米中断交の可能性

米国は台湾と政治と経済で接近。米国が経済で中国共産党を捨てれば、米中断交の可能性が有る。国務次官の台湾訪問は、その予兆かも。

https://twitter.com/focustaiwanjapa/status/1306349960774840321

現実主義(realism) :政治・軍事
実用主義(pragmatism):経済

現実主義と実用主義の道具:正義(善悪)の思想

米国は中国市場を捨て、代わりに台湾を選んだ。経済は国境が無いが、政治が介入するなら中国は戦場を意味する。ならば工場を移転するのは当然。

中国市場は大きく魅力を感じた。だから各国は争って中国市場に参入。現実は中国共産党に利益を奪われるだけ。これに気付けば中国市場からの撤退を選ぶ。トランプ大統領が台湾市場は有益だと判断したら?中国市場を捨て台湾を選ぶ。何故なら信用が違う。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント