テーマ:ロシア

北方領土は話し合いでは解決しない

■話し合いを求めた結果  北方領土問題で丸山穂高議員は批判された。批判者は戦争ではなく話し合いで北方領土問題を解決すべきだと主張した。現実は丸山穂高議員の主張が正しいことを示している。批判者は国際社会の現実を知らないか、知っていてロシア有利になるようにしている。 択捉島訪問のロシア首相、「自国の領土」と強調 日本は抗議 htt…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロシアはトランプ大統領を動かない男と判断した

■衝突寸前  東シナ海でロシア艦とアメリカ艦が衝突寸前。映像が公開されたので、専門家が見ればどちらの主張が正しいか判る。この判断は専門家が行うが、問題なのはロシアの圧力が拡大していること。 米ロ海軍が非難の応酬、東シナ海で軍艦同士が「衝突寸前」 https://www.afpbb.com/articles/-/3228976?…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

陣営分けが進む世界

■中露共闘  米中貿易戦争が激化しているが、ロシアが中国と共闘する。中国単独では米中貿易戦争でアメリカに勝てない。だがロシアが中国を支援すれば状況が変わる。米中貿易戦争は見た目の対立で実際は覇権の激突。  そこにロシアの覇権が参加した。これでロシアもアメリカの覇権に挑戦することを意味する。経済対立から政治・経済・軍事の全てで対立…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

粘り強い交渉で北方領土が戻るのか?

■これが現実  ロシアは北方領土を返還する気は無い。それなのに粘り強い交渉をすれば返還に応じる根拠は何か?ロシアは北方領土のインフラ整備を進めている。この現実を理解すべきだ。 北方領土4Gサービス開始 実効支配を懸念 https://www.msn.com/ja-jp/news/world/北方領土%ef%bc%94%ef%…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金正恩の不満

■ロシアは国益優先  金正恩氏はプーチン大統領と会談した。だが金正恩氏の遅刻と予定外の帰国。これは明らかに北朝鮮側に不利な条件が突き付けられたことを意味する。だから金正恩氏は遅刻や帰国で不満を表現した。 金正恩氏、予定前倒しで帰国 行事に2時間遅刻も https://www.afpbb.com/articles/-/32227…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

超音速兵器アバンガルドは幻

■宣伝するロシア  ロシアはマッハ27で飛行する超音速兵器アバンガルドを宣伝した。アメリカが盾であるミサイル防衛システムを成長させたことで、ロシアは槍である超音速兵器で対抗している。超音速兵器に対抗することは難しいが、命中精度を無視した宣伝になっている。 ■ミサイル評価基準の3要素  ミサイルを評価する3要素が有るので、基準か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米ソがINFを合意した背景と現在

■冷戦期の合意  米ソ冷戦期に東西両陣営は核ミサイルで睨み合った。だが核戦争は発生すること無く冷戦は終了した。過去に核戦争直前まで到達した事はあったが、試行錯誤から核攻撃の無意味さに気付くことになる。  それにより核兵器は戦争用から政治用に存在価値を変えて存続。INFも東西両陣営の思惑から合意に達している。過去のINFが成立した…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プーチン大統領の脅しと焦り

■プーチン大統領の脅し プーチン大統領は中距離弾道ミサイルの配備で欧米を脅した。見た目は威勢が良いのだが、ロシアの苦境を隠すことが目的だ。 西側標的の新ミサイル配備も プーチン大統領が警告 http://www.afpbb.com/articles/-/3212139?cx_part=top_category&cx_posit…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全体主義に回帰するロシア

タイトル:全体主義に回帰するロシア ■ロシアの法案 ロシアではインターネットを外国と遮断する法案が審議中。公には外国からのサイバー攻撃に対抗することが目的。本音は旧ソ連時代の思想と言論の統制ではないのだろうか。 ■独裁が選ぶ傾向 現在の傾向では、インターネットを外国から遮断するのは独裁の国。もしくは独裁よりの国。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

矛盾の世界は続く

タイトル:矛盾の世界は続く ■極超音速ミサイル ロシアと中国はミサイル防衛システムを突破する極超音速ミサイルを開発。真に開発に成功したか不明だが、アメリカは極超音速ミサイルを迎撃する兵器を開発すると公表。これは古代から続く矛盾の世界。人間の世界は矛盾でできている。 ■開発に成功したのか ロシアと中国はミサイル防衛システム…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミサイル防衛システムに怯えるロシア

私のコラム記事が掲載されました。 ミサイル防衛システムに怯えるロシア https://vpoint.jp/world/rosia/129327.html ロシアはミサイル防衛システムに怯えている。ミサイル防衛システムは防御の盾だが、ロシアは日本の配備に文句を言う。理由は核弾頭で日本を脅すことが無力化される。 そう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロシアの新型弾道ミサイルは未完成

ロシア新型ICBM「10発で米国全滅」 軍事専門家試算、1発で3千万人超犠牲 https://www.msn.com/ja-jp/news/world/ロシア新型%ef%bd%89%ef%bd%83%ef%bd%82%ef%bd%8d「%ef%bc%91%ef%bc%90発で米国全滅」-軍事専門家試算、%ef%bc%91発で%ef%b…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロシアと平和条約を締結するな・北方領土を捨てることになる

露報道官「大切なのは条約締結」 領土問題切り離し求める https://www.msn.com/ja-jp/news/world/露報道官「大切なのは条約締結」-領土問題切り離し求める/ar-BBSQ0tF ロシアの詭弁だ。日本が主権問題を言い出すと困るのはロシア。日本の戦争はサンフランシスコ講和条約で終わった。第二次世界大戦の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベネズエラで米ロの覇権が対立

ベネズエラにPMCを派遣。この可能性は有る。現在傭兵は違法行為。だが民間軍事会社は存在しPMCとして活動中。傭兵は活動できないがPMCならば可能。国際社会の抜け穴だが、今は区別すれば良いだけ。 戦争史では軍隊のルーツは傭兵。傭兵が組織化し、国王・貴族の指揮下で動くようになり軍隊化した。18世紀までは軍隊は傭兵で動いていた。これが変…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本政府の対応に問題有り

韓国海軍は海自哨戒機が急接近した画像を公開した。証拠とされる画像は静止画のみ。画像からは海自哨戒機の高度を算出することは不可能。さらに距離を算出する事もできない。高度と距離はレーダー探知の数字のみ。 専門家とされる者は、「証拠にはならない」と一蹴した。これが嘘ではなく事実。韓国海軍が公開した画像では証拠にはならない。だから中国・ロ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北方領土とロシアの嘘

私のコラム記事が掲載されました。 北方領土とロシアの嘘 https://vpoint.jp/world/rosia/128932.html 北方領土問題は北方四島だけではない。南樺太・千島列島も含まれている。日本が戦争に負けたのは事実だが、1951年のサンフランシスコ講和条約で敗戦国は終わる。 今のロシアの建国は19…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

軍事を背景にしなければ北方領土は戻らない

国際社会の基本は「外交と軍事」 交渉には交渉材料が必要だが、外交において次の二つは絶対に軽視してはならない。 1:寛容と忍耐をもってしては人間の敵意は決して消えない。 2:報酬と経済援助を与えても敵対関係は好転しない。 この結果、交渉材料は覇権となる。同時に覇権は容易には譲歩できないから、相手が譲歩しても自国が国益を失わ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北方領土と国際社会の基準

戦争は宣戦布告で始まり講和条約で終わる。 宣戦布告  :戦争開始(1941年12月8日)  ↓ 決定的敗北 :マリアナ沖海戦(1944年6月19日から20日)   ↓ 仮休戦開始 :1945年8月15日(ポツダム宣言・条件付き降伏)  ↓ 休戦正式開始:1945年9月2日(ポツダム宣言・条件付き降伏)  ↓ サンフ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アメリカ海軍艦艇が黒海へ派遣される

米がミサイル駆逐艦も黒海派遣へ https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190120-00000033-mai-int 昨年ロシアはウクライナ艦艇を拿捕。沈静化した様に見えてアメリカはウクライナと調整していた。アメリカは海洋国家だから海岸部での覇権が基本。内陸部の覇権はヨーロッパなどでは必要だが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロシアの嘘と真実

ロシアの主権「国連憲章に基づく」=北方領土めぐりラブロフ外相 https://www.msn.com/ja-jp/news/world/ロシアの主権「国連憲章に基づく」%ef%bc%9d北方領土めぐりラブロフ外相/ar-BBSjyoJ?ocid=sf ロシアは何か焦っている。だから強気に出ているようだ。 ロシアは半分ウソ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベラルーシは対岸の火事ではない

露、ベラルーシに統合迫る 石油価格で圧力 プーチン氏「新ポスト」で居座り画策? https://www.msn.com/ja-jp/news/world/露、ベラルーシに統合迫る-石油価格で圧力-プーチン氏「新ポスト」で居座り画策%ef%bc%9f/ar-BBSaPQJ ロシアは安い価格で天然ガス・石油を輸出。輸入国が安い価格に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

これが国際社会

米当局、年末にロシア人拘束か ロシア当局による米国人逮捕の翌日 https://jp.reuters.com/article/russia-usa-espionage-idJPKCN1P00P0 これはアメリカによる意図的なロシア人拘束だ。スパイ容疑ならば逮捕可能。やられたらやり返せ!。これが国際社会の真の姿。 国際社会は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロシア軍の新型兵器は本物なのか?

露が新型兵器実験に成功 プーチン氏「マッハ20で飛行」 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181227-00000014-mai-eurp ミサイル評価基準の3要素 1:弾頭(破壊力) 2:射程 3:命中精度 ロシア軍はマッハ20で目標に突入する兵器開発に成功したと発表。問題に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アメリカが世界の警察を辞めたらどうなるのか?

米は「中東の警官」でないとトランプ氏、プーチン氏は米軍撤退を評価 http://www.afpbb.com/articles/-/3203523?cx_part=top_category&cx_position=1 アメリカが世界の警察を辞めたらどうなるのか? アメリカ軍がシリアから撤退することが明らかになると、フランスは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トランプ大統領の交渉術は正しい

露、INF巡り“新条約”協議に応じる考え https://www.msn.com/ja-jp/news/world/露、%ef%bd%89%ef%bd%8e%ef%bd%86巡り“新条約”協議に応じる考え/ar-BBR93jZ#page=2 私は12月6日に以下を投稿しました。 **********************…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロシアがベネズエラに爆撃機を飛行させた目的

12月10日ロシアの戦略爆撃機Tu-160ブラックジャック2機が南米ベネズエラに到着。だがアメリカ軍の警戒はニュースで流れない。ベネズエラからアメリカの首都ワシントンまで射程圏内。だがキューバ危機の様な警戒態勢にはならない。 今のロシアがベネズエラに爆撃機を飛行させる理由は?飛行させれば無意味な刺激をアメリカに与えるだけ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

四カ国協議の裏の姿

ウクライナ艦拿捕で4カ国協議=独ロ首脳が合意 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181202-00000005-jij-eurp フランスはアメリカの覇権から抜け出すことを望んでいる。フランスはNATOに変わるヨーロッパ独自の軍事連合を構想した。NATOにはアメリカの指揮下で動くから、ヨー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

韓国の裏切り行為2

ソウルから北朝鮮へ列車が出発 10年ぶり https://jp.sputniknews.com/asia/201811305646784/?fbclid=IwAR3EknYjcRKNykgbdtOkzpqXYPiMF8IlwZrTmF4mb2n06Eu8vwjpEExhui8 スプートニクはロシアの立場。これで韓国は大陸国家(中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウクライナとクリミア半島

ロシアはクリミア半島を占領。これはヒットラーが行った瀬戸際外交と同じ。ポーランド侵攻は瀬戸際外交の限界であり、当時の欧米も我慢できる範囲だった。 ポーランドは強国だった時代が有ったのだが、軍事力が低下すると東西の強国に挟まれた。すると東西の強国から緩衝地帯に設定された。緩衝地帯とは戦場。 ドイツとソ連は国外で敵を迎え撃つ考え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more