アフガニスタン撤退の意味

米国務長官、タリバンとの協議で「進展」 米軍のアフガン撤収に「真剣」
https://www.sankei.com/world/news/190127/wor1901270014-n1.html

アメリカ軍がアフガニスタンから撤退することは良いことだ。アフガニスタンは文明の交差点。ここは交差点の中に家が在るような国。だから国家として安定せず、常に戦争が続いている。

ソ連はアフガニスタンを占領し、勢いで海に出ようとした。実際はアフガニスタンで消耗した。アフガニスタンの地形は攻めることは容易だが守ることは困難な地形。

だからソ連も最新装備を投入しても勝てなかった。ソ連軍の装備は野戦用で、アフガニスタンは山岳地帯だった。これでは運用が異なるので真価を発揮できない。

アフガニスタンは覇権を置くには不適切。アメリカ軍はようやく消耗から解放される。

アメリカ軍は海洋国家だから、海岸部に基地を置けば覇権を残せる。それに海洋国家の陸軍は、海岸から200km内陸が侵攻限界。これが経験則。アメリカ軍も経験則の呪縛から逃れることはできなかった。

アメリカ軍がアフガニスタンから撤退し本来の国防線に戻る。シリアからも撤退すれば戦力の節約になる。消耗回復は10年は必要だろう。だが資金の節約は早い。資金を節約できるならば対中国戦に使われるのは間違いない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック