アメリカの顔に泥を塗る韓国

■謎の上から目線
 韓国は軍事情報包括保護協定(GSOMIA)を破棄した。韓国から見れば日本への報復なので、日本が困ると思い込んでいる。さらに謎の上から目線で日本を批判。いつものことだが、韓国は自滅の道を進んでいる。

「大統領演説に日本は感謝もない」 韓国高官が破棄釈明
https://www.asahi.com/articles/ASM8R5FP1M8RUHBI01V.html?iref=comtop_8_06

■アメリカの仲介
 GSOMIAはアメリカの仲介で作られた条約。そのため、韓国と日本が必要としたから作られた条約ではない。軍事用の情報共有は在韓米軍を中継し、アメリカ・韓国・日本で共有していた。だがアメリカの都合で、在韓米軍抜きでも情報共有ができるようにしたのだ。

 重要性の高い軍事情報を共有するとしても迅速さは求めない。韓国と日本が在韓米軍に情報を提供し、在韓米軍が必用な情報を韓国と日本に渡す。何故なら在韓米軍が司令官なので、常に在韓米軍を中継することになる。

 だが在韓米軍が撤退するなら、韓国と日本が情報共有しなければならない。アメリカは在韓米軍撤退を前提にするから、アメリカの仲介でGSOMIAを作らせた。韓国政府はこのことを理解していない。

■アメリカの顔に泥を塗る
 日本は韓国をホワイト国から除外。これに怒った韓国政府は、国際条約であるGSOMIAを報復の道具にした。報復するのは良いのだが、アメリカの仲介で作られたGSOMIAを破棄したのは意味不明。

 韓国政府は日本が困ると思ったが、実際はアメリカ政府の顔に泥を塗ることをしただけ。GSOMIAはアメリカの仲介だから、アメリカを否定したのだ。日本への報復としては有り得ない。謎の思考で日本限定の報復だと思い込んだ。

 韓国のGSOMIA破棄はアメリカに限定した報復。だから日本は何も困らない。しかも謎の上から目線で日本に反省と感謝を求めている。困惑するのはアメリカで、韓国政府を制御することができない状態になっている。

■謎の思考
 韓国政府はアメリカ政府と交渉し、その後GSOMIAを破棄したらしい。韓国政府の立場では「アメリカ政府の許可」が有ったことになっている。だがアメリカ政府の反応は真逆。韓国政府とアメリカ政府が交渉したのは事実だとしても、「韓国政府の思い込み」だろう。

 アメリカ政府としても韓国政府の思い込みに苦労している。だからアメリカ政府関係者は、メディアを用いて批判している。韓国政府と韓国国民は現実を理解すべきだ。



私のnoteとフェイスブック
note :https://note.mu/war2600
フェイスブック:https://www.facebook.com/ryuji.ueoka

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント