北朝鮮は中国と核弾頭をシェアするのでは?

北朝鮮の金正恩が中国を訪れたことが明らかになった。それに合せるかのように、北朝鮮はプンゲリ核実験部隊を半減するニュースが流れました。これは意図的に仕組まれた流れだから、北朝鮮による首脳会談を意識したパフォーマンスと思われる。

北朝鮮が核保有国になると困るのはアメリカだけではありません。北朝鮮が核保有国になると、中国も困るのです。何故なら覇権は言葉による指導力だから、北朝鮮が核保有国になると中国の覇権から出てしまいます。これでは中国は困ります。アメリカが北朝鮮に対する経済制裁で、中国も参加したのはこれが理由です。

中国の経済制裁が表向きだったとしても、北朝鮮には強烈なメッセージになったはずです。しかし北朝鮮は核兵器を放棄すれば安全が得られません。北朝鮮としては、米朝首脳会談で有利な条件を得たいが、その後の安全を保証されません。

トランプ大統領は朝鮮半島の非核化を求めているのであり、国外での核兵器に関しては条件に含めていません。ならば、国外の核保有国が持つ核弾頭をシェアすればどうなるか?

中国は核弾頭を持っているから、北朝鮮と核弾頭をシェアすることは中国にも有益です。何故なら中国が核弾頭を保有し運用します。これで北朝鮮を覇権下に置けることと、朝鮮半島の非核化に協力できます。

北朝鮮が中国と核弾頭をシェアすれば、北朝鮮はアメリカが望むリビア方式で対応できます。これでトランプ大統領の顔を立てながら、中国にも北朝鮮にも都合が良い結果になります。

北朝鮮が核弾頭をシェアすることを知れば、アメリカ世論は騙されたと連呼します。ですが、北朝鮮の非核化は嘘ではないから、トランプ大統領が怒って開戦することは困難になります。

北朝鮮が核弾頭をシェアすることは私の推測です。これは米朝首脳会談後に判ると思われます。



amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 戦術と指揮―命令の与え方・集団の動かし方 (PHP文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック