中国共産党の人間狩り

■批判される中国
 中国はウイグルでテロ対策を強化。これまでは誤魔化せたが中身が人権弾圧だと明らかになった。そうなると国際社会から批判を浴びるようになった。だが中国共産党はテロ対策強化すると反論する。

■易姓革命対策
 中国共産党が怖れるのは易姓革命。人が集まれば易姓革命の種だから、人を集める伝統は排除すべき価値。だから民族性・宗教は排除対象。気功団体である法輪功でさえ、人を集めるから排除対象になる。

 権威である宗教は命令しなくても人を従わせる。信仰は権威だから、命令しなくても崇拝する。中国共産党はこれを危険視する。中国共産党の社会主義・共産主義は権力。権力は命令しても従わない。

 ならば権威である宗教を排除し、宗教を権力である社会主義・共産主義に適合させる。これは中国共産党が神になることであり、中国共産党を神として崇拝させる民族性抹殺を進行中。

 すべては易姓革命対策。同じ崇拝するなら中国共産党を崇拝すれば良い。伝統である法輪功を信じるなら中国共産党を信じれば良い。これで易姓革命は無くなる。だから中国共産党は攻撃的に伝統を否定する。

■利益
 強制収容所に危険人物を集めて矯正すれば民族性抹殺ができる。強制収容所に集めれば新鮮な臓器を集めることも可能。常に新鮮な臓器を集めれば、適合する患者に合わせて最短時間で臓器を供給可能。

 強制収容所で職業訓練を行えば無賃金で生産可能。労働者が無賃金ならば商品が安くても利益が生まれる。強制収容所で100万人働けば、中国経済を裏で支えることが可能。

 強制収容所は金持ちのための臓器供給源。強制収容所は金持ちが金を得るための供給源。中国共産党では党員の金持ちだけが人間であり、それ以外は家畜なのだ。

■人間狩り
 中国共産党は常に金を求めている。アメリカに対抗して南シナ海で覇権を拡大中。これには軍事費が必要だ。この軍事費に強制収容所で得た金が使われる。中国共産党がウイグルでテロ対策を強化する意味は、「ウイグルで人間狩りを強化する!」意味になる。

 ウイグルでテロ対策を強化して人間狩りを拡大。これは、さらに金集めをすることを意味する。中国経済が危険ならば、人間狩りを強化して収入を増加させたいのだ。


私のnoteとフェイスブック
note:https://note.mu/war2600
フェイスブック:https://www.facebook.com/ryuji.ueoka

"中国共産党の人間狩り" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント