が勝利する

決戦戦略 1:勝利の獲得が戦闘の目的 2:損害の多寡を顧みない 3:迅速な決着を追求する 持久戦略 1:不敗が戦闘の目的 2:戦力の温存を図る 3:出来る限り敵の行動を妨害し戦いを長引かせる シリア内戦はアサド政権軍・ロシア軍の決戦戦略と、反政権派の持久戦略が顕著になった。ではどちらが勝つのか? 「持久戦は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東グータの陥落はシリア内戦の終わりを意味する

停戦決議採択後も10回以上の空爆 シリア首都近郊 http://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000121634.html アサド政権・ロシア軍は、停戦決議後も砲爆撃を継続しています。これは本気で東グータを制圧させる意思が有ると見て良いでしょう。 家屋数50…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シリア内戦は代理戦争そして次の戦争の予兆

国連でシリア内戦を30日間停戦する決議が議論された。アメリカは即時停戦を主張し、ロシアは停戦引き延ばしを主張した。既にアメリカとロシアはシリア内戦と国連で間接的な戦争をしています。ロシアはシリア国内の反体制派を殲滅できるから停戦に反対します。アメリカとしては反体制派を支持するから、即時停戦が好ましい。 シリア内戦の反体制派の有力拠…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シリア内戦はトルコとシリアの戦争に発展する

義勇軍を派遣したり、相手国の反体制派を支援することは間接的な戦争です。これは敵意が有るから実行します。敵意は悪意だから、間接的な戦争を始めることは直接的な戦争を覚悟している証です。 間接的な戦争が国際社会で使われる理由は、相手国を怒らせて相手国から戦争を始めさせることができるからです。何故なら今の平和は強国に都合が良いルールだから…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アサド政権軍による反体制派一掃・東グータ地区

家屋数500~1000の場合 市街の防御側 1:1個ビルの守備兵力:10~20人が必要 2:兵力1万人で市街を保持できる。 市街への攻撃側(市街の包囲が基本) 第1段階(1週間):二方向から市街に接近し敵と接触する。 ↓ 第2段階(2週間):市街地外苑に自軍の主力部隊を展開させる。さらに兵站基地を設定する。   …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シリア内戦は終わり国家間の戦争に向かう

タイトル「シリア内戦は終わり国家間の戦争に向かう」 ■トルコのシリア介入 シリア内戦はアサド政権と反体制派の対立でした。これは見た目では独裁者に抵抗する内戦ですが、反体制派は複数存在しています。反体制派はトルコ系移民の反体制派やクルド系反体制派などが主流派で、他は思想・宗教からアサド政権に反発する組織です。 反体制派が民主…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シリア内戦は終わりに向かう

タイトル「シリア内戦は終わりに向かう」 ■混迷から抜け出すシリア内戦 シリア内戦は続いているが、内戦は混迷から抜け出す兆候が出ています。それはトルコの軍事介入にたいして、対立していたクルド族とアサド政権が明確に共同する様になったからです。 初期のシリア内戦では、クルド族とアサド政権は激しく対立しました。その後クルド族とアサ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more