トルコとシリアは開戦間近

アサド政権軍がクルド要衝に=対トルコで結束―シリア
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181228-00000124-jij-m_est

これが事実ならば、私が以前からコメントしている国内戦から国同士の戦争になります。

シリア領内のクルド人は連邦制を求めていた。だがシリア政府は連邦制に反対。これで対立していましたが、対トルコ戦で共闘することになった。

シリア軍の作戦構想は北部マンビジで防御戦闘を行いトルコ軍を拘束。シリア北西部から時計回りにトルコ軍の背後を攻撃する方針だと推測します。

イメージとしては右手で敵を掴んで拘束。左手で左フックで攻撃すると言えます。

トルコ東部にはクルド人が多い。仮にトルコ軍とシリア軍が戦闘開始すると、トルコ東部のクルド人も武装蜂起する可能性が有る。そうなればトルコ軍はトルコ領内で対テロ作戦・対ゲリラ戦を行い、シリア領内では正規軍との戦闘になる。

トルコ軍は二正面作戦を強いられる。トルコ軍はこれを想定していると思われる。トルコ軍の対抗策は、トルコ東部でクルド人部隊を先制攻撃すること。これをしなければトルコ軍は二正面作戦で悪ければ敗北する。

シリア軍の悩みのタネはイスラエルによる攻撃。これはイラン革命防衛隊が対応すると思われる。

こんなことがニュースで流れることは開戦間近であることを意味している。開戦すれば中東全域が戦域。第三次世界大戦とは行かないまでも大規模な戦域になる。

"トルコとシリアは開戦間近" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント