テーマ:国際

香港デモ隊の空港占拠は悪手

日本時間23時30分頃、香港空港に香港警察が突入しデモ隊と衝突。日本のテレビでも香港警察が空港入り口にいる段階までは放送された。だが直後から放送されなくなった。どのチャンネルも放送しない。 香港空港で混乱続く 記者に暴行、警察は催涙スプレー使用 https://www.afpbb.com/articles/-/3239771?c…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トランプ大統領は韓国を捨てる

私のコラムが掲載されました。 コラム:トランプ大統領は韓国を捨てる https://vpoint.jp/world/usa/141989.html 私のnoteとフェイスブック note :https://note.mu/war2600 フェイスブック:https://www.facebo…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

無力化される中国の接近阻止戦略

マンガで中国の接近阻止戦略が無力化されることを説明しました。 マンガ:無力化される中国の接近阻止戦略 https://note.mu/war2600/n/nc965227968fb 私のnoteとフェイスブック note :https://note.mu/war2600 フェイスブック:htt…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

接近阻止戦略と中距離弾道ミサイル

アメリカ軍は中距離弾道ミサイルをアジアに配備すると発言。この意味をマンガで解説しました。 マンガ:接近阻止戦略と中距離弾道ミサイル https://note.mu/war2600/n/nf6775c309cf2 私のnoteとフェイスブック note :https://note.mu/war26…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

香港デモと米中対立

■中国の主張  中国は香港デモの背後にアメリカがいると主張した。アメリカが香港デモを使い、反政府活動をさせている。証拠は無いが、中国とアメリカの対立関係が存在しているのは事実。 米国務省、香港巡り中国を批判「暴力的な政権」 https://this.kiji.is/532317444048618593 ■接触は事実  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

我々は退所したウイグル人を確認できるのか?

■中国側の説明  中国はウイグル人を職業訓練所に集めて教育していると主張する。そして大半が退所して就職していると主張する。だが退所したウイグル人の存在が明らかにされていないし、さらに退所した者達との連絡は確認されていない。 ウイグル問題:「大半が職業訓練所を出て就職」中国当局が説明 https://newsphere.jp/n…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

香港デモを武力鎮圧する日

■長期化する香港デモ  2019年6月から始まった香港デモは終わりが見えない。しかもデモの規模は拡大し、8月になるとゼネラル・ストライキまで実行された。これは学生デモの領域ではなく、公務員まで参加する大規模な政治運動になっている。 ■武力鎮圧は可能  香港デモは一部が暴徒化。これで世界からの印象が悪くなり、トランプ大統領は暴徒…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゼネラル・ストライキと香港の信用

■ゼネラル・ストライキ  8月5日になると香港でゼネラル・ストライキが開始された。空港はゼネラル・ストライキに参加しており、地下鉄などの交通機関も一部参加している様だ。これで香港公務員も参加すれば、香港全体の機能が停滞することを意味する。 ■信用  経済に対する信用は何か?経済は安定しているから信用できる。交通機関が停止すると…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

香港デモの暴走

■デモから暴徒へ  香港デモが続いているが、ニュースの印象が暴徒になっている。トランプ大統領も暴徒と発言したので、世界規模で暴徒の印象が定着している。これは人民解放軍による武力鎮圧が可能な条件を持っている。 ■暴徒  政府に抗議する権利は有る。だから集団で抗議することはデモとして許される。だが破壊活動を行えば暴徒。これが国際社…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北方領土は話し合いでは解決しない

■話し合いを求めた結果  北方領土問題で丸山穂高議員は批判された。批判者は戦争ではなく話し合いで北方領土問題を解決すべきだと主張した。現実は丸山穂高議員の主張が正しいことを示している。批判者は国際社会の現実を知らないか、知っていてロシア有利になるようにしている。 択捉島訪問のロシア首相、「自国の領土」と強調 日本は抗議 htt…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国の報復は有り得る

中国は報復か=米制裁関税拡大で https://www.jiji.com/jc/article?k=2019080200411&g=int トランプ大統領は大統領選挙まで結果を出すなら、今後6ヶ月は攻勢の連続が必要。中国の一帯一路潰しが目的なら、イランを空爆すれば解決する。 何故ならイランは一帯一路の腕間接に相当する。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

香港の武力鎮圧が近いのか?

中国軍、香港「威嚇」の動画 デモ隊制圧をイメージか https://this.kiji.is/529395208682603617 世界は冷淡だ。これだけアピールしても批判していない。これは武力鎮圧が近いことを示唆している。私が鎮圧部隊を指揮する立場なら無力化ガスを使う。さらにドローンに無力化ガスを搭載させ、暴徒の集団の上に投下…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロシアの覇権が拡大している

■ホルムズ海峡で軍事演習  ロシアとイランがホルムズ海峡付近で軍事演習を行うことが明らかになった。これはロシアの覇権が拡大したことを意味し、ホルムズ海峡のアメリカ優勢は崩れ始めている。 ロシアとイランが合同海上演習へ 米「有志連合」構想に対抗か https://www.sankei.com/world/news/190731/…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

面子を捨てた中国共産党

■発展途上国外し  トランプ大統領は豊かな国が発展途上国扱いなので不満。発展途上国は貿易で優遇される。トランプ大統領は優遇措置を悪用してアメリカから利益を奪っていると認識している。トランプ大統領はWTOで優遇措置を改めるようにすると同時に、アメリカ独自の行動を臭わせている。 トランプ大統領の不満は中国・韓国・メキシコなどに向けら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アメリカを脅す中国共産党の軍事演習

■7月28日から軍事演習  中国は7月28日から8月2日まで台湾周辺で軍事演習を行う。大雑把に言えば、台湾北部と台湾北西部の2箇所。これは中国大陸の2箇所から、台湾を包囲して侵攻するイメージになる。 中国、台湾周辺海域で軍事演習へ 米国への対抗措置か https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=201…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イランは濃縮ウランを交渉材料にした

■イランからの条件  イランは低濃縮ウランの基準を破った。これは交渉材料にするか、核兵器を製造する高濃縮ウランへの道。イランは危機を煽ると同時に、濃縮ウランを交渉材料にした。交渉材料が無ければ作れば良い。イランは濃縮ウランを交渉材料に、ヨーロッパに対して譲歩を求めている。 核合意の「制限破り」撤回に条件 イラン、仏に書簡 ht…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北朝鮮は韓国の孤立を狙う

■北朝鮮の要求  北朝鮮は韓国に日韓軍事協定破棄を要求。日本と韓国は本来対立関係だから、軍事協定を維持することが難しい。だから北朝鮮の主張は正しいのだが、韓国としては容易には日韓軍事協定を破棄できない。 日韓軍事協定破棄を要求 北朝鮮、通商摩擦機に https://www.sankei.com/world/news/19072…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イランの中距離弾道ミサイルを考察

■イランの中距離弾道ミサイル発射  イランは7月24日に中距離弾道ミサイルを発射した。飛距離は約1000kmと報道されており、イランがイスラエルとサウジアラビアを意識した発射だと思われる。 ■発射方向  今回発射された中距離弾道ミサイルの発射方向に注目したい。今回の発射方向は、イラン南部の海岸付近から、北部の首都テヘランに向け…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

事実ならば相手にされない発言

■トルコへの願望?  トルコはロシア製地対空ミサイルS400を購入した。トランプ大統領はトルコに対して経済制裁を示唆していた。トルコはロシア製地対空ミサイルの購入を強硬。これでトランプ大統領がトルコに経済制裁するかと思えば、今度は経済制裁回避を模索しているようだ、 米、トルコ制裁の回避を模索か https://this.kij…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イランがミサイル実験か

イランがミサイル実験か https://this.kiji.is/527330238394467425 シャハブ3:改良型の射程は2000km 報道が事実ならば、イスラエル全土を攻撃可能。 イランの中距離弾道ミサイル発射は7月24日。トランプ大統領が知らないわけがない。これでトランプ大統領は沈黙していたのか?事実…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トランプ大統領は見た目だけ

トランプ大統領は北朝鮮に抗議していない。最近のトランプ大統領は、中国とイランにも沈黙。中国はアメリカ海軍が台湾海峡を航行したのでアメリカに抗議した。これでトランプ大統領は沈黙するのか? イランも活発に動いている。それでもトランプ大統領は沈黙。これでイランは強気になれる。 トランプ大統領は北朝鮮すら攻撃できない臆病者だと認識さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トランプ大統領は北朝鮮に吠えるのか?

北朝鮮は射程距離690kmの短距離弾道ミサイルを発射した。 中距離核戦力全廃条約 https://ja.wikipedia.org/wiki/中距離核戦力全廃条約 トランプ大統領は条約が気に入らないと、ロシア・中国・イランに不満を爆発させた。ならば北朝鮮の短距離弾道ミサイルはどうなる? 射程距離500kmを超えたら中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北朝鮮ミサイル2発目は「新型」、690キロ飛行 米韓当局が分析

北朝鮮ミサイル2発目は「新型」、690キロ飛行 米韓当局が分析 https://www.afpbb.com/articles/-/3236885?cx_part=top_topstory&cx_position=1 これが事実ならば、北朝鮮は国境付近から撃てば、日本の佐世保と岩国を攻撃可能。在日米軍も攻撃できる。安全保障から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国共産党はフェイクニュースを悪用するか?

■フェイクニュース  ネットで人民解放軍が香港に入ったとされる動画が流れた。だが香港からは肯定する報道が出ていない。動画からは日時が特定できないのでフェイクニュースと思われる。 <速報>7月24日 本日未明から午前にかけて、人民解放軍の装甲車及び兵員が、香港に入った模様です。また、中国国防省は、記事会見において、香…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国共産党の嘘と東トルキスタン

■嘘は大きく  情報戦では「真実半分で嘘半分」が一番騙しやすい。一番悪いのは大半が真実で一部の嘘。もしくは大半が嘘で一部が真実。これらは「千三つ」と呼ばれる。大半が真実で一部の嘘の場合は、相手を誘導する時には使える。だが一部の嘘だと見抜かれやすい欠点が有る。最悪の場合は、一部の嘘を見抜かれると、大半の真実も嘘だと思われる事が有る。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アメリカの没落とイギリスの復活

■イギリス主導  ホルムズ海峡の危機は静まるどころか悪化傾向。アメリカ主導の有志連合でホルムズ海峡防衛と同時に、イギリスは欧州独自のホルムズ海峡防衛を提唱した。 英外相、「欧州海上部隊」結成を提唱=ホルムズ海峡の安全確保 https://www.jiji.com/jc/article?k=2019072300232&g=int…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more