トランプ米大統領が恫喝外交で中露を脅す意味

私のコラムがView Pointに掲載されました。 コラム:トランプ米大統領が恫喝外交で中露を脅す意味 https://vpoint.jp/world/usa/163304.html トランプ大統領も中露を脅すことで外交をしている。これは相手を譲歩させるだけではなく、交渉カードを作る意味もある。
コメント:0

続きを読むread more

恫喝外交が失敗する中国共産党

私のコラムが大紀元のFBでシェアされました。 コラム:恫喝外交が失敗する中国共産党 https://www.facebook.com/epochtimes.jp/posts/3143603002383290 中国共産党は各国に恫喝外交を行うが失敗続き。逆ギレした中国共産党は、米中戦争を選ぶか弱腰の日本を虐めるかも。そうなれ…
コメント:0

続きを読むread more

トランプ大統領の断行の可能性

トランプ大統領は中国との #断行の可能性 を口にした。武漢ウイルス(COVID-19)対策で対立しているし、米国上院でウイグル人権法案が可決。中国共産党は面子か食料かの二者択一を迫られた。面子を選べば米中戦争の可能性。しかし食糧不足で人民の暴動の可能性有り。食料を選べば威厳低下。 武漢ウイルス(COVID-19)対策だけではなく、…
コメント:0

続きを読むread more

武漢ウイルス(COVID-19)の影響で経済のV字回復は有り得ない

経済のV字回復は有り得ない。V字回復の条件は、武漢ウイルス(COVID-19)が世界同時の終息。現実は国ごとに差が有るから、3年後から回復傾向。日本国内なら、抑制県同士の経済圏で大応するしかない。つまり市場縮小で消費は減少。日本は夏までに抑制できれば良いが、第二波が来れば大企業すら倒産する。 武漢ウイルス(COVID-19)感染拡…
コメント:0

続きを読むread more

中国で武漢ウイルス(COVID-19)第二波感染拡大の可能性と日本の対応

中国は武漢ウイルス(COVID-19)対策として三都市を封鎖。日本のメディアは、春節の時と同じで扱いが低い。今回も感染拡大の危険性を報道しない。中国共産党は、今回も事実を隠蔽していると見るべきだ。実際の感染状況は、もっと酷いかも。 https://twitter.com/liyonyon/status/12604303949372…
コメント:0

続きを読むread more

都市封鎖解除と自由と民主主義を見る

アメリカの各地で、都市封鎖解除を求める騒ぎが発生。自由と民主主義の基準から見れば、利己主義による多数派工作だと言える。 https://twitter.com/ReutersJapan/status/1257109191371575296 人間としての条件  制限の範囲内の自由:人間・個人主義  無制限の自由   :獣・…
コメント:0

続きを読むread more

墓穴を掘る中国共産党

私のコラムが大紀元のFBでシェアされました。 コラム:墓穴を掘る中国共産党 https://www.facebook.com/epochtimes.jp/posts/3109443065799284 中国は資金力を活かして覇権を拡大した。だが武漢ウイルス(COVID-19)パンデミックで墓穴になった。
コメント:0

続きを読むread more