北朝鮮は非核化しない

タイトル:北朝鮮は非核化しない
氏名 上岡 龍次

■米朝首脳会談後の北朝鮮
北朝鮮は核開発施設を定期的に破壊したが実験施設を破壊するだけ。北朝鮮は非核化に合意したが、世界が非核化を実感する様な成果は得られていない。実感できない原因は製造施設を見せていないことと、製造施設を破壊していないことが原因。

■北朝鮮は反応を見ている
北朝鮮は朝鮮戦争で戦死したアメリカ兵遺骨をアメリカに返還した。だが北朝鮮は一度返還すると言いながら手続きを中止。その後北朝鮮は返還手続きを再開。これは北朝鮮がアメリカの反応を伺っている証。

米朝首脳会談の本来の目的は北朝鮮の非核化。アメリカ兵の遺骨返還は脇役なのだが、今では北朝鮮の非核化が脇役になっている。アメリカ兵遺骨返還が主役になり、北朝鮮の非核化は脇役。この流れは北朝鮮に作られたと見るべきだろう。

トランプ大統領は北朝鮮の非核化は短期間を求めていたが、今では長期間でも良いことに方針を切り替えている。北朝鮮が非核化するなら結果論として正しいのだから、長期間にすれば北朝鮮の機嫌を損ねないと考えたのかも。

■北朝鮮が非核化していない根拠
北朝鮮が真に非核化を選ぶならば、核弾頭製造施設と弾道ミサイル生産施設を世界に公開する。そして核弾頭製造施設と弾道ミサイル生産施設を破壊する。

北朝鮮が破壊しているのは実験施設のみ。見た目の北朝鮮はアメリカとの約束を守っているが、製造施設を破壊しないから北朝鮮の生産能力は維持されている。これが北朝鮮の現実。

非核化の本質は北朝鮮の生産能力の放棄。生産能力さえ無ければ北朝鮮の核戦力は一気に低下する。北朝鮮にも抜け道は有るが、北朝鮮単独で核弾頭を生産する能力の放棄こそが非核化の本質。

■北朝鮮の抜け道
北朝鮮はこれまで生産した核弾頭を隠せば核戦力は維持される。さらに外国から核弾頭を買えば核戦力は維持される。北朝鮮にも抜け道は有るが、北朝鮮は自国が保有している核弾頭の数や種類を世界に公開していない。

北朝鮮が公開しない理由は、生産能力が無いか製造した核弾頭を隠したいからだ。北朝鮮が製造施設を公開すれば生産能力の有無が明らかになる。しかも何が製造できるかの推測も可能。

製造施設を明らかにして北朝鮮の核弾頭保有がハッタリだと判れば、米朝首脳の合意は無価値になる。そうなればアメリカは北朝鮮を攻撃する可能性が有る。だから公開できない。

もしくは過去に製造した核弾頭を隠し、状況が変われば核戦力を直ぐに復活する計画を持っていることになる。そうでなければ北朝鮮は公にしない。

■不確かだから効果が有る
北朝鮮は真に核弾頭の製造能力を持っているのか、製造した核弾頭の真の数などは今も不明。だから北朝鮮の真の核戦力は疑惑に満ちている。全てが推測であり不確かな世界で論じられている。

だが不確かだから核戦力は効力を持つ。地雷も同じで、一個でも地雷が見つかると周囲にも有ると疑われる。何発の地雷が敷設され何処に埋まっているか判らない。これが地雷の効果で、不確かだから敵軍の動きを制限できる。

■世界を躍らす北朝鮮
北朝鮮は核弾頭と弾道ミサイルの製造施設を公開しないことで、北朝鮮の核戦力を隠すことに成功している。さらに製造施設を破壊しないことで、北朝鮮は核戦力を維持していると思わせている。

北朝鮮が明確にすることは非核化の副産物。アメリカ兵遺骨返還は行われたが、これは米朝首脳会談が有効だと思わせるだけ。北朝鮮による実験施設破壊も米朝首脳会談が有効だと思わせるため。

■北朝鮮を信用するな
北朝鮮は製造施設を破壊しないから核戦力を維持していると見るべき。北朝鮮に核弾頭を生産する能力が有るかは不確かな世界。ならば北朝鮮が製造施設を公開するまで疑えば良い。

北朝鮮が真に約束を守る国ならば、製造施設を公開して破壊すべきだ。そうでなければ北朝鮮は約束を守らない国だと思われる。それが嫌なら北朝鮮は製造施設を破壊しろ。

"北朝鮮は非核化しない" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント