中国共産党の人権弾圧疑惑を無視するのか?

日本では南京大虐殺や従軍慰安婦などが騒がれる。証拠も無いのに疑惑だけで大騒ぎ。だが中国共産党の関与が疑われると騒がない。

証拠も無いのに従軍慰安婦は人権問題だと騒ぐ。ならばチベット・ウイグル・法輪功への弾圧疑惑も人権問題として騒ぐべきだ。

「ドナーは健康な法輪功だ」「明日でも移植手術できる」闇の中国臓器取引は続く=調査
https://www.epochtimes.jp/2019/01/39183.html

天津の移植病院、新疆ウイグルから来た臓器を使用=民衆法廷で証言
https://www.epochtimes.jp/2019/01/39141.html

イギリスの民衆法廷で臓器移植の闇が扱われている。だが日本のメディアでは知ることができない。この様なことは海外系メディアでなければ知ることができないのが残念だ。

それに人権が大事ならば無視できない闇だ。

チベット・ウイグルの人権を無視する人権団体
https://vpoint.jp/column/128077.html

中国共産党が黒幕だと疑われている臓器移植。証拠は無いが疑惑が持たれている。チベット・ウイグル・法輪功関係者の証言が大半だが、人権団体は無視できない疑惑だ。

人権団体のスポンサーが中国共産党ならば沈黙する。それでも中国共産党の疑惑に挑む者たちがいる。人権団体は臓器取引を無視するのか?

"中国共産党の人権弾圧疑惑を無視するのか?" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント