香港市民は無人権状態になり始めた

香港市民が何をした?攻撃用武器で警察を攻撃したのか?容疑が無ければ拘束・逮捕・攻撃はできない。さらに証拠が必要。香港警察は市民の生存権を否定。現場判断で何でもできるなら行政・立法・司法の三権分立は存在しない。

https://twitter.com/HKnewsJP/status/1170581081604546562

警察で証拠を集めて犯人を逮捕する。警察が証拠と容疑者を検察に渡す。検察は犯罪に適した刑罰を判断。裁判官は犯罪が成立するか?本当に犯人かを判断する。疑わしきは罰せず。これが本来の流れ。ならば香港の司法は存在しない。

表向き香港は夜間外出禁止令・戒厳令は無い。実際は適用されており、夜間歩くだけで犯罪者と見なされる。香港は三権分立(行政・立法・司法)と市民の人権が無い世界だ。香港はウイグル化が進んでいる。

港警察がこれだけのことをしている。だが国際社会は沈黙。私はこの現実が怖い。各国の政治家は何故香港警察の無差別攻撃を批判しない?


私のnote・フェイスブック・ツイッター
note :https://note.mu/war2600
フェイスブック:https://www.facebook.com/ryuji.ueoka
ツイッター  :https://twitter.com/box217

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント