黙認される韓国の裏切り

タイトル:黙認される韓国の裏切り

■韓国の裏切り
アメリカは北朝鮮に対して経済制裁を行っている。だが韓国は北朝鮮に接近し物資を供給する裏切り行為を続けている。韓国は海上で北朝鮮と密貿易を行う瀬取りが囁かれているが、陸上では石油製品300トン以上を供給していることが明らかになった。安全保障理事会で韓国の裏切りが明らかにされたが、韓国が動揺する動きは無い。

■怒らないアメリカ
明らかに韓国の裏切り行為だがアメリカは反応していない。これまでのアメリカならば強烈な不満を表明する。もしくは裏切り行為を許さず報復する。だがトランプ大統領は沈黙。

トランプ大統領は在韓米軍撤退を望んでいるから、韓国の裏切り行為をネタに撤退を実行することも可能。それでもしないのは、別のことを計画している可能性が有る。

■予想される報復
アメリカは韓国の裏切り行為を黙認している様に見えるが、裏では文大統領を失脚させる工作を進めている可能性が有る。アメリカが直接報復すれば国際問題になり、中国・ロシアの介入が予想される。そうなれば北朝鮮が有利な条件で交渉しかねない。

だが韓国国内のスキャンダルで失脚すれば、文大統領は韓国国民の手で失脚する。これならアメリカは北朝鮮との交渉だけで終わる。実際に文大統領の娘一家が海外移住していることが明らかにされた。

■親米派を大統領に
今の文大統領では反日・反米が強くなった。ならば文大統領を失脚させ、反米派政治家・軍人を大量に追放することが好ましい。次に親米派大統領を就任させ、北朝鮮と対立させるはずだ。

■その後に撤退
親米派大統領が北朝鮮と対立すれば在韓米軍は不要。北朝鮮を睨む戦力は在韓米軍ではなく韓国軍に任せたい。それには親米派大統領は絶対条件になる。

だが在韓米軍が撤退すれば、アメリカの国防線は朝鮮半島から台湾・日本のラインに移動する。これはアメリカの国防線が移動するので、想定される戦場が朝鮮半島から台湾・日本のラインに移動する。日本としては在韓米軍撤退を避けたいが、日本は自衛隊増強で対応しなければならない。

"黙認される韓国の裏切り" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント