サウジアラビアの石油生産の影響

修理すれば生産再開できる。問題はフーシ派が修理妨害目的で攻撃をすること。修理中にドローン攻撃すれば良いだけ。サウジアラビアとアメリカがイランに対して攻撃的になるかも。

https://this.kiji.is/545716030423041121

イランはフーシ派を支援して間接的な戦争をしている。フーシ派がドローン攻撃を継続すれば生産再開は困難。そうなれば石油価格だけではなく世界経済に打撃を与える。

戦争の方法は多彩。軍隊同士が戦闘する直接的な戦争だけではない。サウジアラビアの石油生産が減少すれば、世界を巻き込んだ混乱を生む。これはイランがアメリカに仕掛けた間接的な戦争だ。

間接的な戦争の長所は証拠が無い。状況証拠だけだから批判しかできない。これが国際社会。


私のnote・フェイスブック・ツイッター
note :https://note.mu/war2600
フェイスブック:https://www.facebook.com/ryuji.ueoka
ツイッター  :https://twitter.com/box217

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント