国際社会の中立は利益獲得が目的

タイトル:国際社会の中立は利益獲得が目的

■ベネズエラ混乱
ベネズエラが反米マドゥロ派と親米グアイド派に分かれて混乱。メキシコとウルグアイは中立国会議を呼びかけた。中立国会議の見た目は良い。だが国際社会では中立は存在しない。

■利益獲得が目的
国際社会で仲裁を行う国の目的は利益を得るため。日露戦争の時にアメリカが仲裁を申し出た。これが善意ではなく、アメリカがシベリア利権を得るため。アメリカは日本に有利な条件で講話させ、日本からシベリア利権を手数料として得る目的だった。

「国家や政権に友人はいない。国家戦略における共通の利益があるだけだ」(西欧の諺)

国際社会には善意は無い。メキシコとウルグアイは表向き中立を宣言。だが両国は反米マドゥロ派の国。中立を装い反米マドゥロ派が有利にするための仲裁と言える。

■裏工作
メキシコとウルグアイの呼びかけで中立国会議に参加した国は、多くが反米マドゥロ派の工作を受けていると思われる。既に水面下で反米派が連合し、ベネズエラをネタに対立が加速している。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック