イランの慇懃無礼

■状況悪化
 イランはアメリカとの外交交渉を拒否。それどころかアメリカの鼻先で挑発することをしている。見た目は礼儀正しく対応しても相手を見下している。これを相手の鼻先で行うのだから、相手が怒って手を出せばイランの終わり。

慇懃無礼:表向きは丁寧だが相手を見下している。

イラン、米国の戦争遂行能力を弱体化=革命防衛隊司令官
https://jp.reuters.com/article/usa-iran-idJPKCN1SY2FT

湾岸諸国と対話の用意、中東情勢緊迫化で=イラン外務次官
https://jp.reuters.com/article/qatar-iran-idJPKCN1SY2JD

■イランは遠攻近交
 イランが撰んだ外交は遠くの国と戦い、近くの国と友好関係を作る。これはアメリカとの戦争を想定した外交。アメリカがイランを攻撃すれば反イランの隣接国も参加する。これを回避してイランとアメリカの戦争に限定したい。この意味ではアメリカと中東諸国を離れさせる策略。

 革命防衛隊はアメリカの戦争遂行能力を弱体化させたと豪語した。ならば隣接国との不可侵条約など無意味。真なら革命防衛隊の軍事力で隣接国を従わせることになる。実際は隣接国と不可侵条約を求めるから、アメリカの攻撃が迫っていることを認識している証。

■内憂外患
 イランの革命防衛隊は宗教組織の私兵。宗教組織が国民を貧しさから救う目的で革命を実行。イラン国民は革命を支持したが実際は変わらなかった。革命政府はイラン正規軍の反乱を警戒しイラン国民の反乱を恐れた。そこで生まれたのが革命政府を守る革命防衛隊。

 革命防衛隊は革命政府を守る武装組織だったが、イラン正規軍よりも人材・資金が優先された。その結果、革命防衛隊は秘密警察だけではなくイラン正規軍を超えた軍隊組織に成長。イラン革命政府は常に内憂外患で政治を行っている。

■予定外
 イラン革命政府になると反米国になった。イランは革命防衛隊を用いて革命を国外に輸出。革命防衛隊は国際社会では義勇兵扱いになる。だから国際社会では直接的な戦争ではなく間接的な戦争に該当する。イランは国際社会の抜け穴を使ってアメリカと間接的な戦争を続けていた。

 正規軍を用いた開戦は今の平和を否定する行為。だから国際社会は悪と見なす。これが国際社会。だが義勇兵を用いた戦闘行為は間接的な戦争。直接的な戦争が悪なら、各国は間接的な戦争で国防を行うようになった。そうしなければ国防が出来ない。結果的に国際社会の抜け穴として使われる。

 これまではイランの間接的な戦争は成功した。間接的な戦争は証拠が無いから容易には手が出せない。イランの関与を疑うだけで終わり、アメリカは経済制裁しか行えないのが現実。

 アメリカとしてはイランが海上交通路に手を出さない限り黙認。理由はイランと戦争するにはコストが合わない。アメリカに必要なのは国益である海上交通路。だからイランが海上交通路を遮断しなければ黙認した。

 だが中国が一帯一路を進めると状況が変わった。中国とアメリカの対立は激しくなり、米中貿易戦争と言う目に見える対立まで拡大。イランは一帯一路に組み込まれたので、アメリカはイランを攻撃する理由ができた。

 イランは一帯一路の中継地点であり陸路と海路がイランに集まる。アメリカがイランを攻撃すれば中国の一帯一路を遮断できる。そうなれば一帯一路加盟国は離脱する。これは中国の一帯一路潰しになり、習近平主席を失脚させることができる。

 イランが一帯一路に組み込まれたことでアメリカの計画が変更された。これはイランの予定外になる。イランには迷惑な話だが、一帯一路の意味を理解すべきだった。

■遅れた対応
 イランは一帯一路が原因でアメリカが攻撃することを理解した様だ。気付いた時期は不明だが気付くのが遅すぎた。今になって対応しているが、アメリカは既にイラン空爆に動いている。これを察知して隣接国に不可侵条約を申し出た。

 アメリカの主敵は中国でイランは付属品。中国はアメリカの平和を否定する一帯一路を進めた。これはアメリカへの宣戦布告。だが直接的な戦争は行えない。そこでアメリカはイランに目を付けた。

 イランが一帯一路の中継地点であり陸路と海路が合流する国。ならば放置したイランを潰すこともできるし、一帯一路も潰せて一石二鳥。イランを空爆するだけで一帯一路は無価値になり、反米国を叩くことも出来る。

 そうなればアメリカは確実にイランを空爆する。アメリカは意図的に長期戦にするはずだ。何故なら長期戦にすれば一帯一路は無価値になる。経済圏は安定利用が前提だから、長期間遮断されるなら無価値になる。だからイランとの短期戦は考えない。

 イランがアメリカの真意に気付いても遅い。革命防衛隊を用いてテロ・ゲリラ戦を行うが、正面戦闘は実行不可能。さらに隣接国との関係改善もしなかった。こんな時に不可侵条約を要請しても反イラン国は受け入れない。むしろイランの立場を見抜いており、イラン潰しを行うはずだ。
 
 実際にイランが不可侵条約を要請しても隣接国は応じていない。待ち望んだ不可侵条約ならば即座に反応するが現段階では沈黙。つまりイランの不可侵条約は無視された。

■最後まで悪あがき
 イラン革命政府はアメリカの攻撃を恐れている。今の段階では攻撃が無いから強気に出ている。これは反乱を起こす可能性が有るイラン国民向けの強気。弱気になれば、イラン国民は即座に反乱を起こす。だからイラン革命政府は強気に出ている。

 イラン国民向けの強気発言はアメリカへの恫喝。アメリカが攻撃を開始すれば、容赦なく革命防衛隊を潰すことになる。それまでアメリカ軍は牙を研いている。これが現実だ。


私のnoteとフェイスブック
note :https://note.mu/war2600
フェイスブック:https://www.facebook.com/ryuji.ueoka

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック