シリア北部とテロ

シリア北部で爆発 米兵含む10人以上死亡 IS声明「自爆攻撃」
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190117/k10011780421000.html?fbclid=IwAR3k7JuTxfhwtbi0eRIGJQreuH39MqCyHkya0ZnDuxQ5gsP4FfTCya1txA0

テロリスト:「いつ・どこで・誰が・実行する」
軍隊   :「誰が・実行する」

テロリストは、いつ・どこで・誰が・実行することを選べる主導権を持っている。だが軍隊・警察は、「誰が・実行する」ことしか判らない。テロリストがテロを実行することは判っていても、「いつ・どこで」は謎のまま。

だから主導権を持っているのはテロリスト。常にテロリストが有利な理由です。

アイシルは自爆攻撃で敵10人以上殺害。見た目はテロリストが優勢だが、自爆したら人員補充で苦しむことになる。しかも兵士の練度は向上しない。だからアイシルは組織的な軍事行動は出来ないことを意味している。

正面から敵軍と戦えるならゲリラ戦やテロは実行しない。ゲリラ戦やテロを実行することは、敵軍と戦えなから実行する。それだけアイシルは弱体化している証。

テロは一人でも実行可能。だから容易には発見できない。テロリストを見つけるのは諜報機関の仕事。諜報機関がテロリストを見つけ、警察・軍隊が攻撃する。諜報機関の担当は95%で、軍隊は5%の担当になる。

シリアに必要なのは軍隊駐留ではなく諜報機関の増員。アメリカの悪い癖で、軍隊に治安維持まで任せてしまう。軍隊の任務は敵軍撃破。治安維持は警察の任務。この区別をつけないから苦しむ。

アメリカ軍がシリアから撤退すれば混乱が生まれるのは当然。アメリカの覇権が引けば他国の覇権が拡大する。現地のテロ組織も拡大するから混乱するのは当然。

この混乱を悪用してトルコ軍がシリアで戦闘することも有り得る話。どちらにしてもシリアから撤退したほうが良い。アメリカは海岸部に基地を置けば覇権を維持できる国。内陸部に覇権を置くことは海洋国家の基本に反している。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック