北朝鮮による拉致被害者が帰国できない原因

ISの攻撃で論文未完は許せない 教授がイラクに傭兵派遣し学生救出
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181218-00010000-clc_teleg-int

これが事実ならば日本の政治家は何だ?

北朝鮮による拉致被害者救出の選択肢が増えたことを意味している。自国民すら救出しない政治家が国民のために働いていると言えるのか?

軍政:宣戦布告・停戦・休戦・国軍に戦争の政治目的を付与する。
軍令:軍隊の組織と運用は経験則に従い原則として自由。

軍政:法の枠内の話。
軍令:憲法・法律などの法外の話。

「日本国家は国防軍を保有し内閣総理大臣が軍政を発動し、軍隊に対して目的を達成するために運用させる。国外における国防軍の軍令は憲法と法律の外である。」

軍政権を持つ政治家が拉致被害者救出命令を軍令を持つ自衛隊に命令すれば良い。自国民保護を目的とした軍隊による軍事作戦は国際社会で肯定されている。

何故なら国際社会では良い戦争と悪い戦争で区別されている。

自国民出救出目的の軍事作戦は正当。そうしなければ自国民保護は実行できない。だから国際社会では肯定されている。

自衛隊を使いたくないと言うならば選択肢が増えた。民間軍事会社に依頼すれば良い。スウェーデンのルンド大学の行動が国際社会から批判されないならば、国際社会が肯定する作戦として成立する。

日本の政治家は与党も野党も良い戦争と悪い戦争の区別がついていない。戦争は全て悪だと認識している。これが拉致被害者の悲劇になっている。

国家戦略=外交×軍事

国際社会では軍事を背景にした外交を行う。だから政治の延長として戦争が有り戦争も政治の手段の一つ。だが日本は外交だけ。話し合いだけで北朝鮮の拉致被害者は救出できたのか?

話し合いを続けて何年経過した?拉致被害者の人権は?何年話し合いを続けて拉致被害者を救出するのか?話し合いを続けた結果拉致被害者が死亡しても良いのか?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック