香港の独裁と自由

思想・信条・宗教に忠実な者ほど攻撃的。何故ならこれらは理想であり仮説を前提に組み入れて成り立っている。現実は仮説に合わせない。それでも強引に実現しようとするから攻撃的になる。イデオロギーで生きる者が攻撃的な理由です。中国共産党(香港政府)もこの思考で民主派を逮捕する。

子供が親から独立する自由(liberty from)は己が働き家族を養う世界。対等に主張する自由(liberty to)は思想の世界。共通しているのは制限された範囲内の自由。中国共産党の独裁は全ての自由を奪う。香港人は対等に主張する自由を求めている。これが原因で対立は激化する。

自分が正しくてお前が間違っている、と言うから戦争になる。貴方が正しくて私が間違っている、と言えば戦争にならない。自分を否定すれば自殺か独裁。誰もが自分は正しいと主張する。

だから戦争は世界から消えない。香港人は独裁・自殺を否定した。香港人が求めるのは自由。チベット人・ウイグル人も自由を求めている。

これは話し合いでは解決しない。


私のnoteとフェイスブック
note :https://note.mu/war2600
フェイスブック:https://www.facebook.com/ryuji.ueoka

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント