ロシアの覇権が拡大している

■ホルムズ海峡で軍事演習  ロシアとイランがホルムズ海峡付近で軍事演習を行うことが明らかになった。これはロシアの覇権が拡大したことを意味し、ホルムズ海峡のアメリカ優勢は崩れ始めている。 ロシアとイランが合同海上演習へ 米「有志連合」構想に対抗か https://www.sankei.com/world/news/190731/…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

面子を捨てた中国共産党

■発展途上国外し  トランプ大統領は豊かな国が発展途上国扱いなので不満。発展途上国は貿易で優遇される。トランプ大統領は優遇措置を悪用してアメリカから利益を奪っていると認識している。トランプ大統領はWTOで優遇措置を改めるようにすると同時に、アメリカ独自の行動を臭わせている。 トランプ大統領の不満は中国・韓国・メキシコなどに向けら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アメリカを脅す中国共産党の軍事演習

■7月28日から軍事演習  中国は7月28日から8月2日まで台湾周辺で軍事演習を行う。大雑把に言えば、台湾北部と台湾北西部の2箇所。これは中国大陸の2箇所から、台湾を包囲して侵攻するイメージになる。 中国、台湾周辺海域で軍事演習へ 米国への対抗措置か https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=201…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イランは濃縮ウランを交渉材料にした

■イランからの条件  イランは低濃縮ウランの基準を破った。これは交渉材料にするか、核兵器を製造する高濃縮ウランへの道。イランは危機を煽ると同時に、濃縮ウランを交渉材料にした。交渉材料が無ければ作れば良い。イランは濃縮ウランを交渉材料に、ヨーロッパに対して譲歩を求めている。 核合意の「制限破り」撤回に条件 イラン、仏に書簡 ht…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北朝鮮は韓国の孤立を狙う

■北朝鮮の要求  北朝鮮は韓国に日韓軍事協定破棄を要求。日本と韓国は本来対立関係だから、軍事協定を維持することが難しい。だから北朝鮮の主張は正しいのだが、韓国としては容易には日韓軍事協定を破棄できない。 日韓軍事協定破棄を要求 北朝鮮、通商摩擦機に https://www.sankei.com/world/news/19072…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イランの中距離弾道ミサイルを考察

■イランの中距離弾道ミサイル発射  イランは7月24日に中距離弾道ミサイルを発射した。飛距離は約1000kmと報道されており、イランがイスラエルとサウジアラビアを意識した発射だと思われる。 ■発射方向  今回発射された中距離弾道ミサイルの発射方向に注目したい。今回の発射方向は、イラン南部の海岸付近から、北部の首都テヘランに向け…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

事実ならば相手にされない発言

■トルコへの願望?  トルコはロシア製地対空ミサイルS400を購入した。トランプ大統領はトルコに対して経済制裁を示唆していた。トルコはロシア製地対空ミサイルの購入を強硬。これでトランプ大統領がトルコに経済制裁するかと思えば、今度は経済制裁回避を模索しているようだ、 米、トルコ制裁の回避を模索か https://this.kij…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イランがミサイル実験か

イランがミサイル実験か https://this.kiji.is/527330238394467425 シャハブ3:改良型の射程は2000km 報道が事実ならば、イスラエル全土を攻撃可能。 イランの中距離弾道ミサイル発射は7月24日。トランプ大統領が知らないわけがない。これでトランプ大統領は沈黙していたのか?事実…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トランプ大統領は見た目だけ

トランプ大統領は北朝鮮に抗議していない。最近のトランプ大統領は、中国とイランにも沈黙。中国はアメリカ海軍が台湾海峡を航行したのでアメリカに抗議した。これでトランプ大統領は沈黙するのか? イランも活発に動いている。それでもトランプ大統領は沈黙。これでイランは強気になれる。 トランプ大統領は北朝鮮すら攻撃できない臆病者だと認識さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トランプ大統領は北朝鮮に吠えるのか?

北朝鮮は射程距離690kmの短距離弾道ミサイルを発射した。 中距離核戦力全廃条約 https://ja.wikipedia.org/wiki/中距離核戦力全廃条約 トランプ大統領は条約が気に入らないと、ロシア・中国・イランに不満を爆発させた。ならば北朝鮮の短距離弾道ミサイルはどうなる? 射程距離500kmを超えたら中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北朝鮮ミサイル2発目は「新型」、690キロ飛行 米韓当局が分析

北朝鮮ミサイル2発目は「新型」、690キロ飛行 米韓当局が分析 https://www.afpbb.com/articles/-/3236885?cx_part=top_topstory&cx_position=1 これが事実ならば、北朝鮮は国境付近から撃てば、日本の佐世保と岩国を攻撃可能。在日米軍も攻撃できる。安全保障から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国共産党はフェイクニュースを悪用するか?

■フェイクニュース  ネットで人民解放軍が香港に入ったとされる動画が流れた。だが香港からは肯定する報道が出ていない。動画からは日時が特定できないのでフェイクニュースと思われる。 <速報>7月24日 本日未明から午前にかけて、人民解放軍の装甲車及び兵員が、香港に入った模様です。また、中国国防省は、記事会見において、香…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国共産党の嘘と東トルキスタン

■嘘は大きく  情報戦では「真実半分で嘘半分」が一番騙しやすい。一番悪いのは大半が真実で一部の嘘。もしくは大半が嘘で一部が真実。これらは「千三つ」と呼ばれる。大半が真実で一部の嘘の場合は、相手を誘導する時には使える。だが一部の嘘だと見抜かれやすい欠点が有る。最悪の場合は、一部の嘘を見抜かれると、大半の真実も嘘だと思われる事が有る。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アメリカの没落とイギリスの復活

■イギリス主導  ホルムズ海峡の危機は静まるどころか悪化傾向。アメリカ主導の有志連合でホルムズ海峡防衛と同時に、イギリスは欧州独自のホルムズ海峡防衛を提唱した。 英外相、「欧州海上部隊」結成を提唱=ホルムズ海峡の安全確保 https://www.jiji.com/jc/article?k=2019072300232&g=int…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

香港デモ参加者を白服集団が襲撃、45人負傷 三合会か、警察到着は1時間後

香港デモ参加者を白服集団が襲撃、45人負傷 三合会か、警察到着は1時間後 https://www.afpbb.com/articles/-/3236243?cx_part=top_topstory&cx_position=1 中国共産党が武力鎮圧すれば世界から批判される。だがマフィアを用いた鎮圧なら世界から批判されない。それ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イランの経済制裁破り

■ステーブルコイン  イランはアメリカの経済制裁を受けているので国際送金が難しい。そこでイランは、仮想通貨(暗号資産)を開発した。仮想通貨ならばアメリカの経済制裁破りができると考えたからだ。 イラン中央銀行が国内発の金裏付け型トークン「PayMon」の発行を許可 https://cc.minkabu.jp/news/3260 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イランの失敗

イランが公開した動画は正当性を示すものではない。漁船との衝突の可能生を示す船体の傷を見せていない。衝突事故として拿捕したならば、必ず船体の傷を動画で流すはず。 動画:イラン当局、英タンカーは漁船と衝突と主張 革命防衛隊が公開した瞬間の映像 https://www.afpbb.com/articles/-/3236117?fbcl…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

迷走する有志連合構想

■単独では動かない  紛争・戦争は単独で行わない。必ず複数の国を味方にしてから紛争を行うか戦争する。可能な限り複数の国で連合し、相手国を包囲する様にする。そして相手国が譲歩しないなら戦闘開始。 米、他国に「船舶護衛強制せず」 ホルムズ有志連合構想を説明 https://www.sankei.com/world/news/190…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イランの無人機を軽視できない

アメリカ海軍はホルムズ海峡でイランの無人機を撃墜した。イランの無人機を馬鹿に出来ない。公でもイランの無人機は、アメリカ軍の無人機を元に開発されている。 イランはアメリカ軍の無人機を撃墜するか鹵獲することで入手している。性能はアメリカ軍に劣るとしても、入手すればコピーする技術を持っている。 しかもオリヂナルが偵察型でも、イラン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イランの外交交渉

■イランの強気  イランはアメリカの経済制裁で包囲されている。紛争も戦争も単独では行わない。必ず友好国と連合して対処する。アメリカは複数の国でイランを包囲。イランの友好国は外部から支援。見た目のイランは孤立無援で包囲されているが、イランは孤独ではない。しかもイランは、交渉材料を作りアメリカに挑んでいる。 イラン外相、恒久的査察受…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米、兵員数百人のサウジ派遣を準備 イラン情勢緊張受け

米、兵員数百人のサウジ派遣を準備 イラン情勢緊張受け https://www.cnn.co.jp/usa/35140069.html 紛争も戦争も単独では行わない。必ず味方になる国を複数用意する。味方を複数用意してから紛争や戦争を行うのが基本。 だがトランプ大統領の様に土壇場で攻撃中止すると、全ての準備が無駄になる。アメリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米、トルコをF35計画から締め出し ロ製ミサイル購入受け

米、トルコをF35計画から締め出し ロ製ミサイル購入受け https://www.afpbb.com/articles/-/3235653 アメリカはF-35関連でトルコを排除。部品製造に関わるトルコ企業も排除された。これは経済制裁と言える。だがトランプ大統領は公の場でトルコ批判が無い。これまでの過激な発言を控えている。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国共産党は狂っている

中国、地元住民収容のウイグルで観光客誘致 https://www.afpbb.com/articles/-/3235204?cx_part=top_category&cx_position=1 中国共産党は狂っている。ウイグル人を強制収容所に入れて民族性浄化。さらに東トルキスタンを観光地化。土地のウイグル人は本物か?中国共産党が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

香港で牙を剥く中国共産党

■印象の変化  香港デモは長期化しているが流れが変化している。初期段階はデモ派が優勢だった。だが7月1日のデモで一部が立法会に突入。これでデモではなく暴動に印象が変わる。世界の反応も変化し、香港警察がデモ隊を強制排除しても批判しない。 ■強制排除  7月1日のデモは流れを変えた。デモ隊の一部が立法会に突入して建物を占拠した。建…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イギリスらしい対応

タンカーはシリア以外へ 英外相、イランに保証要求 https://www.sankei.com/world/news/190714/wor1907140003-n1.html 「人は在りそうな不可能を好む」 イギリス政府はイランに対して、この言葉を使っています。見た目はイギリスが譲歩しているが、中身はイランに厳しい要求。何…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イギリスは策略を繰り返すか

■保釈  イギリスはイランのタンカーをジブラルタル海峡で拿捕。これでイランとイギリスの対立関係は確定。イランとイギリスはお互いに批判し、イギリスはタンカー護衛に駆逐艦をペルシャ湾に派遣。イランはイギリスに報復を示唆しているから、状況が悪化する未来しか見えない。  そんな時にイギリスはイランのタンカー船員を保釈。だがタンカーは拿捕…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

動かぬトランプ大統領

■世界の動き  トランプ大統領は強気の発言が目立った。北朝鮮に経済制裁、中国には追加関税、イランには経済制裁で挑んだ。これでトランプ大統領が主導権を持った。だが長期化すると主導権を相手国に渡すパターンになっている。  トランプ大統領イラン空爆を土壇場で攻撃中止。中国との米中貿易戦争も土壇場で休戦。世界はトランプ大統領への対応策に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アメリカは主役ではない

■変化  これまではイランとアメリカの対立だった。だがイランの交渉相手はアメリカからヨーロッパに変更されている。だからアメリカはイランとの交渉では脇役で、主役はイギリス・フランス・ドイツなのだ。 ■瀬戸際外交  イランは瀬戸際外交を採用しているのは事実。だがイランは途中から瀬戸際外交の相手を変更している。 瀬戸際外交:「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国と国連を切り離せ

■22カ国が動く  中国はチベット人・ウイグル人を弾圧している。これまで知られていたが、中国の人権弾圧は黙認されていた。だがチベット人・ウイグル人の地道な活動で、ようやく国連人権理事会で中国が批判されるようになった。 中国のウイグル族大量拘留、日本など22カ国が停止を要求 https://jp.reuters.com/arti…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トランプ大統領、イラン制裁「間もなく大幅強化」

トランプ大統領、イラン制裁「間もなく大幅強化」 https://www.afpbb.com/articles/-/3234641?cx_part=top_topstory&cx_position=2 トランプ大統領は状況を悪化させる天才だ。しかも究極のハンバーガーを続けている。 コラム:トランプ流究極のハンバーガー ht…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イスラエルとイランの対立

イスラエル首相警告「戦闘機はイラン到達可能」 https://www.msn.com/ja-jp/news/world/イスラエル首相警告「戦闘機はイラン到達可能」/ar-AAE88wk?ocid=sf イスラエルとサウジアラビアは対立していた。だが今では接近している。そのため、イスラエル空軍機はサウジアラビア空軍基地を中継…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

矛盾するアメリカ

■ホルムズ海峡を護る  アメリカはホルムズ海峡を護る目的で、アメリカ海軍主導の有志連合を計画。これはイランから民間船を有志連合で護るのだが、トランプ大統領の発言と矛盾している。 ■トランプ大統領の発言  トランプ大統領はアメリカ軍が外国の民間船を護ることを嫌い、各国が独自にタンカーを護れと発言している。 ■アメリカ海軍主…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

遅く、しかも間違った決断をした

イラン沖で海上警備を計画=米軍トップ「有志連合で」 https://www.jiji.com/jc/article?k=2019071000227&g=int&fbclid=IwAR19WaeEA2_LIsW1eUyFJ8YfLJ4-vN2hcnEXoUvT4ixQviQYXwO_ow4RyYY 今頃何を言っている? これ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人権を否定する中国共産党の醜態

■報道されない事実  報道機関の多くが中国共産党の影響下に置かれている。だから中国を批判する報道は一部からしか知ることはできない。特に民主化や人権に関する報道は制限される。香港は民主化を求めているが、歌手の演説を中国共産党は妨害する。歌手ならば有名人なので影響力が有る。だから中国共産党は、国連の場でも平然と妨害する。 香港民主派…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小さな戦争から大きな戦争へ拡大する

ペンス副大統領を代理にして威嚇させる玉無しなのか。本来ならばトランプ大統領が率先して発言すべきこと。トランプ大統領は組織の指導者は率先して方向性(政策)を示すことが使命。 米軍「準備できている」 ペンス米副大統領がイランに警告 https://www.sankei.com/world/news/190709/wor1907090…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界の混乱が始まる

トランプ大統領の発言ではなく高官の発言?しかも追加制裁示唆? 対イラン追加制裁を警告=米 https://www.jiji.com/jc/article?k=2019070800135&g=int トランプ大統領は決断できない。この時間でトランプ大統領が決断しないならイランは強気で動く。サウジアラビアとイスラエルは共同…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アメリカの黄昏

トランプ大統領は決断できない。日本時間で明日の朝。7月8日の朝で動きが無ければ、トランプ大統領は決断できない証になる。 イランのウラン濃縮度、数時間内に上限超過へ https://www.afpbb.com/articles/-/3234060?cx_part=top_category&cx_position=2 そうなれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トランプ大統領は外交が下手

イランがイギリスに報復すれば、イランが不利な立場になる。イギリスは経済制裁を根拠に拿捕。イランは単なる報復だから国際社会から批判される。 イラン、解放なければ英タンカー拿捕すべき=革命防衛隊 https://jp.reuters.com/article/mideast-iran-tanker-commander-idJPKCN1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「憲法9条」が平和を守るどころか戦争を招く 6つの歴史的実例とは

私のコラムが掲載されました。 チベット・東トルキスタンは軽武装だから国家の独立を護れなかった。民主主義で独立を護るにも軍事力が必用。独立するにも軍事力が必用。 コラム:「憲法9条」が平和を守るどころか戦争を招く 6つの歴史的実例とは https://www.sejp.net/archives/3377
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私は世界に「中国とトルコは人類の恥!」と伝えたい

■衝撃  これまでトルコは中国によるウイグル人弾圧を批判していた。そしてトルコはウイグル人を保護する国だった。だが状況は一変した。トルコで生活するウイグル人は中国に強制送還される可能性が高くなった。 トルコ大統領、中国非難から一転「ウイグルの人々は幸せに暮らしている」 https://www.afpbb.com/article…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トルコはウイグル人よりも中国を選んだ

■中国を選ぶ  トルコは中国のウイグル人に対する人権問題を批判していた。だがトルコは方針変更して中国を撰んだ。トルコの方針変更はアメリカとの対立が原因だと思われるが、これはトルコで生活するウイグル人の立場を悪くすることは明らかだ。 トルコ大統領、新疆に肯定的 「人々は幸せに生活」=中国メディア https://jp.reute…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国共産党は暴徒鎮圧の大義名分を手に入れた

■デモの暴徒化  7月1日に香港デモが行われた。だが、この日の香港デモは一部が暴徒化し建物内部に突入。デモ隊は一時的に建物を占拠するまで行動が拡大した。政府施設に侵入し選挙する行為はデモではない。香港デモはこの日から暴徒になった。 ■何かがおかしい  香港のデモ隊は議会である立法会に突入した。この段階でデモから暴徒に変わった。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more