中国共産党はフェイクニュースを悪用するか?

■フェイクニュース
 ネットで人民解放軍が香港に入ったとされる動画が流れた。だが香港からは肯定する報道が出ていない。動画からは日時が特定できないのでフェイクニュースと思われる。

<速報>7月24日
本日未明から午前にかけて、人民解放軍の装甲車及び兵員が、香港に入った模様です。また、中国国防省は、記事会見において、香港問題で人民解放軍の出動の可能性を示唆しました。(アムール通信香港支局)
https://twitter.com/AsiaShinbunsya/status/1153940783625469953

■意図的なフェイクニュースの可能生
 人民解放軍が香港に侵攻した動画がフェイクニュースだと判れば、多くの人は安心する。だがフェイクニュースだからと言って安心できない。

 第二次世界大戦時の北アルプス戦線でイギリス軍とドイツ軍が戦闘していた。イギリス軍はドイツ軍側に攻撃計画を立てる。そこでイギリス軍は偽陣地を作る。本来の偽陣地は補給基地だと思わせることが目的。

 イギリス軍はドイツ軍に偽陣地を見せ付け、偽陣地が攻撃の主力だと思わせようとした。だがドイツ軍の偵察隊が偽陣地を見破った。この情報をドイツ軍司令部が受け取ると、「イギリス軍は別の方向から攻撃する」と判断した。

 これでイギリス軍は不利になった。だがイギリス軍の司令官は違った。偽陣地がバレたならば、偽陣地を本当の陣地に変えて、そこから攻撃する計画に変更した。

 イギリス軍は急遽偽陣地を本当の陣地に変えて、攻撃部隊も移動する。当然ドイツ軍偵察隊に察知されるが、ドイツ軍司令部は偽陣地からの報告を無視。何故なら、最初の情報で偽陣地を判明した。だから偽陣地に関する報告は軽視された。これでイギリス軍の攻撃は成功している。

 フェイクニュースは明らかだ。これが香港と世界に認識される。だが真に安心できるのか?中国共産党はイギリス軍の様に、フェイクニュースを悪用して香港に侵攻するかもしれない。

■奇襲効果は有る。
 ネットの動画は中国共産党が意図的に流したものか、フェイクニュースかは不明。だが一度フェイクニュースだと認識されたら、真に人民解放軍が香港に侵攻したら奇襲になる


私のnoteとフェイスブック
note :https://note.mu/war2600
フェイスブック:https://www.facebook.com/ryuji.ueoka

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント