韓国海軍と北朝鮮漁船の合流方法は?

正確な証拠提示を レーダー問題で日本側に再度要求=韓国国防部
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190121-00000030-yonh-kr

韓国は火器管制レーダー照射問題で駄々をこねる。何故だ?

大和堆に韓国海洋警察・韓国海軍・北朝鮮漁船が居たことを隠すためだ。韓国海軍は初期段階で海が荒れていたのでレーダーを使ったと主張。だが海上自衛隊の動画では穏やかな海だった。

救助活動をしていると主張しても、海上自衛隊・海上保安庁は北朝鮮漁船の救難信号を受信していない。近くにアメリカ軍がいた場合は、アメリカ軍も受信するはず。電波受信でアメリカ軍の能力は高い。瀬取り対策で動いているから、当然アメリカ軍が傍受しているはず。

大和堆から朝鮮半島まで救難信号が届くならば、当然広範囲に信号が飛んでいる。だから海上保安庁・海上自衛隊・アメリカ軍も北朝鮮漁船の救難信号を受信する。

それに韓国海軍は木造の北朝鮮漁船をレーダーで探知できるのか?木造でもレーダーで探知できる高性能なのか?

日本とアメリカで北朝鮮漁船の救難信号を受信していないならば、北朝鮮漁船と韓国海軍は事前に合流位置を知っていたことを意味する。

事前に合流位置を知っているから、通信無しで合流できたことになる。

これは状況証拠だが、韓国海軍初期の主張と海上自衛隊の動画で矛盾する。韓国海軍は合流方法を隠す目的で火器管制レーダーに執着しているのでは?

何故合流している?

目的は瀬取りの様だから、この証拠を見られたくない。しかも瀬取りに注意が向かないように火器管制レーダーに執着しているのでは?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック