トランプ大統領は外交が下手

イランがイギリスに報復すれば、イランが不利な立場になる。イギリスは経済制裁を根拠に拿捕。イランは単なる報復だから国際社会から批判される。

イラン、解放なければ英タンカー拿捕すべき=革命防衛隊
https://jp.reuters.com/article/mideast-iran-tanker-commander-idJPKCN1U0107

とは言え、イランは外交的に出口も無いし逃げ道も無い。イランは外交的に閉じ込められた状態。トランプ大統領は外交が下手。国内の法廷闘争ならば使える策だが、国同士の作では使わない。

トランプ大統領が譲歩しなければイランは交渉できない状態。

戦前のアメリカは日本を追い詰めて日本から戦争するように仕向けた。日本を追い詰めたが出口を用意。これは相手国から戦争を開始させる古典的な策。だが当時の日本は古典的な策すら知らなかった。日本から開戦したことで日本は悪の国にされた。

国際社会では軍隊を用いて先に開戦する国は悪の国にされる。何故なら今の平和を否定するから悪の国になる。これが国際社会。だから各国は自国から開戦しないで、相手国を怒らせて開戦するように仕向ける。

古典的な策なら対抗策も存在する。各国は自国から開戦しないで、対向することを選んでいる。だから容易には戦争は始まらない。

だがトランプ大統領がイランにしたことは、イランを追い詰めて閉じ込めた。これでイランは対応策すら使えない。イランは正規軍ではなく革命防衛隊を用いて対応するだろう。

何故なら革命防衛隊は宗教組織の私兵。国際社会では義勇兵扱いだから戦争に該当しない。イランが選べるのは革命防衛隊を用いた間接的な戦争だけ。



私のnoteとフェイスブック
note :https://note.mu/war2600
フェイスブック:https://www.facebook.com/ryuji.ueoka

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント