テーマ:核兵器

核の傘から盾の傘へ

私のコラムが掲載されました。 核の傘から盾の傘へ https://vpoint.jp/world/usa/133745.html 私のnoteとフェイスブック note:https://note.mu/war2600 フェイスブック:https://www.facebook.com/ryuji.ueoka
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国の憂鬱

■変化する世界  技術の進歩で核兵器は世界に拡散した。第二次大戦後の世界は核保有国が強国の証。だが現状を打破したい国は核兵器を保有。核兵器を保有することで覇権争いに参加するようになった。 ■技術の進歩  これまでの世界は攻撃有利。だから核保有国は核弾道ミサイルを用いて恫喝できた。しかし技術の進歩で弾道ミサイルを迎撃可能な時代に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

核保有国の黄昏

■技術の進歩  技術の進歩で核兵器が世界に拡散した。核保有国は核ミサイルを用いて相手国を脅せる。だが技術の進歩で、弾道ミサイルを迎撃するミサイル防衛システムが配備されるようになった。さらに技術の進歩で通常弾頭でも核兵器に対抗できる時代になり始めた。 ■ミサイル防衛システム  ミサイル防衛システムは完全に飛来する核弾頭を迎撃でき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金正恩の発言後の日本

■発言後  金正恩は非核化中断を臭わせた。これで時間稼ぎのカードを捨てたことになる。仮に非核化中断を公式発言すれば緊張は一気に高まる。それだけ北朝鮮の終わりが早まるだけ。 ■攻撃間近になれば  アメリカの攻撃が近いと判断した北朝鮮はどうするか?北朝鮮は日本国内の実働部隊に破壊活動を命じるはず。すると警視庁と警察庁も馬鹿ではない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

戦争へ向かう北朝鮮

■北朝鮮の挑発  北朝鮮はアメリカとの非核化交渉を中断する可能性を示唆した。現段階では非核化交渉の中断を検討中。同時にミサイル発射実験を再開することを臭わせてきた。これは北朝鮮がアメリカに戦争を売りつけて譲歩を狙う瀬戸際外交の典型。 UPDATE 1-北朝鮮の金委員長、ミサイル発射中断を再考する可能性=AP通信 https:/…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北朝鮮が行うと思われる策

■第二回米朝首脳会談は破断  第二回米朝首脳会談は破断した。この前後に北朝鮮は、核実験施設と弾道ミサイル製造施設を再開させていた。正式に再開させた時期は不明。だがこれは、アメリカに対する挑発行為になった。 ■挑発行為と譲歩案  北朝鮮は核実験施設と弾道ミサイル製造施設を再開。これはアメリカに対する挑戦だが、同時に選択肢を増やす…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本に必要な対核兵器戦略

■核兵器の存在価値 冷戦期の欧米の軍人は、核兵器が軍事用ではなく政治用だと気付いた。仮に核兵器を使えば汚染された地域になる。それでは自軍の進撃すら危険で、さらに占領すら不可能な環境になる。 戦争は土地を占領してこそ勝利する。2600年の戦争史を見ると、火力攻撃だけで戦争に勝利した戦例が無い。爆撃機を用いた空爆を行っても戦争に勝利…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

戦術核の現実

■戦術核は作られたが  核威力1キロトンの戦術核は1950年代には完成していた。1955年にアメリカは台湾と米華相互防衛条約締結する。ダレス・アメリカ国務長官は「金門・馬祖島の防衛に原子兵器を使う用意がある」と中国を威嚇した。  だが中国は1955年に淅江省沿岸諸島を占領。時の中国はアメリカの恫喝など気にしなかった。蒋介石軍は大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米ソがINFを合意した背景と現在

■冷戦期の合意  米ソ冷戦期に東西両陣営は核ミサイルで睨み合った。だが核戦争は発生すること無く冷戦は終了した。過去に核戦争直前まで到達した事はあったが、試行錯誤から核攻撃の無意味さに気付くことになる。  それにより核兵器は戦争用から政治用に存在価値を変えて存続。INFも東西両陣営の思惑から合意に達している。過去のINFが成立した…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

広島と長崎を特別扱いするな

タイトル:広島と長崎を特別扱いするな 氏名 上岡 龍次 ■広島と長崎を特別扱い 毎年広島と長崎は特別扱いを受ける。広島は初めて原爆が投下されたのは事実。人類初の新兵器であり実験として投下されたのも事実。だが他の都市も爆撃されている。この事実を無視し広島と長崎を特別扱いすることは間違っている。 ■戦略爆撃理論 第一次世界…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

祈りでは核兵器廃絶は不可能

タイトル:祈りでは核兵器廃絶は不可能 氏名 上岡 龍次 ■核廃絶の祈り 広島と長崎では毎年核兵器廃絶の祈りが行われる。核兵器廃絶を訴えるならば国内ではなく核保有国に訴えるしかない。日本は核保有国ではないから、核保有国と対等には話はできない。核兵器廃絶を祈る人たちは現実を見るべきなのだ。 ■兵器が消える理由 戦場で兵器が…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

北朝鮮は非核化しない

タイトル:北朝鮮は非核化しない 氏名 上岡 龍次 ■米朝首脳会談後の北朝鮮 北朝鮮は核開発施設を定期的に破壊したが実験施設を破壊するだけ。北朝鮮は非核化に合意したが、世界が非核化を実感する様な成果は得られていない。実感できない原因は製造施設を見せていないことと、製造施設を破壊していないことが原因。 ■北朝鮮は反応を見てい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

韓国軍弱体化狂想曲が始まった

タイトル:韓国軍弱体化狂想曲が始まった 氏名 上岡 龍次 ■韓国政府の決断 韓国政府は韓国軍を約12万人削減することを決定。しかも2022年までに削減する計画だから、急激な韓国軍弱体化政策と言える。しかも削減するのは韓国陸軍が大半。韓国政府としては南北融和の証のようだが、韓国軍の弱体化が北朝鮮を喜ばせるとは気付かないようだ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

核兵器削減の基準

タイトル:「核兵器削減の基準」 ■予定される米ロ核兵器削減協議 トランプ大統領は7月16日にロシアと核兵器削減を協議する予定。核兵器は何度も削減協議が行なわれるが、核兵器全廃には至らない。核兵器は脅し用の兵器になった以上、容易には手放せない兵器になった。 トランプ大統領の思惑はともかく、プーチン大統領も協議には応じるだろう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プーチン大統領はどうする?

プーチン大統領はどうする? ロシアは米英仏がシリアを攻撃すれば反撃すると威嚇した。これで反撃しなければロシアの立場が低下する。ロシアは戦争できない国だと認識されたら終わり。ロシアは二正面作戦どころか、悪ければ三正面作戦をアメリカから強要される。 プーチン大統領の対策は、ロシアと北朝鮮で核兵器のシェアリングすること。1950年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北朝鮮の核兵器シェアリングに備えよ

タイトル:「北朝鮮の核兵器シェアリングに備えよ」 ■核兵器に依存する北朝鮮 北朝鮮は非核化するのか?パワーバランスの視点から見れば、北朝鮮が核兵器を放棄することは有り得ません。北朝鮮は通常戦力でアメリカに劣るから、核兵器を放棄すれば相手にされる価値を持ちません。 国家戦略=外交×軍事 国家戦略の中身は軍事を背景にした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

過去のパターンだとトランプ大統領は主導権を失う

制限戦争論:キッシンジャー(アメリカ) 「交渉と戦闘は段階的に推進すべき。戦略の目的は敵政治意志の譲歩であって敵軍の撃破ではない」 トランプ大統領は制限戦争を採用しているから、北朝鮮の対応に合わせて交渉と軍事的恫喝を段階的に進めています。制限戦争は理屈として正しいのですが、経験則から見ると間違った対応です。 1950年代の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1950年代と現在の一致

1955年? ペンタゴンは西欧戦域の戦闘において戦術核を使う戦闘が行われ、戦闘がエスカレートして国土戦域における戦略核の相互攻撃に発展するシナリオを元に戦争計画を立案する。 米政治家はペンタゴンからの報告を受けると、戦術核攻撃と戦略核攻撃の段階的使用という段階抑止戦略を発表する。キッシンジャー博士は、政治理論的に段階抑止戦略を支…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北朝鮮の交渉ネタ

トランプ大統領は北朝鮮の非核化を求めている。それには北朝鮮の原発も含まれているのか?北朝鮮の電力不足は末期的だから、原発まで廃棄させたら北朝鮮の電力は無いも同然になる。 北朝鮮は必ずこの点をアメリカに要求するはずだ。北朝鮮の原発まで廃棄させるなら、代わりに火力発電所建設と燃料を求めるはずです。北朝鮮の原発を維持するなら、アメリカは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

核兵器のシェアリング

核兵器をシェアすればどうなるのか? 核兵器が拡散するのか?もしくは核兵器が減少するのか? 核兵器のシェアは、核兵器の拡散を阻害します。核保有国は増えることが無く、既存の核保有国限定になると思われます。新規に核保有国になると拒絶されるが、既存の核保有国と核弾頭をシェアすれば拒絶されません。これはアメリカ・ロシア・中国などの核保…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北朝鮮は中国と核弾頭をシェアするのでは?

北朝鮮の金正恩が中国を訪れたことが明らかになった。それに合せるかのように、北朝鮮はプンゲリ核実験部隊を半減するニュースが流れました。これは意図的に仕組まれた流れだから、北朝鮮による首脳会談を意識したパフォーマンスと思われる。 北朝鮮が核保有国になると困るのはアメリカだけではありません。北朝鮮が核保有国になると、中国も困るのです。何…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北朝鮮は核兵器を放棄しない

私は、北朝鮮は核兵器を放棄しないと断言できます。 国家戦略=外交×軍事 外交は軍事力を背景に行うから、軍事力無き外交は相手にされません。軍事力が無くなれば、それは敗北であり和平交渉に応じるだけの立場です。 北朝鮮が核兵器保有に固執する理由は、核兵器が軍事力の代わりになるからです。 国家戦略=外交×軍事(核兵器) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冷戦時代になるかならないかの基準

アメリカとロシアは核兵器開発でお互いに恫喝しています。現段階は核兵器を用いた恫喝ですが、真に核兵器を優先しているかは不明です。表向きは威勢良く核開発を見せつけて、実際は実験室レベルかもしれません。 国家戦略=外交×軍事 外交は軍事力を背景に行います。だから北朝鮮の様に通常兵器で劣る国は核兵器に依存します。ですが核開発を優先す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

核兵器が使われない理由

2月:トランプ大統領 「米国や同盟国が通常兵器などによる攻撃を受けた場合の反撃にも核使用を排除しない」 3月:プーチン大統領 「ロシアやロシア同盟国に対する核兵器の使用は、どんな攻撃であれ、ロシアに対する核攻撃とみなし、対抗措置として、どのような結果を招こうとも即座に行動に出る」 アメリカが発言すれば、ロシアも反応してい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more