戦争を売られたトランプ大統領

■戦争を売る金正恩
 北朝鮮の金正恩はトランプ大統領に戦争を売りつけた。戦争が嫌なら譲歩しろ。金正恩はトランプ大統領が戦争回避を目的に譲歩すると思い込んでいる。だから非核化協議の中止を臭わせる。

さらに北朝鮮は弾道ミサイルを発射可能な潜水艦建造まで臭わせる。これは明らかにトランプ大統領に戦争を売りつける行為。

■戦争を売られたトランプ大統領
 トランプ大統領の見た目は怖いが戦争嫌い。国の金でも戦争は無駄だと考えている。だから大義名分を得てもイラン・北朝鮮を攻撃しない。シリアに攻撃したが規模としては小さい。トランプ大統領は国の金でも戦争で金を消費したくない。これを徹底している。

 トランプ大統領は軍事的圧力で相手国を脅し、政治的な譲歩を求める制限戦争を選んでいる。脅すことで相手国が譲歩するなら安い。

■見誤る金正恩
 第二回米朝首脳会談までは北朝鮮とアメリカは対立し、トランプ大統領の軍事的圧力で金正恩は譲歩した。緊張が段階的に下がり、話し合いで非核化が実現するように見えた。だが金正恩の時間稼ぎが成功しただけで、非核化など考えていない。

 根拠は真に非核化するなら、核製造施設と弾道ミサイル製造施設を公開した跡破壊する。実際には実験施設を公開し破壊しただけ。

 金正恩はこれまでの成功を根拠にトランプ大統領を脅している。だがトランプ大統領は譲歩しない。第二回米朝首脳会談が緊張の底だから、これから段階的に対立関係が激しくなる。

■ベネズエラ
 今のベネズエラは政情不安。無政府状態に近いから、アメリカ軍を軍事投入すると国際社会は肯定する。アメリカはベネズエラ駐在の外交官全員を出国させた。これで外交官が人質になることは無い。

 そうなれば、アメリカ軍をベネズエラに軍事投入することが容易になった。アメリカ軍をベネズエラに投入すれば人道支援になる。ベネズエラ国民を独裁者から救うから、ベネズエラ国民はトランプ大統領に感謝する。
 
■軍事的圧力に使える
 金正恩がトランプ大統領に戦争を売りつけたなら、トランプ大統領はベネズエラに軍事投入して金正恩を脅すことが可能。金正恩はこれまでのトランプ大統領を見て、ベネズエラさえ手を出さないと判断した。だから金正恩は強気になった。

 トランプ大統領はベネズエラに軍事投入すれば、金正恩は驚いて譲歩する可能性が有る。だがベネズエラにさえ軍事投入しないなら、金正恩は更に強気に出る。つまりベネズエラは今後を占う材料になった。


私のnoteとフェイスブック
note:https://note.mu/war2600
フェイスブック:https://www.facebook.com/ryuji.ueoka

"戦争を売られたトランプ大統領" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント