原発の必要性

「原発の必要性」
日本の国政に外国を介入させないために原発は必要だ。

■原発事故の影響と対策
日本は福島第一原発の事故から原発反対派が増加しました。原発事故は広範囲を汚染することは知られていますが、除染により生活可能範囲が回復したのも事実です。原発事故は怖いのですが、怖いと言う理由だけで原発を止めることは見当違いです。

事故が怖いのであれば、車の運転もできないし飛行機に乗ることもできません。事故は可能な限り回避可能ですし、事前に事故に備えることで対応が可能です。自然災害は人間の予測を超えますが、一度認識すれば同じ自然災害を基準として安全対策を行えるのも事実です。

■原発の存在理由
原発は何故必要なのか?それは日本の国政に外国を介入させないためです。日本が原発を止めるのは簡単ですが、それには外国から輸入するエネルギー資源を止める必要が有ります。

日本は外国からエネルギー資源を輸入しなければ生きてはいけない国です。だから日本は外国からエネルギー資源を輸入し、日々の生活と生産に使っています。エネルギー資源はその国の生命線であり、日々の生活が国政と直結しているのです。

日本がエネルギー資源を一つの国に依存した場合は、日本が自国のエネルギー資源に依存した段階で値段を吊り上げることが可能です。この様な場合は、日本政府は外国との値段交渉で勝つことは困難です。何故なら特定の国にエネルギー資源を依存していると、急には他国に輸出国の変更ができないからです。

仮に日本政府が輸出国を変更したとしても、新たな輸出国も日本の弱みに付け込んでエネルギー資源の値段を高額にします。これが国際社会だから、日本は複数のエネルギー資源を複数の国から輸入しなければなりません。

原発は唯一日本でエネルギーを獲得できる有力な存在です。水力発電や地熱発電なども日本で可能ですが、大規模に安定した電力供給では不足します。ですが原発は、大規模に安定して電力供給ができる存在なのです。

■原発は外交対策
日本に原発が稼働していれば、日本独自に安定した電力供給ができます。これは特定の国が日本へのエネルギー資源輸出を止めたとしても、日本経済への影響が最小限に止められることを意味しています。

国際社会では、外国に安い料金でエネルギー資源を売り自国のエネルギー資源に依存させます。外国が安いエネルギー資源が当たり前だと認識した時に、突如値段を吊り上げる国も出るのです。

エネルギー資源は戦略物資であり、国民の生活のための商品ではありません。国際社会では、自国のエネルギー資源に依存させて、自国の覇権下に置こうとする国が存在します。だから日本が原発を稼働させる理由は、外国の覇権下に置かれないためです。

■原発反対派は外国の工作員もいる
原発反対派の意見は感情論ですが、中には外国の工作員がいると思った方が良いでしょう。何故なら、日本が原発を放棄すれば、喜ぶのはエネルギー資源を持つ国です。日本に安いエネルギー資源を売り、日本が依存したら値段を吊り上げることが可能なのです。

原発の電気料金が安いのではなく、実際の電気料金は高いのです。その理由は、日本の国政に外国を介入させないためです。原発は外交用であり日本の国政の為、その結果として日本経済と国民の生活保護に繋がっているのです。

"原発の必要性" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント