アメリカの南シナ海回帰

米軍艦2隻、台湾海峡を航行 中国の反発必至
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181129-00000007-jij_afp-int

インド・太平洋の繋ぎ目はどこか?それは南シナ海。

南シナ海の出入り口になる海峡は緊要地形。台湾海峡はその一つ。南シナ海を出入りする海峡を押さえれば南シナ海を手に入れることが可能。アメリカは一度失った南シナ海の覇権を取り戻し始めている。

台湾海峡は国際海峡の一つだからアメリカ海軍が航行しても国際社会は批判しない。中国がアメリカを批判するのは中国が大陸国家だから。

大陸国家:独占
海洋国家:優先

大陸国家は陸戦思想を海・空にも適用する性癖を持つ。陸戦は燃料が尽きてもその場に留まれる。しかも独占できる。だが海・空は燃料が尽きたら漂流か墜落する。だから海・空は独占できない。

大陸国家は海も独占する傾向が有るので、他国が台湾海峡を使うことが気に入らない。全て独占するから有料か中国の許可が必要なのだ。

中国が南シナ海を独占すると、日本の海上交通路は遮断される。使うならば中国に通行料を払うことになる。それが嫌なら海洋国家アメリカと同盟して海上交通路を守るほうが利益になる。

"アメリカの南シナ海回帰" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント