国際社会の抜け穴と現実

■届かぬ思い
 国際社会は中国共産党がチベット・ウイグルで何をしているかを知っている。これは報道や、チベット人・ウイグル人が証言することで知ることができる。だが国際社会は中国共産党に無反応かある程度の批判をするに留める。

■国際社会の反応
 チベット人・ウイグル人の活動が不足しているわけではない。チベットであればハリウッドスターが発言し、映画で中国共産党の悪事を世界に伝えた。だがこれでも国際社会は動かない。

 宣伝力であればハリウッドスターと映画ならば効果は有るはず。それでも国際社会が動かないのは、国際社会には反応する内容と反応しない内容が別れているからだ。

■国際社会が反応するケース
 ナポレオン時代のフランスとイギリスは対立。イギリスはイギリス海軍を用いてフランスを挑発した。イギリス海軍はフランスの商船を拿捕。イギリス海軍は積荷を奪いフランス人を帰国させた。怒ったフランスは国内で生活するイギリス人を拘束。そして監獄に入れて自由を奪った。

1:イギリスがフランスの商船を拿捕し積荷を奪う。だが船員を帰国させる。
2:フランスは報復として国内のイギリス人を投獄する。

 順番から見れば先に手を出したのはイギリス。だが批判されたのはフランスだった。これが国際社会の現実で、フランスはイギリスが仕掛けた罠にはまった。

 これは白人世界の価値観だが理解し使わなければならない。白人世界では自由を奪う行為は殺人の次に重いと見なしている。だから監獄で囚人から自由を奪う。フランスは民間人の自由を奪ったので国際社会は批判した。
 
 イラクのフセイン時代にクウェートに侵攻。この時にフセイン大統領は国内の外国人から自由を奪った。これでフセイン大統領は国際社会から批判された。この様に自由を奪う行為には反応する。

 ウイグル人が強制収容所に入れられ自由を奪われた。これには国際社会が反応するのも当然。何故なら自分たちがしたことや、これからするかもしれないことには無反応。だが自分たちがされたら嫌なことには反応する。これが国際社会の考え方。

■国際社会が反応しないケース
 ロシア人はソ連時代から隣国のウクライナ・ジョージア(旧名グルジア)に移民を送り出した。ロシア系移民が現地民よりも多くなると自治権を求めた選挙を行った。ロシア系移民が多数だから選挙をすれば勝つのは当然。

 ロシア系移民は自治権を持つと、祖国ロシアに帰属することを求めた。ロシアは自国民保護を名目にジョージアに軍隊を送り込んだ。ロシア人はソ連時代から隣国に移民を送り込んで、移民を国盗りの武器に使っていた。

 この手法はトルコもシリアで使い中国も使っている。この手法は古代から使われる古典的な策。歴史を振り返れば使った国が多数。だから中国は国際社会から批判されない。

■裏工作が基本
 日露戦争でアメリカが仲裁国を名乗り出た。アメリカの仲裁で日本有利の結果が出たので日本は大喜び。だが当時の日本は国際社会のマナーを知らなかった。仲裁国になる理由は手数料を得るためであり、アメリカはロシアから利益を奪うことを狙っていた。

 アメリカは日本有利の仲裁をすることで手数料を狙った。アメリカは民間人ハリマンを使い日本政府にハリマン構想を伝えるが、当時の日本はハリマン構想を拒否。これでアメリカは日本から手数料を受け取れず怒ることになる。

 当時の日本はアメリカの仲裁を善意だと誤認。実際はアメリカの国益優先なのだが、国際社会のマナーを知らないことでアメリカを怒らせてしまう。国際社会では直接行えば国際問題になるが、間接的に行えば黙認される暗黙の了解が有る。このことを知らない日本はアメリカを怒らせ、後の第二次世界大戦の種でもあった。

 白人世界には裏技が有り、戦争前に強国に仲裁国になることを申し出る。A国がB国と戦争開始すると仲裁国が戦争を中止させる。仲裁国はA国が有利になるようにする。戦争前に秘密協定を行い仲裁国に手数料を払う。この様なことを白人世界は多用している。中国共産党は国際社会のことを知っており、国連を仲裁に使うから有利な結果になる。

■中国共産党は抜け穴を使う
 中国共産党が過激なことをしても国際社会は黙認。原因は中国共産党が国際社会の抜け穴を使うからだ。だがチベット人・ウイグル人は国際社会の抜け穴を使わない。この差が活動をしても結果が出ない原因になっている。

 活動するならば国際社会が反応するネタを全面に出さなければならない。同時に中国共産党を守る国連を、人権条約を武器に批判しなければ進まない。

■トランプ大統領に助けを求める
 今の強国はアメリカ。アメリカのトランプ大統領は国連を嫌っている。しかも中国と対立中。国際社会は強国の論理で動いている。チベット人・ウイグル人が国際社会に訴えることは良いのだが、強国であるアメリカを味方にしなければ動かない。

 強制収容所で自由を奪う行為は国際社会が反応するネタ。これを武器にすることでトランプ大統領も介入しやすくなる。中国共産党が国連と連携するなら、チベット人・ウイグル人はトランプ大統領と連携すべきなのだ。


私のnoteとフェイスブック
note:https://note.mu/war2600
フェイスブック:https://www.facebook.com/ryuji.ueoka

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック