自衛隊増員で武漢ウイルス(COVID-19)の不景気対策

武漢ウイルス(COVID-19)パンデミックで雇用が減った。若者に雇用が必要。常備軍の総兵力は総人口の1%が限界。日本では少子高齢化だから80万人が自衛隊の総兵力。軍縮レベルで50万人。今の自衛隊は23万人だから、増員は雇用の受け皿になる。これも不景気対策だ。 自衛隊総兵力が23万人から50万人になれば、衣食住も増える。基地周辺に…
コメント:0

続きを読むread more