国際社会の姿

https://www.msn.com/ja-jp/news/world/%E3%80%90%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%82%A2%E6%94%BB%E6%92%83%E3%80%91%E3%82%A2%E3%82%B5%E3%83%89%E6%94%BF%E6%A8%A9%E3%81%AB%E3%82%88%E3%82%8B%E5%8C%96%E5%AD%A6%E5%85%B5%E5%99%A8%E4%BD%BF%E7%94%A8%E3%82%92%E9%98%B2%E3%81%90%E3%81%9F%E3%82%81%E3%80%8C%E5%BF%85%E8%A6%81%E3%81%8B%E3%81%A4%E9%81%A9%E5%BA%A6%E3%80%8D%E7%8B%AC%E3%83%A1%E3%83%AB%E3%82%B1%E3%83%AB%E9%A6%96%E7%9B%B8/ar-AAvSUMc

「国際社会の姿」

米英仏がシリア攻撃をする前のドイツは否定的。しかも攻撃に参加しないことを表明していました。ですが米英仏がシリアを攻撃すると、ドイツは米英仏の攻撃を支持。さらにEUとNATOもシリア攻撃を支持表明。

これが国際社会。国際社会は強国の論理で動くから、トランプ大統領は強国の大統領として行動すれば良いのです。トランプ大統領は決断が遅れましたが、決断後の世界はアメリカ支持に変わりました。

シリアが毒ガスを使ったかは不明。ですが米英仏がシリアを攻撃すると、不明でも攻撃を支持します。国際社会は強国の論理で動くから、毒ガスの真偽など付属品なのです。湾岸戦争とイラク戦争でも同じで、真偽不明でも勝てば官軍の世界です。イラクのフセイン大統領が大量破壊兵器を示唆したら、アメリカは大義名分を得て開戦しました。

イラク戦後に調べたら大量破壊兵器など無かった。それでも勝てば官軍の世界だから、アメリカは強国としての地位を維持しました。この様に、強国として決断するだけで世界は変わるのです。

後にアサド政権が毒ガスを使わなかった証拠が見つかっても、イラクと同じ様に無かったことにされます。

"国際社会の姿" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント