日本政府の武漢肺炎(COVID19)対策は後手後手

同じ県で武漢肺炎(COVID19)の感染報告が続く。今なら、都市単位の封鎖で封じ込めが可能。先手なら県単位の封鎖になる。東京都も封鎖が必要だが、日本政府は後手後手。 態勢整備は後手の策。武漢肺炎(COVID19)には都市閉鎖か県封鎖が先手の策。疫病は法理ではなく戦争の戦理が有効。武漢肺炎を大きく包囲し、段階的に包囲の輪を小さくする…
コメント:0

続きを読むread more