半島国家の宿命

画像


私が昔作成したマンガを参考にして下さい。

半島国家は隣接する大陸国家と、海から進出する海洋国家の対立の場になるのが歴史の常です。

朝鮮半島を見れば、北朝鮮は隣接する大陸国家の緩衝地帯として最適。それに対して韓国は海洋国家の橋頭保として最適です。

海洋国家は大陸に橋頭保が欲しい。戦時に橋頭保を確保することは困難。それをノルマンディー上陸作戦で証明しています。だから海洋国家は、平時から大陸側に橋頭保を持とうとしています。

韓国はアメリカの橋頭保だから、アメリカは容易には韓国から撤退しません。

韓国の文大統領は、平昌五輪を悪用して北朝鮮と接近しています。これはアメリカには裏切り行為で、アメリカは大陸の橋頭保を失う可能性が有る。そう判断したら、アメリカは確実に文大統領を失脚させます。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック