1984は中国に存在する

■小説の世界ではない
小説1984は全体主義による独裁の世界。この世界が中国に存在することが恐ろしい。社会主義・共産主義は全体主義になり、異質な思考を排除する。支配方式は個人による独裁か集団指導体制のどちらか。

社会主義・共産主義を賛美する者は、チベット・ウイグル・法輪功の悲劇を無視すべきではない。中国共産党が実行している人権弾圧を直視すべきだ。

■在日ウイグル人の翻訳
https://www.rfa.org/uyghur/xewerler/qanun/xitayda-uyghur-mehbus-02072019165153.html?fbclid=IwAR0VIwflg9jICT1SNLVaqiwbzcKBFKkhf0wtAkpI27iN1cKfRXAtzzhhOZQ

中国陝西省の崔家溝監獄にウイグル地区から移送されたウイグル人が投獄されていることが明かされた。

先日「寒冬」ネットが、ウイグル地区から一部のウイグル人が内陸部の監獄に移送されたことを報道した。この報道内容には、移送場所や、移送方法などが含まれていた。

今回の報道では、陝西省の崔家溝監獄にもウイグル人が移送され、投獄されていることが発表された。

当ネットニュース局の1月3日の報道によると、陝西省銅川市の崔家溝監獄に3000人のウイグル人の移送が確認された。当地区住民のネット記者に対して明かされた情報によると、ウイグル人を専用列車に乗せて西安市に移送し、そこから軍の輸送車で崔家溝まで、夜間に移送されたようである。

当ネットニュース局に提供された情報では、移送されて来たウイグル人は厳格に管理されており、トイレまでカメラで監視され、食事は1日に1食のみ与えられているということである。

RFA記者が当監獄に電話取材したところ、質問に答えることはできない、責任者に引き継ぐこともできないと、質問への回答が拒否された。

ただし、10分間の電話取材の間、ウイグル人が投獄されていることについては否定はしなかった。

事実を明確にするため、陝西省の監獄管理局に電話取材したところ、崔家溝監獄はどこにあるとの質問には、銅川市にあると回答、そこにウイグル人が投獄されているかとの質問には、そうだと回答した。

■罪状は何か?
監獄に移送された3000人の罪状は何か?真に犯罪者ならば罪状を世界に公開できる。名前と顔を公開できる。公開できないのはテロ対策を名目にした人権弾圧ではないのか?

中国共産党はチベット・ウイグルから民族性を抹殺している。小説1984の101号室と同じことが収容所で行われている。だから公にできない。

■真偽を確かめよう
中国共産党の行いが真か嘘か確かめるべきだ。社会主義・共産主義を崇拝する者は真偽を知るべきだ。何故黙認する?社会主義・共産主義は世界を豊かにしたのか?独裁者を生み出しただけではないか。

"1984は中国に存在する" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント