国民は切り捨てられた

武漢ウイルス(COVID-19)が日本全国で、蔓延・医療崩壊・感染死が揃うと緊急事態宣言を出す様だ。これでは後手で無意味。安倍首相は、先手の策で感染爆発阻止を考えていない。日本全国で医療崩壊するまで諦めろ。一部でも残れば緊急事態宣言は出ない。

与党と野党が仲良く緊急事態宣言に反対。武漢ウイルス(COVID-19)対策で感染爆発を阻止することに反対。先手の策で感染爆発阻止に反対。国民が苦しむことは、与党と野党は仲良く賛成。これが日本の政治家だ。

東京都の医療関係者が武漢ウイルス(COVID-19)に感染。これで対応能力が低下。感染爆発すれば、直後に医療崩壊。これで高齢者は助からない。軽症者すら助からない。緊急事態宣言で感染爆発阻止の考えは無く、感染爆発するまで放置。先ずは東京都民から大量死。

東京都は首都から死都になるだろう。武漢ウイルス(COVID-19)の感染爆発しても、全土で蔓延・医療崩壊・感染死になるまで緊急事態宣言は出ない。そのための阻止は思考の外。これは与党・野党で一致した方針。

"国民は切り捨てられた" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント