トランプ大統領、イラン制裁「間もなく大幅強化」

トランプ大統領、イラン制裁「間もなく大幅強化」
https://www.afpbb.com/articles/-/3234641?cx_part=top_topstory&cx_position=2

トランプ大統領は状況を悪化させる天才だ。しかも究極のハンバーガーを続けている。

コラム:トランプ流究極のハンバーガー
https://note.mu/war2600/n/ne38cf1921c89

今年の4月から6月までは、アメリカとイランの小さな紛争で終わっていた。アメリカは国際社会の抜け穴を使い、アメリカの先制攻撃でイランを空爆できた。この段階ならイスラエルとサウジアラビアは参戦しない。

だがトランプ大統領は土壇場でイランを空爆しなかった。これで状況が悪化して、ホルムズ海峡付近でタンカーが攻撃され、アメリカの無人偵察機が撃墜された。

アメリカは無人偵察機撃墜の報復でイラン空爆を決意。だがこれも、トランプ大統領は土壇場で攻撃中止。トランプ大統領はイランへの経済制裁を追加するだけ。

見た目は戦争回避に見える。見た目は美しい。

実際は怒りと憎しみを増大させるだけ。風船で言えば、小さな時に穴を空ければ風船は破裂しない。だが風船が膨らんだ状態で穴を空ければ破裂する。これと同じ。

トランプ大統領は風船を大きく膨らませた。これで小さな紛争から中東全体を巻き込んだ大きな戦争に発展する。実際にイスラエルとイランは対立が激化している。イスラエルとサウジアラビアは対立していたが近年は接近した。

だからイスラエル空軍機がサウジアラビア空軍基地からイラン空爆の可能生も有る。そうなれば中東全体を巻き込んだ大きな戦争に拡大する。

「脅威は卵の段階で叩き潰せ」

類似する言葉は各国に有る。「雑草は小さな段階で刈れ」等も有る。大蛇の毒蛇は成長すると退治が難しい。だが卵の段階なら容易に潰せる。イスラエルはイランを卵の段階で潰したい。だがトランプ大統領は戦争回避を選んでイランを成長させいる。

イランは低濃縮ウラン(20%未満)の合意を破った。イランは定められた濃縮ウラン3.06%から4.5%に達した。イランは20%を目指しているのは明らか。

商用 :低濃縮ウラン・20%未満
兵器用:高濃縮ウラン・90%以上

原発で使うなら低濃縮ウラン。核兵器として使うなら90%以上の高濃縮ウランが必用。21%だと兵器としては使えない。たとえ21%だとしても、これは商用が目的ではない。

21%は明らかに核兵器を作る高濃縮ウランを目指す証。

イスラエルはこれを基準hにしている。だからイスラエルはイランを警戒している。しかも卵の段階でイランを叩き潰したいのだ。

トランプ大統領は決断できないから状況が日々悪化している。次の問題はイスラエルがイランを攻撃する条件。濃縮ウランが5%に達したら攻撃するのか?濃縮ウランが10%に達したら攻撃するのか?

低濃縮ウランは20%未満だから、20%に達したらイランを攻撃する条件を満たす。

イスラエルは20%になる前に攻撃する可能生は有る。だが20%以上になれば、いつでも攻撃することになる。だから目安は濃縮ウラン20%。

この状況でトランプ大統領はイランへ追加制裁だと発言。さらに国防総省は有志連合でホルムズ海峡防衛を言い出した。トランプ大統領と国防総省の方針が定まっていない。

トランプ大統領は各国でタンカーを護れと発言した。国防総省は有志連合で護衛。矛盾しているから、各国は対応に苦しむだろう。




私のnoteとフェイスブック
note :https://note.mu/war2600
フェイスブック:https://www.facebook.com/ryuji.ueoka

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント