テーマ:政治

香港デモを武力鎮圧する日

■長期化する香港デモ  2019年6月から始まった香港デモは終わりが見えない。しかもデモの規模は拡大し、8月になるとゼネラル・ストライキまで実行された。これは学生デモの領域ではなく、公務員まで参加する大規模な政治運動になっている。 ■武力鎮圧は可能  香港デモは一部が暴徒化。これで世界からの印象が悪くなり、トランプ大統領は暴徒…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

香港の武力鎮圧が近いのか?

中国軍、香港「威嚇」の動画 デモ隊制圧をイメージか https://this.kiji.is/529395208682603617 世界は冷淡だ。これだけアピールしても批判していない。これは武力鎮圧が近いことを示唆している。私が鎮圧部隊を指揮する立場なら無力化ガスを使う。さらにドローンに無力化ガスを搭載させ、暴徒の集団の上に投下…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イランは濃縮ウランを交渉材料にした

■イランからの条件  イランは低濃縮ウランの基準を破った。これは交渉材料にするか、核兵器を製造する高濃縮ウランへの道。イランは危機を煽ると同時に、濃縮ウランを交渉材料にした。交渉材料が無ければ作れば良い。イランは濃縮ウランを交渉材料に、ヨーロッパに対して譲歩を求めている。 核合意の「制限破り」撤回に条件 イラン、仏に書簡 ht…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

香港デモ参加者を白服集団が襲撃、45人負傷 三合会か、警察到着は1時間後

香港デモ参加者を白服集団が襲撃、45人負傷 三合会か、警察到着は1時間後 https://www.afpbb.com/articles/-/3236243?cx_part=top_topstory&cx_position=1 中国共産党が武力鎮圧すれば世界から批判される。だがマフィアを用いた鎮圧なら世界から批判されない。それ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

動かぬトランプ大統領

■世界の動き  トランプ大統領は強気の発言が目立った。北朝鮮に経済制裁、中国には追加関税、イランには経済制裁で挑んだ。これでトランプ大統領が主導権を持った。だが長期化すると主導権を相手国に渡すパターンになっている。  トランプ大統領イラン空爆を土壇場で攻撃中止。中国との米中貿易戦争も土壇場で休戦。世界はトランプ大統領への対応策に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

矛盾するアメリカ

■ホルムズ海峡を護る  アメリカはホルムズ海峡を護る目的で、アメリカ海軍主導の有志連合を計画。これはイランから民間船を有志連合で護るのだが、トランプ大統領の発言と矛盾している。 ■トランプ大統領の発言  トランプ大統領はアメリカ軍が外国の民間船を護ることを嫌い、各国が独自にタンカーを護れと発言している。 ■アメリカ海軍主…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人権を否定する中国共産党の醜態

■報道されない事実  報道機関の多くが中国共産党の影響下に置かれている。だから中国を批判する報道は一部からしか知ることはできない。特に民主化や人権に関する報道は制限される。香港は民主化を求めているが、歌手の演説を中国共産党は妨害する。歌手ならば有名人なので影響力が有る。だから中国共産党は、国連の場でも平然と妨害する。 香港民主派…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国共産党は暴徒鎮圧の大義名分を手に入れた

■デモの暴徒化  7月1日に香港デモが行われた。だが、この日の香港デモは一部が暴徒化し建物内部に突入。デモ隊は一時的に建物を占拠するまで行動が拡大した。政府施設に侵入し選挙する行為はデモではない。香港デモはこの日から暴徒になった。 ■何かがおかしい  香港のデモ隊は議会である立法会に突入した。この段階でデモから暴徒に変わった。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

指導者と議長は別物

指導者と議長は別物。G20は議長が進行するから安倍首相は議長として任務を果たした。議長は皆の話を聞き多数決で決める程度。安倍首相に文句を言っても無駄。 G20は必要か? 大阪サミットで無力さ浮き彫りに https://www.afpbb.com/articles/-/3232883?cx_part=top_topstory&cx…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

香港から脱出すべきだ

■G20で見捨てられた人権問題  G20は中国の人権問題を扱わなかった。アメリカのトランプ大統領も、G20で習近平主席を攻めることもしなかった。各国は粛々と環境と経済問題を話すだけ。各国は中国に挑むことを回避した。 ■習近平主席は勝者  習近平主席は防御に成功した。トランプ大統領の見た目は怖いが決断できない。それに対して習近平…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トランプ大統領が求める強固な日米同盟

■日米安全保障条約  トランプ大統領は今の日米安全保障条約がアメリカに不利だと文句を言う。だから日本に改善を求めている。だが日米安全保障条約の中身はアメリカが有利で日本が不利な内容。在日米軍はアメリカの国益が目的で駐留しており、在日米軍は日本の防衛目的で駐留していない。 ■トランプ大統領が理解できない世界  トランプ大統領は世…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

習近平主席の反撃が始まる

■逆転劇  トランプ大統領は米中貿易戦争で中国の習近平主席を追い詰めていた。米中が関税を課してもアメリカは困らない。何故ならアメリカはオリジナルを作れるが中国はコピーしか作れない。中国はレアアースでアメリカを脅したが、アメリカはリサイクル・別の国からの輸入などで対抗できるので困らない。  習近平主席は敗北寸前までトランプ大統領に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

グレート・ゲームになった

■強国を捨てたトランプ大統領  トランプ大統領は覇権の意味を知らない。アメリカが築いてきた覇権は、トランプ大統領により悪化無く縮小。トランプ大統領自ら海上交通路の防衛を求めたことは、アメリカが覇権を捨てたことを意味する。トランプ大統領はこのことを理解していないだろう。側近は説明したと思われるが、トランプ大統領は強国アメリカを終わらせた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トランプ大統領は覇権の意味を知らない。

トランプ大統領は覇権の意味を知らない。アメリカは何が目的で軍隊を世界に展開したのか理解していない。トランプ大統領は明らかにアメリカを強国から降ろした。 タンカー防衛は自国で=ホルムズ海峡通過、日本などに要求-トランプ米大統領 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190624-00000127…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国共産党は香港デモを鎮圧する

■香港デモは優勢  香港で逃亡犯条例改正案を巡りデモが継続している。香港市民は改正案に反対し撤回を求めている。このデモは中国共産党と香港市民の代理戦争。だから民主化を求める香港市民と独裁を進める中国共産党との対立でもある。  民主化を求める香港市民は多く、初期段階でデモを鎮圧することはできなかった。それどころかデモ参加者は増加し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国の沈黙は嵐の前の静けさか

■200万人近いデモ  香港でデモが続いているが、6月16日のデモは200万人近い人数が集まったらしい。香港人が民主主義を求め、中国共産党による独裁を拒む姿を見ることができる。中国共産党がこれまでしたことを知るからこそ、香港人は民主主義を維持しょうとしている。 ■易姓革命の兆し  人が集まれば易姓革命の種。香港のデモは明らかに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アメリカは強国ではなくなった

■決断できないトランプ大統領  6月17日になった。この段階でトランプ大統領イラン空爆を決断していない。つまりトランプ大統領は世界のリーダーでは無いことを意味している。強国は決断で世界を導く。だから世界のリーダー。  トランプ大統領は世界の同意を求めることを撰んだ。これは多数決を選ぶ議長。トランプ大統領はアメリカを世界のリーダー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

香港は第二のウイグルになる可能性が有る。これを放置できるのか?

香港は第二のウイグルになる可能性が有る。これを放置できるのか? 香港デモ、参加者は「デジタル断ち」 当局の追跡警戒 「新疆化」恐れる声も https://www.afpbb.com/articles/-/3230038?cx_part=top_category&cx_position=2 香港は第二の天安門を超えて第二…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウイグル人が求める民主主義は何か?

分離独立だとしても、東トルキスタンが採用する民主主義は大陸国家型の民主主義になります。下記は大陸国家型と海洋国家型で共通する部分。 人間としての条件  制限の範囲内の自由:人間・個人主義  無制限の自由   :獣・利己主義 ↓ 社会  制限の範囲内の自由を選んだ人間同士の共同体。 ↓ 政治  個人の利益よりも全体の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

粘り強い交渉で北方領土が戻るのか?

■これが現実  ロシアは北方領土を返還する気は無い。それなのに粘り強い交渉をすれば返還に応じる根拠は何か?ロシアは北方領土のインフラ整備を進めている。この現実を理解すべきだ。 北方領土4Gサービス開始 実効支配を懸念 https://www.msn.com/ja-jp/news/world/北方領土%ef%bc%94%ef%…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

これが国際社会

これが国際社会。 サウジ、イエメン武装組織空爆=送油管攻撃の報復 https://www.msn.com/ja-jp/news/world/サウジ、イエメン武装組織空爆%ef%bc%9d送油管攻撃の報復/ar-AABrueI 国家の安全保障 1:国家の尊厳と独立が外交によって解決できない時は、軍事力を用いて国家の尊厳と独…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

丸山議員の戦争発言

■戦争発言で批判を浴びる  日本維新の会に所属する丸山議員が北方領土に関し、戦争で取り戻す発言をした。発言直後から批判され、丸山議員は無所属で活動することになった。戦争発言で批判する者たちは国際社会を知らないで批判する。さらに話し合いで北方領土を取り戻す具体的な案も無い。  だが戦争は悪だと断定して丸山議員を批判した。全ての戦争…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フランスとイギリスが模索する覇権回復

■過去の栄光  フランスとイギリスは世界の中心だった歴史を持つ。だが国力を失い世界の中心になることは難しい。世界の中心とは、今の平和のルールを作る国。他の国は自国が作った平和に従う。  今のフランスとイギリスは過去の栄光を取り戻そうとしている。フランスとイギリスはそのために軍隊を海外に派遣している。何故なら軍隊を派遣できる範囲が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more