中国共産党は香港人権法に挑戦している

星火同盟は香港逮捕者への法律・生活支援組織。この組織の人間が逮捕され組織が管理するお金が資産凍結された。

親中派が行うことは違法ではなく正当。民主派が行うことは正当でも違法になる。習近平氏を国賓にすることは独裁政治を肯定することを意味する。私は香港市民支持。そして習近平氏の国賓に反対。

https://twitter.com/hklemontea/status/1207612772806057984

香港は国際金融センターだから中国共産党は手を出さないと思うのは間違いだ。民主派支持の企業は資産凍結も在り得る。

中国共産党は民主派の個人資産凍結で香港人権法に対抗していると思われる。これは報復か?挑発か?どちらにしても中国共産党は攻勢に出ている。

立証責任が無ければ魔女裁判。魔女裁判になれば有罪前提の逮捕。証拠から犯人に辿り着き逮捕。その後裁判で有罪にする本来の流れではない。これは香港人権法に対する挑戦だ。

https://twitter.com/manjyukatsuki/status/1207724906336538624

政治・経済・軍事で経済ではアメリカに報復できない。実行すれば相殺戦。これでは利益は無い。軍事ではアメリカに勝てない。だがトランプ大統領は戦争を嫌っている。ならば可能性が有るのは政治で攻勢に出ること。個人資産凍結で軍事行動を起こさないなら習近平氏に勝ち目は有る。

トランプ大統領は戦争が嫌いなのでイラン空爆を土壇場で中止。だが香港を武力鎮圧すれば軍事投入するかもしれない。だが個人資産凍結なら軍事投入は有り得ない。疑惑だけで香港市民の資産凍結しても法廷闘争に留まる。

https://twitter.com/manjyukatsuki/status/1207724906336538624

マネー・ローンダリングに似ているだけで逮捕?それは立証責任を放棄して魔女裁判をしている証。似ているだけなら証拠は不要。香港市民だけではなく外国人も資産凍結が可能だ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント