トランプ大統領はハードルを下げた

■対北朝鮮
 トランプ大統領は対北朝鮮として非核化を求めている。だが時間経過に合わせてトランプ大統領のハードルが下がった。非核化するのは理想とし、今は核実験さえしなければ問題無し。

■生き残る北朝鮮
 北朝鮮は核弾頭で世界を脅した時は、トランプ大統領の軍事的脅威で脅し返された。これで北朝鮮は路線変更。北朝鮮は非核化路線で生き残った。トランプ大統領の軍事的脅威は相手国に政治的譲歩を迫ることが目的。

 政治的譲歩さえ得られるなら戦争しない。これでも政治の一つだが、長所は容易には戦争は始まらない。欠点は容易には目的を達成できない。何故なら相手国の譲歩次第で結果が変わる。

■主導権
 相手国の政治的譲歩に任せると主導権を奪われる。だからトランプ大統領は主導権を北朝鮮に渡してしまった。主導権は北朝鮮が持っているから、選択肢は北朝鮮の方が多い。

■核施設
 北朝鮮が真に非核化するなら核製造施設を公開した後に破壊する。だが北朝鮮は実験施設だけを公開した後に破壊した。これは北朝鮮が非核化しない証。

■北朝鮮の市場
 トランプ大統領は北朝鮮の市場開放で成功と宣伝するかもしれない。経済界を見ても北朝鮮の市場に旨味を感じている。もはや非核化は交渉材料にはなっていない。

■なんでも成功
 トランプ大統領はハードルを下げて、なんでも成功にするだろう。どうやら残りの任期維持が目的の様だ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック