指導者と議長は別物

指導者と議長は別物。G20は議長が進行するから安倍首相は議長として任務を果たした。議長は皆の話を聞き多数決で決める程度。安倍首相に文句を言っても無駄。 G20は必要か? 大阪サミットで無力さ浮き彫りに https://www.afpbb.com/articles/-/3232883?cx_part=top_topstory&cx…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

香港から脱出すべきだ

■G20で見捨てられた人権問題  G20は中国の人権問題を扱わなかった。アメリカのトランプ大統領も、G20で習近平主席を攻めることもしなかった。各国は粛々と環境と経済問題を話すだけ。各国は中国に挑むことを回避した。 ■習近平主席は勝者  習近平主席は防御に成功した。トランプ大統領の見た目は怖いが決断できない。それに対して習近平…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

次は香港が危ない

私の分析が正しかったようです。アメリカは中国への関税延期どころかファーウェイにアメリカ企業が分品を売ることまで認める模様。 コラム:習近平主席の反撃が始まる https://note.mu/war2600/n/n295b4690bd83?fbclid=IwAR3YXLadS9ZtShz_cTfuvDNnCye6KnbtCvEI…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

G20は習近平主席の勝利

■G20閉幕  中国の習近平主席は、G20前から米中貿易戦争・香港デモ・チベットとウイグルの人権問題など問題を抱えていた。そのため中国は日本に、G20で人権問題を議題にしないように要求した。  トランプ大統領はG20前から米中貿易戦争で習近平主席を追い詰めていた。だがトランプ大統領は土壇場になって決断しない。これで主導権が習近平…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トランプ大統領が求める強固な日米同盟

■日米安全保障条約  トランプ大統領は今の日米安全保障条約がアメリカに不利だと文句を言う。だから日本に改善を求めている。だが日米安全保障条約の中身はアメリカが有利で日本が不利な内容。在日米軍はアメリカの国益が目的で駐留しており、在日米軍は日本の防衛目的で駐留していない。 ■トランプ大統領が理解できない世界  トランプ大統領は世…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

戦争と空爆は別物

■双方が戦争を否定  アメリカとイランは対立しても戦争を否定している。双方が相手国を批判しても戦争を否定。これは嘘ではなく真実。だからアメリカとイランは戦争を否定する。 トランプ氏、イランと戦争でも「長引くことはない」 地上軍派遣は否定 https://www.afpbb.com/articles/-/3232319 ■…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トランプ大統領と日米安全保障条約

■トランプ大統領の不満  トランプ大統領は今の日米安全保障条約に不満を持っている。トランプ大統領から見れば日米安全保障条約はアメリカに不利で、日本がアメリカから利益を得ていることになっている。実際は真逆の内容なのだが、トランプ大統領は日米安全保障条約の意味を知らないようだ。 ■日本はアメリカを助けない?  トランプ大統領から見…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人権は中国の弱点

■ポンペオ氏に噛み付く  アメリカ国務省のポンペオ氏が人権問題で中国を批判した。中国が現在行っている人権問題を批判したら、中国共産党はポンペオ氏を敵視。明らかにポンペオ氏は中国の弱点を正確に突いた証になった。 米国務省、「逮捕、虐待、拷問」が横行する中国の宗教弾圧を非難 https://jp.bitterwinter.org/…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トランプ流究極のハンバーガー

■イランを脅す  トランプ大統領はイランを脅している。アメリカはイランを先制攻撃できる条件を持っているが先制攻撃しない。そんな時にアメリカ軍・民間企業が攻撃を受ける情報を察知したので、イランに対して脅すことで対応している。   トランプ氏、攻撃されたらイラン「壊滅」と警告 https://www.cnn.co.jp/usa/35…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

習近平主席の反撃が始まる

■逆転劇  トランプ大統領は米中貿易戦争で中国の習近平主席を追い詰めていた。米中が関税を課してもアメリカは困らない。何故ならアメリカはオリジナルを作れるが中国はコピーしか作れない。中国はレアアースでアメリカを脅したが、アメリカはリサイクル・別の国からの輸入などで対抗できるので困らない。  習近平主席は敗北寸前までトランプ大統領に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

グレート・ゲームになった

■強国を捨てたトランプ大統領  トランプ大統領は覇権の意味を知らない。アメリカが築いてきた覇権は、トランプ大統領により悪化無く縮小。トランプ大統領自ら海上交通路の防衛を求めたことは、アメリカが覇権を捨てたことを意味する。トランプ大統領はこのことを理解していないだろう。側近は説明したと思われるが、トランプ大統領は強国アメリカを終わらせた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トランプ大統領は覇権の意味を知らない。

トランプ大統領は覇権の意味を知らない。アメリカは何が目的で軍隊を世界に展開したのか理解していない。トランプ大統領は明らかにアメリカを強国から降ろした。 タンカー防衛は自国で=ホルムズ海峡通過、日本などに要求-トランプ米大統領 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190624-00000127…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国は気付いている

■中国の空母  中国の空母が初めてグアム周辺まで到達した。軍事的には意味はないが、政治的には意味が有る。これは中国がトランプ大統領の性格を見抜き、今後の主導権を中国が持ったことを意味している。 グアム周辺、初航行か=米に対抗、活動範囲拡大-中国空母 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=2019…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

次はイラク・ペルシャ湾だ

次はイラク・ペルシャ湾だ サウジ空港攻撃、1人死亡 イエメンの親イラン組織 https://www.sankei.com/world/news/190624/wor1906240003-n1.html 兵站の準備には時間が必用。これは周期性が有ることを意味している。今度はイラク・ペルシャ湾の範囲でアメリカ軍基地かアメリカ企…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

究極のチャーハンと究極のハンバーガー

金正恩氏が”究極のチャーハン”ならば、トランプ大統領は”究極のハンバーガー”だ。 トランプ大統領:「私は究極のハンバーガーを作ることを決定した」 トランプ大統領:「究極のハンバーガーを食べる予約をすべきだ」 トランプ大統領:「このハンバーガーは世界を驚かせることになるだろう」 トランプ大統領:「私は究極のハンバーガーのために…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イランは先制攻撃を正当化できる

■予告  トランプ大統領はイランに経済制裁を6月24日に実行すると予告。これには武力行使も含まれているらしい。これまでイラン攻撃を準備したが土壇場でイラン攻撃を中止した。それでも武力行使を臭わせても無駄なのだ。 米大統領、対イラン制裁「24日発動」=武力行使、排除せず https://www.msn.com/ja-jp/new…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アメリカを恐れないイラク

■イラクの強気  イラク戦争でイラクは敗戦。イラクは屈辱に耐えていたが、今度は風向きが変わった。イラクのビジネスはアメリカと対応にまで回復。 米エクソンのイラク油田交渉が膠着、イラン情勢も影響 https://jp.reuters.com/article/usa-iran-iraq-oil-idJPKCN1TM2RO ■…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アメリカを衰退させるトランプ大統領

■革命防衛隊が撃墜  イランの革命防衛隊がアメリカ軍の無人偵察機グローバルホークを撃墜した。革命防衛隊はグローバルホークの撃墜を宣言したが、トランプ大統領は革命防衛隊による誤射だと公言。これでトランプ大統領は、世界にアメリカの衰退を宣伝したことになる。 ■誤射ではない  トランプ大統領は革命防衛隊による誤射だと公言した。だが革…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イランの宣戦布告の可能性

あれ?これはイランからアメリカへの宣戦布告になるが・・・。 「軍事行動を起こせば代償」、イランが米に警告=通信社 https://jp.reuters.com/article/mideast-iran-usa-swiss-idJPKCN1TM19P トランプ大統領が攻撃を中止したことで奇襲性を失った。イランは臨戦態勢だから…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イランは強気だ

■宣伝するイラン  イランの革命防衛隊はアメリカ軍の無人偵察機グローバルホークを撃墜した。だがトランプ大統領は革命防衛隊による誤射だと公言。イランは意図的に撃墜したことを国営テレビで報道している。つまりイランはトランプ大統領を恐れていない。 米軍ドローン「撃墜」の瞬間、イラン国営テレビ https://headlines.ya…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トランプ大統領はアメリカ第一主義ではない孤立主義だ

■攻撃を受けるアメリカ  イラクでアメリカ軍が駐留する基地がロケット弾攻撃を受けた。さらにアメリカ企業の石油施設がロケット弾攻撃を受けた。損害は軽微だがトランプ大統領は反応しない。さらにアメリカ空軍の無人偵察機グローバルホークが革命防衛隊により撃墜された。  トランプ大統領はイランを批判したが、革命防衛隊による誤射だと発言。これ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

周到な準備とは何だ?

■トランプ大統領の宣伝  トランプ大統領はイランに対して周到な準備をしていると公言。トランプ大統領は北朝鮮さえ攻撃しなかった。イランに対しても同じで、準備しているとしても決断しなければ無価値になる。 米、イランに対し「周到な準備」=トランプ大統領 https://jp.reuters.com/article/us-iran-t…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国共産党は香港デモを鎮圧する

■香港デモは優勢  香港で逃亡犯条例改正案を巡りデモが継続している。香港市民は改正案に反対し撤回を求めている。このデモは中国共産党と香港市民の代理戦争。だから民主化を求める香港市民と独裁を進める中国共産党との対立でもある。  民主化を求める香港市民は多く、初期段階でデモを鎮圧することはできなかった。それどころかデモ参加者は増加し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トランプ大統領は世界の指導者ではない

■タンカー攻撃は軽微  アメリカは、タンカー攻撃はイランの仕業だと主張してきた。証拠が有ると連呼しておきながら、今になって問題視しない方針。 タンカー攻撃は「非常に軽微」トランプ氏見解 https://www.afpbb.com/articles/-/3230779?cx_part=top_latest ■トランプ大統領…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国の沈黙は嵐の前の静けさか

■200万人近いデモ  香港でデモが続いているが、6月16日のデモは200万人近い人数が集まったらしい。香港人が民主主義を求め、中国共産党による独裁を拒む姿を見ることができる。中国共産党がこれまでしたことを知るからこそ、香港人は民主主義を維持しょうとしている。 ■易姓革命の兆し  人が集まれば易姓革命の種。香港のデモは明らかに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アメリカは強国ではなくなった

■決断できないトランプ大統領  6月17日になった。この段階でトランプ大統領イラン空爆を決断していない。つまりトランプ大統領は世界のリーダーでは無いことを意味している。強国は決断で世界を導く。だから世界のリーダー。  トランプ大統領は世界の同意を求めることを撰んだ。これは多数決を選ぶ議長。トランプ大統領はアメリカを世界のリーダー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アメリカが主張するリムペットマインへの雑感

リムペットマインは磁石で船体に付ける。運用から見れば水面下であり、外部から見えない位置に付ける。損害を与えるなら船底が最適。見える場所に付ければ破壊工作だと宣伝するようなもの。 リムペットマインは特殊工作員用の兵器だから、意図的に見える位置には付けない。今回のタンカーには水面よりも上になる。 いつ・どこでリムペットマインを付…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トランプ大統領に必用なのは決断

トランプ大統領は6月14日にテレビでイランを批判した。日本時間で6月17日になっても変化が無いことは、トランプ大統領は決断できないことを意味しています。 軍事投入しないアメリカは強国でもないし怖くもない。中国とロシアは強気外交でトランプ大統領に攻勢を仕掛けるだろう。次いで北朝鮮も強気外交をすると思われる。 必用なのは決断。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トランプ大統領はイラン空爆を決断するのか?

■トランプ大統領の発言  トランプ大統領はタンカー攻撃でイランを批判した。私見では歴代大統領としては反応が遅いと感じます。だがトランプ大統領が決断することとは別の話。トランプ大統領はイランに動きがあるから空母打撃群をイランに派遣した。だが攻撃をしないから今回のタンカー攻撃が発生したとも言える。 米大統領、タンカー攻撃巡りイランを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

香港は第二のウイグルになる可能性が有る。これを放置できるのか?

香港は第二のウイグルになる可能性が有る。これを放置できるのか? 香港デモ、参加者は「デジタル断ち」 当局の追跡警戒 「新疆化」恐れる声も https://www.afpbb.com/articles/-/3230038?cx_part=top_category&cx_position=2 香港は第二の天安門を超えて第二…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

主導権を考えろ

■ホルムズ海峡付近  ホルムズ海峡付近でタンカー二隻が攻撃された。攻撃されたのは事実だが、誰が攻撃したのかは不明。だがトランプ大統領は公に発言しないままだ。これはトランプ大統領が主導権を捨てていることを意味する。 ■主導権を考えろ  誰がタンカーを攻撃したかは謎。考えても価値は無い。価値が有るのは、「日本として何をすべきか?」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トランプ大統領は憲法9条論者と同じ

■発言しないトランプ大統領  オマーン湾付近でタンカー2隻が攻撃を受けた。これでイランとアメリカの対立関係は継続し、中東情勢は悪化する方向が確定した。もはや関係改善は有り得ない。今後は遅かれ早かれイラン空爆が実行されることだけが確定している。  状況が悪化する原因は強国アメリカの大統領が決断しないから。トランプ大統領は12時間経…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トランプ大統領は決断できない

トランプ大統領の発言が無い。これは明らかだ。トランプ大統領決断できない人物だ。 だからイランを先制攻撃できる条件を持ちながら直前で攻撃を中止。私の分析は指導者が決断する資料が大半。これで分析していた。 トランプ大統領は典型的に指導者が決断できないタイプ。私が知る資料では、指導者が決断できないタイプは1例しかない。それは戦前の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安倍首相は貧乏くじ

今イランでは安倍首相とイラン大統領と会談中。このタイミングでフーシ派が動いたのか。 サウジ空港を攻撃、26人負傷 イエメンの親イラン組織 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190612-00000167-kyodonews-int フーシ派はイランの革命防衛隊が支援しているとされる。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

逃げ道を得た習近平主席

■悪化する米中貿易戦争  トランプ大統領は米中貿易戦争で譲歩しない。それどころか中国に二者択一を迫っている。トランプ大統領は習近平主席に、「会談に応じなければ関税を課す」と脅迫。見た目は追い詰められた習近平主席だが、トランプ大統領の失態で逃げ道が作られている。 追い詰められた中国主席、トランプ大統領の最後通告で八方ふさがりに …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国の災害と食害

中国はイスラム教徒に豚肉を強制的に食べさせた。皮肉なことに中国全土でアフリカ豚コレラの感染拡大。外来種のツマジロクサヨトウ(ガの一種)の食害が中国全土に拡大。トウモロコシ・小麦・稲・サトウキビ・モロコシなどを食い荒らしている。 江西省では災害で200万人が被災。これでは収穫など不可能に近い。 https://www.afpbb.…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金正恩委員長に踊らされるトランプ大統領

■金正恩委員長からの手紙  トランプ大統領は北朝鮮の金正恩委員長から手紙が来たことを公にした。北朝鮮は非核化を進めず短距離弾道ミサイルまで発射。それでもトランプ大統領は金正恩委員長を高評価している。 トランプ大統領、金委員長から親書 3回目の米朝首脳会談に前向き https://www.afpbb.com/articles/-…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北朝鮮も強気になった

■北朝鮮の強気  アメリカはイランを空爆しない。アメリカはイランを先制攻撃できる国際社会の抜け穴を複数用意した。これでイラン空爆目前だと思われたが、現段階ではイランを空爆していない。  そうなるとイランが強気になり、次にロシアが強気になった。今度は北朝鮮が強気になった。つまり「トランプ大統領は攻撃を決断できない」と知られたのだ。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国はアメリカと戦争できない

■アメリカを脅す  アメリカは台湾を軍事支援している。シンガポールでアジア安全保障会議が開催されたが、中国はアメリカの台湾支援に反発し、台湾独立には戦争で挑むことを公言した。安全保障会議は相互理解の場。それでも中国はアメリカに戦争で挑むことを公言したのは、中国がアメリカと戦争できない状況を隠すためだ。 ■農業を犠牲にした近代化 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

丸山穂高議員への批判者が知らない、国際社会における領土問題の現実とは

私のコラムが掲載されました。 コラム:丸山穂高議員への批判者が知らない、国際社会における領土問題の現実とは https://www.sejp.net/archives/3225 私のnoteとフェイスブック note :https://note.mu/war2600 フェイスブック:htt…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私の分析ミス

■動かないトランプ大統領  私はトランプ大統領がイラン空爆を実行すると推測しました。革命防衛隊をテロ組織に認定。これは先制攻撃を正当化する策。国際社会の抜け穴を複数使いイランに空母打撃群を派遣。これは空爆すると判断しました。  さらにイランは中国の一帯一路の中継地点。イランを空爆するだけで中国の一帯一路を遮断できる。こんな好条件…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トランプ大統領は決断できないだけ

■派遣命令の意味  アメリカ軍は空母エイブラハム・リンカーンがイラン付近に展開した理由を発表。イランが先制攻撃する兆候を掴んだから展開した。軍隊の移動には意味が有る。明確な意味が有りながらイランを攻撃しない。これはトランプ大統領が直前で決断出来ないことを意味している。 イランが米軍攻撃を計画と分析 https://this.k…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イランもトランプ大統領が攻撃しないと判断した

■イランの反応  イランはアメリカから経済制裁を受けている。これで石油輸出は困難なのは事実。だが海上封鎖しても陸路の密貿易は可能。これはフセイン大統領時代のイラクでも証明された。  イランは公に密貿易していることを明らかにした。イランが公にする理由は、「トランプ大統領はイランを攻撃しない」と判断したからだ。 イラン石油相、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロシアはトランプ大統領を動かない男と判断した

■衝突寸前  東シナ海でロシア艦とアメリカ艦が衝突寸前。映像が公開されたので、専門家が見ればどちらの主張が正しいか判る。この判断は専門家が行うが、問題なのはロシアの圧力が拡大していること。 米ロ海軍が非難の応酬、東シナ海で軍艦同士が「衝突寸前」 https://www.afpbb.com/articles/-/3228976?…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トランプ大統領の侮辱術と方針変更

■見た目は穏健派  トランプ大統領はフランス北部からイランへ向けて発言した。トランプ大統領はイランとの交渉を求めているのは事実だが、見た目は良いだけでイランを怒らせる発言をしている。トランプ大統領は意図的にイランを怒らせているとしか思えない。 トランプ氏、イランが対話望むなら「結構なこと」 https://www.afpbb.…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

陣営分けが進む世界

■中露共闘  米中貿易戦争が激化しているが、ロシアが中国と共闘する。中国単独では米中貿易戦争でアメリカに勝てない。だがロシアが中国を支援すれば状況が変わる。米中貿易戦争は見た目の対立で実際は覇権の激突。  そこにロシアの覇権が参加した。これでロシアもアメリカの覇権に挑戦することを意味する。経済対立から政治・経済・軍事の全てで対立…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国の繁栄は人権無視で造られた

■米中貿易戦争で明らかになったもの  中国が30年前よりも繁栄したのは事実。中国企業は世界の工場と呼ばれ、世界の下請け業者だった。安い人件費を武器に安い商品を大量に売ることで利益を得た。それでも中国は繁栄した。同じ安い人件費を武器にした国を追い越し、中国だけが繁栄を手に入れた。  中国の急速な成長は繁栄の象徴になる。だが急速な成…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国のレアアース輸出規制は威嚇にもならない

■レアアースで威嚇  米中貿易戦争は双方が譲歩しないから激化するだけ。アメリカが中国に関税を課すと中国もアメリカに報復。そんな中で中国は、レアアース輸出を規制する可能性を示唆した。これはアメリカへの威嚇だが、中国は戦略を忘れるほど追い詰められている。 ■中国が市場独占  中国はレアアースの世界埋蔵量30%を確保。世界各地にレア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日米の違い

■アメリカの動き  アメリカは米中貿易戦争で中国と対立している。このため対立する中国の弱点を突くことは基本。そこでアメリカは人権問題を武器にした。アメリカは天安門事件を人権弾圧だと激しく批判。さらにチベット・ウイグルも人権問題として批判している。 天安門事件 米長官「異論認めず人権侵害」 https://www.msn.com…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イランとアメリカは戦闘態勢

■見せかけの扉  アメリカはイランに対して「前提条件無しの対話」を行うと公言。見た目は美しい言葉だ。言葉を聞けばアメリカが譲歩した様に見える。アメリカが穏健路線を撰んだ様に見える。だがアメリカはイランへの経済制裁を解いていない。 米国務長官、イランと「前提条件なし」に対話の用意 https://jp.reuters.com/a…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イランのニュースが消えた

おかしい。 イランのニュースが消え、代わりにアジアのニュースが増加。 米中貿易戦争で中国の存在が大きいのは理解できるが、イランには空母打撃群が向かっている。イラン攻撃の可能性が高いのに無視とは有り得ない。 意図的にイランから中国に視線を移しているのかも。 アメリカはイランがサウジアラビアのタンカー攻撃の黒幕だと断…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国のビスマルク戦略

■アジア安全保障会議  人類の戦争史から類似を紹介したい。人間は変化しているようで変化していない。変化しているのは技術だけで人間の考え方は不変。アジア安全保障会議は国家間の思惑が出ている。そして主張も過去の類似性が有る。何故なら人間は環境の奴隷であり、環境に適合した考え方をする。  だから人間は何度も同じことを繰り返す。3000…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国の報復と米中貿易戦争

■双方は譲歩せず  米中貿易戦争は双方が譲歩しない。報復合戦になっており、既に見境なしの報復に到達した。中国は信用できない外国企業リストを作成。これは報復としての効果は無いが、国内向けの政治的宣伝。ここまで米中貿易戦争は引き返すことはできなくなった。 中国、「信頼できない」外国企業・個人のブラックリスト公開へ https://…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イランは嵐の前の静けさ

■激しくなる舌戦  イランとアメリカの舌戦は激しくなっている。お互いに譲歩しないから悪化するだけ。しかも間接的な最後通牒を突き付ける状況になり、間接的な宣戦布告まで終わらせた。つまりイランとアメリカは嵐の前の静けさ。 ■空母打撃群の位置  アメリカは空母打撃群が地中海に居る時は公開した。そしてイランに派遣され、スエズ運河を通過…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イラン空爆後は北朝鮮を空爆する

米中の政治・経済・軍事の舌戦が揃った。明らかにアメリカは中国を怒らせている。 北を牽制「脅威を打ち砕く用意」米長官代行 https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20190601-00000178-nnn-int 国際社会では軍隊を用いて開戦した国が悪の国にされる。何故…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国はレアアースでアメリカを威嚇

■中国の戦略兵器  中国はレアアースの産出国。2010年には世界のレアアース産出の97%を支配。ハイテク機器には必ず使われるので、世界経済の根幹を独占していると言える。中国はこの事実を用いて米中貿易戦争に挑もうとしている。しかし何故中国がレアアース市場を独占したかを無視している。 中国、レアアース対米輸出規制「真剣に検討」=国営…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more