香港臨時政府樹立を思う

香港デモ隊は臨時政府を樹立。つまり国家主権を持つことを宣言した。国家主権は外交二権(外交・軍事)と国内三権(行政・立法・司法)。外交二権は外国に依存できる。だが国内三権が必要。

https://twitter.com/etman09/status/1180302201433886720

外交二権を外国に委任すれば連邦制。この場合はイギリスかアメリカかな?問題は臨時政府が承認され保護されなければ消滅する。

臨時政府を宣言したらリーダーが必要。さらに王政・共和制などの国家体制を明確にしなければならない。これまでのデモ隊は組織構造がボトムアップ型組織。臨時政府にするならトップダウン型組織への移行が必要。問題はこの変更で大半が失敗する。

香港臨時政府を樹立するならトップダウン型組織にしてリーダーが必要。これまでのボトムアップ型組織では機能しない。共和制にすると思われるが、共和制は独裁者を産み出す欠点を持つ。

共和制の原点:職能区分
「祈る人」・「戦う人」・「耕す人」の様な中世までの分業社会が前提。共和制はそれぞれの代表が集まり協議して運営する。

民主制の原点:共同体区分
個人の利益よりも全体の利益を優先した多数決が民主主義。

香港臨時政府はどちらを選ぶ?

香港デモ を成功させるなら今のボトムアップ型組織を続ける方が良い。臨時政府はトップダウン型組織だから組織構造変更は自殺行為。


私のnote・フェイスブック・ツイッター
note :https://note.mu/war2600
フェイスブック:https://www.facebook.com/ryuji.ueoka
ツイッター  :https://twitter.com/box217

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント