トランプ大統領は国益を知らない

米国:トランプ大統領、在韓米軍撤退検討も 非公式会合で

https://www.msn.com/ja-jp/news/world/%E7%B1%B3%E5%9B%BD%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%97%E5%A4%A7%E7%B5%B1%E9%A0%98%E3%80%81%E5%9C%A8%E9%9F%93%E7%B1%B3%E8%BB%8D%E6%92%A4%E9%80%80%E6%A4%9C%E8%A8%8E%E3%82%82-%E9%9D%9E%E5%85%AC%E5%BC%8F%E4%BC%9A%E5%90%88%E3%81%A7/ar-BBKi54r

トランプ大統領は在韓米軍の撤退を臭わせる発言をしました。トランプ大統領はコストが合わないと見ているようですが、アメリカ軍の世界展開は国益のためです。アメリカの国益を護る目的で、アメリカ軍は世界各地に展開しています。

戦時
1:制空権獲得
2:制海権獲得
3:艦隊が海兵隊を大陸の海岸まで運ぶ
4:海兵隊が上陸
5:海兵隊が上陸して橋頭保を確保
6:橋頭保を拡大して内陸部に侵攻
7:陸軍が参加し空軍が獲得した制空権の下で進行
8:内陸部に基地を置く

在韓米軍は上記の手順を行って基地を置いています。基地獲得は容易ではなく、大金と年数そして人命で獲得しています。

国家間の戦争の場合は、制空権獲得に半年から一年必要で、制海権獲得には半年から一年必要です。上陸して内陸部に基地を置くまでの人的損害は、5000人は覚悟しなければなりません。

敵戦力次第で人的損害が増加するから、世界の軍人は損害回避が目的で平時に基地を置くようにしています。

平時の駐留費と戦時の損害を比較すれば、在韓米軍や在日米軍の駐留費は桁違いに安いのです。トランプ大統領が数字だけで判断しているとすれば、トランプ大統領に基本を教える人材が居ないことを示唆しています。

トランプ大統領は強硬派と言う者もいますが、トランプ大統領は単にワンマンなだけ。だからトランプ大統領のイエスマンしか残りません。これでアメリカ外交・軍事は間違った方向へ向かい、アメリカの覇権が縮小するだけです。

トランプ大統領が真に在韓米軍や在日米軍を撤退させれば、アメリカ経済は一時的に豊かになります。ですが改めて大陸に基地を置こうとすると、アメリカ軍は5000人以上の人的損害を覚悟しなければなりません。

そうなれば、トランプ大統領流の節約など簡単に消し飛びます。

現地の同盟国防衛は大義名分であり、実際には現地を戦場にします。ですが大義名分を盾に、現地に防衛費負担を要求します。

在韓米軍や在日米軍を撤退させるのはアメリカの自由です。在日米軍や在日米軍を撤退させると、中国・ロシア・北朝鮮の軍事力が南下するだけ。そうなれば、韓国と日本は戦力増強で対応することになります。

これが実現すれば、アメリカの外交発言は低下しています。アメリカは強国ではなく、二流国扱いになるから、トランプ大統領は最悪の大統領として名を残します。


amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by もう一つの「戦争学」―社会学的アプローチで見る戦争 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック