米英仏には戦争の予定は無い

「米英仏には戦争の予定は無い」

米英仏はシリア攻撃を開始。ですが米英仏は兵站線を設定していません。米英仏は現在の艦船から攻撃するだけで、作戦期間は限定されます。米英仏が戦争を前提としていれば、事前備蓄をするはずです。

陸軍1個師団だけで1日2000トン物資を消費するから、師団を対地攻撃で支援すると1日4000トンも消費します。合計で6000トンだから、陸海空の作戦になればさらに増加します。

毎日1万トンから10万トン消費するから、物資を事前備蓄しなければ戦争などできません。今回の米英仏によるシリア攻撃は、戦争ではなく懲罰程度。だから補給は補給艦からしか得られません。

問題なのは米英仏の攻撃に連鎖した、イスラエル・サウジアラビア・イランの対応です。これらの国が戦争を開始する可能性があり、米英仏の攻撃は戦争の呼び水になる可能性が有ります。

イスラエル・サウジアラビア・イランが戦争を開始すれば、海上交通路は危険になります。すると世界経済が影響を受けるから、日本はモリカケ魔女裁判などしていられません。

"米英仏には戦争の予定は無い" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント