ロシアの嘘と真実

ロシアの主権「国連憲章に基づく」=北方領土めぐりラブロフ外相
https://www.msn.com/ja-jp/news/world/ロシアの主権「国連憲章に基づく」%ef%bc%9d北方領土めぐりラブロフ外相/ar-BBSjyoJ?ocid=sf

ロシアは何か焦っている。だから強気に出ているようだ。

ロシアは半分ウソで半分真実を言っているだけ。そこで私は基準を教えたい。

宣戦布告:戦争の開始
 戦争=戦闘+占領
講和条約:戦争の終了

戦争は講和条約の締結で終わる。
日米戦争の期間は宣戦布告(1941.12.8)から講和(1951.9.8)までの約10年間。

宣戦布告  :戦争開始(1941年12月8日)
 ↓
決定的敗北 :マリアナ沖海戦(1944年6月19日から20日) 
 ↓
仮休戦開始 :1945年8月15日(ポツダム宣言・条件付き降伏)
 ↓
休戦正式開始:1945年9月2日(ポツダム宣言・条件付き降伏)
 ↓
サンフランシスコ講和条約:戦争終了(1951年9月8日)・軍事
            :効力開始(1952年4月28日)・外交

戦争は1951年のサンフランシスコ講和条約で終わった。この段階でGHQによる占領政策が終了。これにより旧宮家・大日本帝国憲法・内務省・日本軍は戦前の状態に戻る。これは日本の自由。つまり領土も戦前の状態に戻る。

根拠はサンフランシスコ講和条約。

さらに今のロシアにはソ連の権限は無い。何故なら国家の命運は国家体制の変更で決まるから。ソ連は1991年に崩壊。今のロシアは1991年建国。

国家体制が変更したから別の国になる。だから今のロシアはソ連とは別物。


今のロシアは領土問題で北方領土を空白地帯と自覚していいる。ロシアは暗に北方領土はロシアのものではないことを知っている。だから日本側に主権の放棄を求めている。

ロシアは知っている。北方領土の主権は日本に有ることを。

日本は国家体制の変更を根拠に、ロシアに権限が無いことを強気で攻めるべきだ。政治家も官僚も知らないわけがない。説明するだけの胆力が無いだけだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック