植民地と併合は別物

差別と区別は別物。

白人世界は植民地。日本の場合は併合。概念が別物なので植民地の差別で併合を論じてはいけません。

外国では階級は人間の価値。日本の場合は仕事上の上下関係であり人間の価値ではありません。日本は聖徳太子の時代から中国の冠位十二階の制を採用しましたが、中国の制度は人間の階級でした。

ですが日本では、聖徳太子が仕事上の階級として日本化しています。聖徳太子は冠位十二階の制を仕事上の階級であり人間としては平等と見なしたと思われます。

自衛隊・警察・消防・海上保安庁などでは階級が存在する。これは仕事上の階級であり人間としては平等です。日本は聖徳太子の認識を継承していると言える。

区別だから給料の上下が有るのは当然。併合時代の台湾・朝鮮出身に区別が有った。だからと言って差別とは言えない。

私は基準から日本の正統性・正当性を論じます。

正統性:血統などの継承。日本では皇統の継承。
正当性:法的な継承。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック