北朝鮮と国連

■国連は北朝鮮に買収されたのだろう
 北朝鮮は独裁国家であることは知られている。国連が知らないわけではない。北朝鮮の食料生産が悪化して国民への配給が減少すると報告している。その原因は独裁者の無知から来る間違った政策。

 国連は直接批判すべきは金正恩氏。だが国連は批判ではなく悲劇にすり替え、北朝鮮国民を救済する方向へ誘導している。これは北朝鮮に国連が買収されていることを想定すべきだ。

北朝鮮の1〜4月食料配給、過去最低水準に さらなる削減の可能性も
https://www.msn.com/ja-jp/news/world/北朝鮮の1〜4月食料配給、過去最低水準に-さらなる削減の可能性も/ar-AAAT4gF#page=2

■徴兵制
 北朝鮮軍は徴兵制を採用している。真偽不明だが、北朝鮮は総人口の5%が軍隊に所属しているらしい。基本的には総人口の1%が総兵力の限界。さらに総兵力を総人口の2%にしただけで翌年から経済に悪影響を与えている。

 北朝鮮軍は基本から見ても限界を超えた総兵力。これでは軍事費だけではなく国内経済を停滞させる。食糧生産に必要な青年・壮年を軍隊に入れている。これでは食糧生産が悪化するし、物資を運ぶ人材も不足している。徴兵制を採用するとしても、総人口の5%では国内経済は好転しない。

■北朝鮮の対策
 北朝鮮の食糧生産・経済を好転させるのは簡単だ。それは常備軍の総兵力を総人口の5%から1%に下げるだけで良い。これだけで食料生産に必要な人員と資金を確保可能。さらに国内物流に必要な人材も確保できる。

 北朝鮮は根本的な問題が有るから、これを変えるだけで好転する環境に陥っている。これを知らない国連ではあるまい。国連は知っていて黙認し、北朝鮮国民が苦しんでいることだけを伝えているのだ。

■買収の可能性
 国連は北朝鮮の悲劇だけを煽り、北朝鮮国民を救済する印象を与えている。悪いのは北朝鮮政府であり独裁者。改善を要求すべき相手は金正恩氏なのだ。だが国連は金正恩氏を批判しない。これは北朝鮮が国連を買収した疑いが有る。だから国連報告は疑った方が良いだろう。

 それに北朝鮮軍の総兵力を削減すれば武器の近代化が可能。さらに食糧生産に必要な人員と資金を確保できるのは明らか。国連はこのことを金正恩氏に直接言えば済む話。これが国連の役目のはずだが国連は避けている。これが国連の真の姿だ。

■自業自得
 北朝鮮の食糧生産が悪化しているのは事実だが端的に言えば自業自得。北朝鮮が軍事費を削減して国内生産に力を入れれば良いだけのこと。北朝鮮が核開発に資金を使うから国民が飢えている。

 国連は北朝鮮に独裁を止めるか、国民優先の政策を行うように指導すれば良い。さらに社会主義者・共産主義者だけで資金を集めて北朝鮮国民を救済すれば良い。そして独裁者である金正恩氏を批判すれば良いだけのこと。

 だが日本国内だけでも、社会主義者・共産主義者から金正恩氏を批判する声を聞かない。日本国内では安倍首相を独裁者だと批判する声は聞くが、金正恩氏を独裁者として批判する声を聞かない。

■独裁者を打倒して国民を救済すれば良い
 批判すべき独裁者が北朝鮮にいる。正真正銘の独裁者は金正恩氏。国民が飢餓で苦しんでいることは明らかだ。ならば金正恩氏を批判して政権打倒を口にすれば良い。これは飢餓で苦しむ北朝鮮国民を救済することを意味する。

 さあ人権屋達よ、独裁者である金正恩氏を批判すべきだ。しないのは北朝鮮国民の飢餓を容認することを意味する。

私のnoteとフェイスブック
note:https://note.mu/war2600
フェイスブック:https://www.facebook.com/ryuji.ueoka

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック