日本政府の武漢肺炎(COVID19)対策は後手後手

同じ県で武漢肺炎(COVID19)の感染報告が続く。今なら、都市単位の封鎖で封じ込めが可能。先手なら県単位の封鎖になる。東京都も封鎖が必要だが、日本政府は後手後手。

態勢整備は後手の策。武漢肺炎(COVID19)には都市閉鎖か県封鎖が先手の策。疫病は法理ではなく戦争の戦理が有効。武漢肺炎を大きく包囲し、段階的に包囲の輪を小さくする。

https://twitter.com/kyodo_official/status/1229329711832059907

検査件数の増加が武漢肺炎(COVID19)に対する先手の策なのか?ならば日本の感染拡大を止められない。都市封鎖・県封鎖をしないのか?封じ込めが対策なのに実行しない。

https://twitter.com/nhk_news/status/1229338455265566720

湖南省も武漢肺炎(COVID19)の感染者が1000人超え。感染地図を見ると、中国全土からの入国禁止は最善の策。既に後手の策だが、実行した方が良い。戦争を研究する私から見れば、日本政府は先手の策を使ったことが無い。

https://twitter.com/box217/status/1229345832572293120

"日本政府の武漢肺炎(COVID19)対策は後手後手" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント