アメリカが世界の警察を辞めたらどうなるのか?

米は「中東の警官」でないとトランプ氏、プーチン氏は米軍撤退を評価
http://www.afpbb.com/articles/-/3203523?cx_part=top_category&cx_position=1

アメリカが世界の警察を辞めたらどうなるのか?

アメリカ軍がシリアから撤退することが明らかになると、フランスは即座にシリア支援を継続すると発言した。つまりシリア領域の覇権をロシア・イラン・イラク・フランス・トルコが争うことを意味する。

世界に覇権の空白は存在せず、アメリカの覇権が抜ければ別の覇権が拡大する。アメリカが守るべき覇権は海の海上交通路。大陸内部の覇権は交渉材料。

アメリカが世界の警察を辞めれば中国も参加する。これは覇権争いに参加することであり、アメリカに代わり軍事費を消耗することを意味します。

アメリカが守るべき覇権は海の海上交通路だが、南シナ海から撤退したことで中国の覇権が拡大した。これこそがアメリカの失態。大陸内部の覇権争いは他の国に任せれば良い。

そうすれば覇権争いに参加した国々は軍事費を消耗する。参加国が多いほどアメリカの利益になる。トランプ大統領が大陸内部から軍を撤退させ、海の海上交通路を維持するなら正しい選択。

トランプ大統領が海の覇権まで撤退させたらアメリカを衰退させる。トランプ大統領がインド洋と南シナ海から軍を撤退させる発言をしたらアメリカの衰退は間違いない。

トランプ大統領がアフガニスタンからも軍を撤退させれば無駄な出費を解消できる。同時にインド洋・南シナ海の海の覇権を維持するならアメリカを正しい道に進ませる。

何故なら大陸内部の覇権争いに、中国・ロシア・イラン・トルコ・フランスなどを参させる。これで覇権争いで消耗するから都合が良い。アメリカは節約して資金を蓄え他の国は消耗する。

ロシアと中国などは最も困る国。余計な軍事費で消耗する。問題は、トランプ大統領が海の覇権を維持するか否か。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック